skip to Main Content

スタッフBlog 2019.06.05 更新2017.06.14 公開

雨宿り

屋根の下で雨宿り
LINEで送る
Pocket

設計の西村が会社の会議を休んだので、設計チームに

「西ちゃんは、どうしたの?」

って聞いたところ、

「秩父に旅行に行ってますよー。鰭沼さん知らなかったんですか?」

って言うので、負けじと会議の次の日に秩父に追っかけに行きました。

今回行ったのは、秩父の妙法が岳。

三峰神社の駐車場に車を駐めて、早速頂きを目指しました。

さすがは山。

東京の気温が34度あったのに、三峰神社の駐車場で既に26度。

頂上は22,3度位になるな〜と胸躍らせ向かいました。

いつものように、黙々と歩みを進めていきます。

普通、登山というと所々で足を止めて、景色を楽しむイメージですが、僕の場合は頂上まで足を止められなく、突き進んじゃうのですよね。

登るということに集中する。

歩行禅といのがありますが、登山禅とでも言いますか、今やっている事に集中することで、普段頭の中にある余計なノイズ(情報)を消していきます。

もう少しで、頂上というところまで来た時に、雨がパラパラと降ってきました。

ヤバイかな?と思ったのですが、とにかく頂上目指して進みます。

頂上に着くと、小雨レベルで、まだまだ大丈夫です。

頂上に鎮座する三峯神社、奥宮にて手を合わせます。

「ゼロリノベが、ああなって、こうなるように、その暁には〜〜になるようご支援よろしくお願いします!」

と祈ったところで、雷鳴がなりました。

その後は雨が劇降りです。

  • 後でニュースをみたら、秩父の一部の地域だけゲリラ豪雨的な、かなり注意を要する雨が降ったようでした。

これは、おかしなお願いをしてしまったのか?

それともお前の声は届いたという雷鳴なのか?

よくわかりませんが、こういう場合は良い方を選んでおります。

その後、急いで下山するのですが、山道に雨が流れ込み激流を作っています。

このままでは下山出来ないなーと思い、途中で雨宿り。

写真の休憩所のような場所で、2時間くらいでしょうか?ずっと身動きが取れずに佇んでおりました。

その場所は圏外なので、スマホで仕事のメールもすることが出来ません。

ずっと、雨の景色をボーッと見ることしか出来ませんでした。

最近、不安なことが頭にずっとあったのですが、

「なるようにしか、ならないよな。」

って、今ここで足止めを食らって、どうにもならないでいることの状況が重なりました。

普段、朝から晩まで仕事のことばかり考えて、打ち合わせしたり、メールを打ったりとした毎日なので、三峯神社の神様が強制的に、ここに閉じ込めて、気づかせてくれた気がしました。

やっぱり、山はいいですね!

PS、登山禅と言いながら、尾根を歩きながら、スマホで仕事のメールをしていたら、転んで頭から流血したことがあります。全く、登山で頭を休めてません(泣)

 

ゼロリノベ  鰭沼 悟

LINEで送る
Pocket

記事検索

同じカテゴリの他の記事

SEMINAR

小さいリスクで家を買う方法

平日/週末開催

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

OPEN HOUSE

ゼロリノベ物件見学会

月1回開催 @次回11月

セールスのないオープンハウス

オープンハウスのイメージ写真

F A Q

よくある質問

物件購入〜リノベ完成まで

モヤモヤをスッキリと

チェックリストのイメージ写真
Back To Top