skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

住宅ローンを夫婦で借りるメリット・デメリット


最近は共働き家庭が増えてきました。共働きで収入が増えた分、支出も増える傾向にあるので、家計管理には注意が必要です。住宅を購入するときも、2人の収入を合わせてローンを組むケースが出てくるでしょう。今回は、夫婦で住宅ローンを組む場合のメリットとデメリットについてお伝えします。

住宅ローンを夫婦で借りるメリット・デメリット

住宅ローンを夫婦で借りるメリット・デメリット

 

 

夫婦で借りる場合と片方が借りる場合の違いは?

 

夫婦の内どちらかがローンを組む場合も、夫婦2人でローンを組む場合も、メリットとデメリットがあります。普段あまり使わない言葉が多く出てくるので、少しずつ説明していきます。

ポイントは、大きく分けて2つになります。
まず1つ目は、夫婦の内どちらか1人がローンを組む場合です。ローンを申込者も1人、ローンも1つで、わかりやすい構造です。
次に2つ目は、夫婦2人で協力してローンを組む場合です。

この場合は、連帯保証人型、連帯債務型、ペアローン型の3つの借り方があります。
連帯保証人型と連帯債務型は、主なローンの申込者は1人でローンも1つです。ところが、ペアローン型は2人がそれぞれ別々のローン契約をするので、申込者も2人で、ローンも2つです。

今回は、「夫婦でローンを借りる」というカテゴリーなので、連帯保証人型、連帯債務型、ペアローン型の3種類についてお話をします。

 

夫婦で借りる住宅ローンのメリット

夫婦のメリット

夫婦のメリット

連帯保証人型、連帯債務型、ペアローン型の3種類全てについて言えるメリットは、「1人で借りるよりも多く借りられる」ことです。では、それ以外のメリットについて紹介します。

連帯保証人型の場合、1人で借りるよりも多く借りられること以外のメリットは、ほとんどありません。次に、連帯債務型とペアローン型の場合は、住宅ローン控除を2人とも受けることができるので、節税をすることができます。また、所有権も按分することができます。按分とは、基準となる数量に比例して物を分けることです。例えば、6:4の割合でローンを組んだ時には所有権も6:4にできます。

 

夫婦で借りる住宅ローンのデメリット

夫婦のデメリット

夫婦のデメリット

連帯保証人型、連帯債務型、ペアローン型の3種類に共通するデメリットは、1人で借りる時よりも手続きが複雑なことです。

これ以外にもデメリットはありますが、その前に、団体信用生命保険についてお伝えしておきます。

団体信用生命保険とは、住宅ローンを借りた人が亡くなったり、高度障害になったりした場合に、金融機関が残った住宅ローンを支払ってくれるというものです。一般の生命保険と違い、保険金の受取人は、住宅ローンの債権者ではなく、金融機関になっています。(以降、団体信用生命保険を団信と表記します)夫婦で住宅ローンを借りるとき、この団信がデメリットに関わってきます。
まず、連帯保証人型では、連帯保証人が死亡しても、団信でローンが返済されるわけではありません。もしも連帯保証人の収入もあてにしてローンを組んでいたら、返済は厳しくなってしまうでしょう。

また、連帯保証人が仕事を辞めた際も、返済が厳しくなる可能性があります。連帯保証人は所有権を持たないので、離婚した場合には、毎月返済していたにもかかわらず不利な状況になることが予想されます。
次に、連帯債務型のデメリットも、連帯債務者が死亡した時に団信で返済されないので、連帯債務者の収入をあてにしてローンを組んでいた場合には、支払いが厳しくなります。連帯債務者も加入できる団信付きのローンは少ないのが現状です。また、連帯債務者が辞職した時も、支払いが辛くなります。
最後に、ペアローン型のデメリットは、夫婦どちらかが仕事を辞めた場合に、返済が厳しくなる可能性があることです。また、2人分のローン手続きのため、ローン手数料が2人分かかってしまいます。

 

ゼロリノベとしての結論

東京都目黒49㎡のリノベーション事例・ルーフバルコニー

東京都目黒49㎡のリノベーション事例・ルーフバルコニー

できれば、主要債務者は1人の方が良いと考えています。

1人で返済できるように収支計画を立て、住宅予算を割り出さないと、どちらか1人が働けなくなった時に、返済が滞ってしまう危険があるからです。ただ、夫婦2人でローンを組むならば、ペアローン型をお勧めします。ペアローン型ならば、2人とも団信に加入できるので、もしもの時も安心です。

住宅ローン控除も、2人とも受けられますし、自分の負った債務に応じて所有権が按分できるので平等です。夫婦が平等な関係であることは、とても重要なことです。
ペアローンが向いている夫婦は、収入が低く、若い夫婦です。若い内に借り、共働きのパワーで早めに完済の見込みを立てるようにすると良いでしょう。また、今後も夫婦共にずっと働くと決めている夫婦も向いています。

予算に余裕があるので、憧れの立地でおしゃれな空間をつくり、セレブな生活もできます。もしくは、住宅予算を抑えて毎年豪勢に海外旅行等も良いですね。
しない方がいいですが、万が一離婚に至ってしまった場合は、どの型で借りていても、とても複雑な手続きが待っています。元夫婦2人が返済を免れることは、まずないと考えられます。そんな時は、思い切って売却をするのが一番いいでしょう。すっきりと新しい1歩を踏み出せます。

 

どれぐらい借りられるかではなく、返せる額をまず知ること

自分たちの幸せを第一に

自分たちの幸せを第一に

1人でローンを組む場合も、2人で組む場合も、住宅はとても大きな買い物です。今よりも幸せな生活を手に入れるために住宅を購入したのに、ローンの支払いでカツカツの生活をするのでは本末転倒です。

実際、年間3~4万戸が住宅ローン破綻で競売や任意売却に追い込まれています。無理なく返していける金額をしっかりと把握し、住宅計画を立てることが大切です。「借りられる額」と「返せる額」には開きがあるので、注意して下さい。これについて、詳しい話は下記URLを参考にしてみてくださいね。

【年収別】住宅ローン2つの目安表「借りられる額と返せる額」

 

 


Back To Top