skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

住まい購入で失敗しがちな夫婦の3つの特徴


賃貸もいいけれど、やっぱり自分たちの家がほしい!マイホーム購入は一生に一度の大きな買い物なので、絶対に失敗したくないですよね。今回は、失敗してしまいやすい夫婦の3つの特徴を紹介します。

住まい購入で失敗しがちな夫婦の3つの特徴

住まい購入で失敗しがちな夫婦の3つの特徴

 

 

①押しに弱い

売りたいセールスマン

売りたいセールスマン

不動産営業スタッフの仕事は、買ってもらうことです。

売り込むためにあの手この手で勧めてきます。押しも相当強いと、覚悟しておいた方がいいです。断るのが苦手な人は、最初から買わないと決めて話を聞きに行った方がいいかもしれません。

また、自分達の希望する条件をしっかり決めておくことも大切です。条件を決めるときに、事前にいろいろと調べることになるので、セールストークに騙されにくくなります。

 

②他人を信じて疑わない

メリットを伝えるセールスマン

メリットを伝えるセールスマン

営業マンは基本的にいい話しかしません。

あえて悪い話をして、購入意欲をそぐ必要はないからです。こちらから聞かない限り、デメリットの話をしてくれない場合もあります。

話を聞きに行く前に、物件の希望条件を上げておき、よくあるデメリットも調べておくと安心です。メリットがある限り、デメリットは必ずあると考えて、営業マンの話に疑問が生じた際は、すぐに質問しましょう。

 

③めんどくさがり

情報収集のマーク

情報収集

結論から言うと、これが一番の重要です!

住まいは多くの情報を集め、自分たちの希望と擦り合わせ、吟味することで、とてもよい物件に巡り合い、購入することができます。

たまたま目に入った近所にある住宅展示場やショールームに、フラっと出向いて即決などは大きな失敗を招きます。また、上の2つの特徴でも書きましたが、事前に情報収集することは本当に大切なことです。「知らなかった」では済まされない、大変な事態に陥ることすら考えられます。

めんどくさがりという自覚のある人は、「住まいの購入だけは!!」と気合を入れて臨んでください。後々多くの気に入らない点や失敗が見つかる方が面倒なことになりますよ。

 

失敗しないためにはどうすればいい?

千葉県柏59㎡のリノベーション事例

3つの特徴のどれかに当てはまってしまった人も、落ち込まないでください。

大切なのは、自分の特徴を自覚し、注意して住まいの購入にあたることです。

家は買い方によっては、人を幸せにも不幸せにもします。そして、それを決めているのは、実はたった2つの要素なのです。1つはお金、もう1つは自分たちの希望条件です。それぞれの項目については、次項で詳しくお伝えします。

 

失敗しないための住まい予算の明確化

予算管理

予算管理

なんといっても、予算が一番重要です。

より良い生活をするためにマイホームを購入したのに、月々のローンの支払いでカツカツの生活をするのでは本末転倒です。

どんな家に住みたい、どんな場所に住みたいと考える前に、まずは自分たちが住まいに使ってよいお金を把握しましょう。具体的な予算を決めておけば、それ以上は使えないので、セールストークにも左右されにくくなります。

一生に一度の買い物だからこそ、奮発するのではなく堅実な買い物をしましょう。収入と予算の関係については下記のURLを参考にしてみて下さい。月収別の家賃早見表など、詳しくまとめています。

あなたの適正家賃がひと目でわかる年収別早見表

また、住宅ローンについては、次のURLに詳しく掲載されています。借りられる額と無理なく払える額との間には開きがあるので、気を付けてください。

【年収別】住宅ローン2つの目安表「借りられる額と返せる額」

 

失敗しないための希望条件の明確化

自分たちの価値観整理

自分たちの価値観整理

住まいに使っていい予算さえはっきりすれば、生活面で不幸にはなりにくくなります。

予算が決まれば、購入できる住宅の種類も決まるので、次は、その中でどんな条件の住まいがいいのかを明確化していきます。

どのエリアがいいのか?立地は?専有面積はどれぐらい?などの大枠の条件に加え、一戸建てなのかマンションなのかも予算と照らし合わせていきます。

また、一生住むつもりで買うのか、ある程度住んで手放すのかなど長期的な視点も加わると、希望する物件は大きく変わってくるので、一度考えてみると良いでしょう。

これらを夫婦でしっかり話し合うことで、満足度の高い住まいの購入がしやすくなります。「こんなはずではなかったのに…」とならないために、しっかりとした事前準備や情報収集をしておきましょう。

 


Back To Top