skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

こんなリノベーション会社は要注意!ハズレを見分ける3つの視点


リノベーション会社の選び方

一目でわかるリノベーション会社の比較表

リノベーションしようと決意しても、どこの会社に頼んだら良いか、すぐには分かりません。有名だから、大手だからと言って安心なわけではありません。人気も実力もある設計士は管理職についていて、なかなか出てこない場合も多いようです。そんな時は、比較サイトリノベりす「リノベーション会社比較表」を要チェック!

リノベーション会社比較表

自分のやりたいことがはっきりしている人は、比較表や事例で合う会社を選ぶと良いでしょう。住宅購入やリノベーションで失敗したくない人は比較表で「○」「◎」の多い会社がおすすめです。

しかし、会社にも相性があるので、他の人にとって良い会社があなたにとっても良い会社とは限りません。また、担当者によっても印象は大きく変わるので、評判だけで決めるのも危険です。たいていのリノベーション会社は責任を持った仕事をしているので、大切なのは「いかにハズレ会社をひかないか」です。

評判の悪いリノベーション会社を避ける3つの視点

1. 物件探しからやってくれるか?

物件さがしからサポート

マンションの寿命は、管理の善し悪しで大きく変わります。管理状態は築年数よりも大切なのです。詳しくは「マンションの寿命は何年?いつまで住める?」を読んでみて下さい。

不動産屋は売買のプロですが、建物のプロではありません。その点、不動産・設計・工事を自社でやっているリノベーション会社ならば、不動産売買に加え、建物状況をチェックできるので安心です。一生の買い物になるので、不安なく取引できることが大切です。

2. 自社で不動産仲介・設計・工事しているか?

自社工事の様子

最近、ワンストップ型リノベーション会社が流行っています。ワンストップとは、1つの会社で、物件探し、資金計画、ローンの申し込み、リノベーション施工まで一貫して行うサービスのことです。

ワンストップ型リノベーション会社の主な形態は、下の3つに分けられます。

【1】設計以外の物件探しと工事を外部委託
【2】設計と工事は自社、物件探しは外部委託
【3】物件探し・設計・工事、すべて自社

【1】と【2】は、外部に委託した分だけコストがかかります。基本的に委託先が多いほどコストが上がり、その分価格も上がってしまいます。【3】のように全て自社の場合は、トータルコストが抑えられる傾向にあるのでおすすめです。

また、【3】ならば「1. 物件探しからやってくれるか?」で話したように物件調査の際、管理状況などもトータルにチェックすることができます。

3. 予算管理に忠実 (定額制) か?

しっかりとした予算管理

基本以上の工事を行えば、価格は上がります。会社は当然たくさんの利益を上げたいと考えています。そのため、お客様をワクワクさせてオプションをつけ、工事費用を膨らますのが業界的には一般的になっています。

ほとんどの場合、最初に決めた予算は本当の予算ではありません。けれど、せっかく家を買ったのに、月々の返済が予定以上の金額になり、経済的に苦しい生活をするのでは本末転倒です。

これらのことを防ぐために、広さによって費用が固定されるリノベ定額制が良いでしょう。定額制があるリノベーション会社を選ぶと、買ったあとも安心です。

おすすめリノベーション会社はこうやって選ぼう!

南柏リノベーション事例

自分にとってぴったりのリノベ会社に出会うために…少なくともハズレのリノベ会社を引かないために、この3つをしっかりチェック。

■ 物件探しもしてくれるか
■ リノベーションに関わる全ての工程を自社で行っているのか
■ 定額制か

ただし、たいていのリノベーション会社は誠実で大きな違いはないので、最終的には「担当者との相性」や「会社の理念」が合うかどうかで満足度は決まってきます。

気になった全ての会社と個別相談をするわけにはいかないので、より会社の全体像(人と理念)がわかるセミナーに参加されることをおすすめします。

中古マンション見極めリストのご案内

■修繕積立金は十分に集められているか?■議事録を閲覧できるか?■赤サビは大丈夫か?■住宅ローン減税が使える物件か?■掲示板が綺麗でも注意事項が多すぎないか?■売却理由がトラブルではなかったか? …そのほか全部で48チェック項目!

メンバーズ登録(無料)で「中古マンション見極めリスト」のほか、IeROHA を運営しているゼロリノベ提供の様々なコンテンツをすべて閲覧できます。ぜひ活用してください。(無料登録フォームは下記ボタンの遷移先にあります)


Back To Top