skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

住宅ローン支払いが難しくなったマンションを素早く売却するには?


支払い困難による住宅売却

 

住宅ローン支払い中に、何かしらの理由でそのマンションを売却しなければならないことがあります。たとえば、

  • 大きな病気やケガで退職せざるを得なくなった
  • 共働き前提で返済プランを組んでいたが、親の介護のために、どちらかが離職せざるを得なくなった
  • リストラや転職で、収入がダウンしてしまった

などが考えられます。

このようなときは、早めにマンション売却の検討に入り、実行する必要があります。

 

【重要】住宅ローンを支払えないままにするとどうなるの?

まず、ローン返済が滞ればどのような問題が発生するのかについてまとめてみます。

1-1.マンションが「取り上げられてしまう」

どのような品物でも同じですが、分割支払いをしているもの、特に高額商品の割賦支払い契約書約款には「ローン返済ができなくなった場合は、その品物を返却してもらう」旨が記載されているはずです。

マンションには融資してくれている金融機関の抵当権がついていますし、自動車ローンの場合は名義こそ所有者であっても、支払えなくなれば取り上げられてしまうケースがほとんどです。

特に抵当権の“威力”は大きく、物件の登記の際に法務局に届出し、公的に「取り上げる権利」が認められているものです。このこともあり、住宅ローン支払いができなくなったら「出て行かなくてはならない」ことになります。

1-2.いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまう

住まいをなくしてしまえば、賃貸物件を借りようか、という話になりますが、賃貸物件の支払いにクレジットカードを使用していた場合、いざ、次の物件に申し込んだとき、「お金を返さなかった人」として認識され、その申し込みを断られるケースも充分考えられます。

また、住宅ローンを利用したが、支払い終えられなかったことは、JICC/CIC/全国銀行個人信用情報センターなどで信用情報を取りまとめられています。

それぞれ加盟している銀行やクレジットカード会社、信販会社、消費者金融は異なりますが、どの組織にマイナス情報が登録されるにせよ、信用情報にキズが付いてしまっていることは事実です。

この状態を、いわゆる「ブラックリスト入り」といいますが、これによって、急遽お金を借りたいと思っても、お金が動かせない状況に陥ってしまいます。

中には、「保証会社を利用して、保証料金も払っているのだから大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、そういうわけにはいきません。住宅ローンの残債をその保証会社が金融機関に支払ってくれはしますが、保証会社に“ご迷惑をかけた”という点では、信用に傷が付いてしまうことに違いはありません。

1-3.競売にかけられることも

住宅ローンの支払いができず、金融機関に返済プランの変更などに応じてもらえない場合、そのマンションは最終的にあなたのものではなくなります。最悪の場合、競売にかけられてしまうことが多くあります。

通常、競売で落札された場合、引っ越し料金などの諸費用は準備してもらえないことが一般的ですので、そのお金を親御さんやご親戚、ご友人に借りなければならないといった悩みも生じてしまうことでしょう。

 

「住宅ローンの支払いが難しい」と考えたら即行動!

上記のように、住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合、被る損失は金銭面のみならず、精神的にもとても大きなものです。これを回避するためには、「住宅ローンの支払いを続けるのが困難になりそうだ」と感じたときから行動する必要があります。

2-1.不動産業者に仲介してもらい、自らの手で売却する

たとえ住宅ローンの残債があっても、マンションを売り、残債返済に充てることはできます。残債と“トントン”もしくは“残債よりも少し安い”位で売ることができれば上々です。

住宅ローンの完済ができれば悩みは消えますし、多少残ったとしても月々小額の支払いで完済できるよう金融機関も相談に乗ってくれるはずです。そのために、より高く売る努力をしなければなりません。

2-2.買い取り業者に依頼する

マンションなどを取り扱うのは、不動産業者だけではありません。買い取り専門業者もあります。市場価格の2~3割安くなってしまうとされていますが、「手離れが良い」「入金までのスピードが早い」ことがメリットです。

不動産仲介業者に依頼する場合、売れるまでの期間が読みづらい、思った金額で売れないことがありますので、買い取り専門業者も検討材料のひとつとなるでしょう。金銭的に切羽詰った状況であれば、「買い取り業者一択」かもしれません。

 

リノベーションを手がける設計事務所に持ち込んでみる

近年、中古住宅(マンション/一戸建て)をリノベーションし、自分好みの住まいにすることも広く認知され、受け入れられています。このリノベーションを専門に手がける設計事務所に「マンションを売りたい」と相談してみることも一つの方法です。

“このエリアに住んでみたい”という見込み客情報を持っている可能性もありますし、中には、設計事務所が不動産物件を取り扱う資格を持っているケースもあり、より積極的にマンション売却に取り組んでくれるかもしれません。

前提として、マンションを「リノベーション/リフォームをして次の住まい手に渡す」ことが目的ですので、多少設備が古くとも、買い物や通勤に便利、学校や病院にも行きやすいといった環境面でのメリットが見出せれば、スムーズに売却することも可能です。

 

早めに金融機関への相談を

いずれの方法を採用するにしても、「もしかすると住宅ローンの支払いが困難になるかも」と思ったタイミングで金融機関への相談をしておくことをおすすめします。

というのも、上で触れたとおり、住宅ローンの支払いが滞るだけで、あなたの信用情報に傷が付いてしまうからです。さらに、「競売」されてしまうのですから大変なことです。

住宅ローンの支払いが難しいのは一時的なことなのか、それとも長期間にわたるのか、それに対する方法は何かないか、といったアドバイスができるのは、住宅ローンの契約を結んでいる金融機関です。

早め早めに相談することで、競売以外の売却の道が見えてくるかもしれません。競売は、様々な方面に悪影響を残してしまいます。この問題を回避するためにも、「いずれ売却するなら早めに」「住宅ローン支払い中のマンションを売却するときの手順や必要書類」なども聞いておくとよいでしょう。

 

まとめ

住宅ローンの支払いが難しくなる・できなくなるという問題は、突然思いもよらぬことから引き起こされてしまうものです。

そのようなとき、マンションを手放さざるを得ないと感じたら「金融機関への相談」、「不動産業者を介して売却する」「買い取り専門業者にも当たってみる」という手順を踏みましょう。

既に金銭面で追い詰められているのですから、スピード感はとても重要です。目論見どおりの金額やスケジュールで売却できないとき、信用情報にキズが付き、その後の暮らしに大きな影を落とすこともあるからです。


Back To Top