skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

リノベーションと断捨離(超訳)


自由設計リノベーションの造作棚
シンプルな壁付け収納棚

こんにちは、ゼロリノベの佐藤です。個人的に「吾唯知足・ミニマリズム」をテーマにBlogを書いています。

「中古物件を買って自由設計リノベーション」は、人生最大の断捨離チャンスです。というのも、設計する際に、どのくらいの収納スペースを作るかを検討するからです。今後その家に住んでいくわけですから、「この先の人生でどのくらいのモノを所有していくか」をわりと真剣に考え、自分たちにとって、何が必要で、何が必要でないかをチェックしていくんですね。

だから「ものを減らしたい!とずっと思っていたけど行動に移せなかった」という動機で、リノベーションと同時に断捨離に入る方がほとんどなんです。

でも、断捨離は「お片付け」とは違うって、ご存知でしたか?

ウィキペディアで調べてみると断捨離とはこう書かれています。

<< 断捨離 >>
ーーーーーーーーーーーーーーーー
断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、究極的には物欲をなくしていくことなんですね。

ただ、どうも物欲を無くせない(無くしたくない)私は、断捨離を個人的にこう解釈(超訳)しています。

▽▽▽▽▽

物を持っていることは、2つの意味があります。

(1)物理的にモノを管理していること。
(2)精神的にモノを管理していること。

いわゆる世間的に断捨離と呼ばれているものは(1)を指す場合が多いですよね。単純にモノを捨てていくこと。本屋さんに置いてある断捨離の書籍は、このようなお片付けの意味合いが強いです。「断捨離=物を手放していく」から、断捨離はお片付けに近い位置付けになってしまったんだと推測されます。

ただ、断捨離の本質は(2)だと思っています。

モノを持っているということは「意識的」にはもちろん、「無意識的」にも、それらを管理しています。

実は、この「無意識」が意外とやっかいなんです。

というのも、本人にモノを管理している感覚がなくても、無意識的に管理しているので、自分のキャパシティーを知らず知らずのうちに埋めつくしているわけです。

つまり、モノを多く持てば持つほど、無意識的にいっぱいいっぱいになってしまい「心の余白」がなくなります。そうなると、本当に大切なモノを意識できなくなってしまうんですね。

だからこそ、モノを手放して断捨離します。

ただ、何でもかんでも減らすのではなくて、いまの自分にとって「このジャンルではこれさえあればいい」モノを見極めて、それ以外を手放すことがポイント。そうすることで、物欲を満たしつつも、精神的に管理するモノが少なるので「心が自由」になります。

そんな自由な心で見渡せば、モノだけでなく、コト・ヒトも見えてくる(見えやすくなる)んですね。さすれば、おのずと本当に大切な何かにフォーカスできるようになります。

ぜひ、住宅購入を機にリノベーションして、あなたの大切な何かを見つけてみてはいかがでしょうか?

ゼロリノベ 佐藤

 

▽ 追伸:

リノベーション設計中、どのように断捨離をすすめればいいか、ぜひリノベの流れを「中古マンションリノベ。設計からお引渡しまでの5つのステップ」でチェックしてみてください。


Back To Top