skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

中古マンションを買うときにかかる諸費用って?


根岸の中古マンションのリノベーション事例

中古マンションを購入するとき、つい物件の代金にばかり目がいきがち。でも、それ以外にもかかるお金があります。この諸費用を忘れていると、引っ越し早々お金の苦労してしまうかもしれません。今日は中古マンション購入時の諸費用についてお話します。

 

 

諸費用ってどれぐらいかかるの?

中古マンションを購入するときに1番気になるのは、もちろん購入代金。頭金をいくらにするか、何年ローンにするか…いろいろと考えると思います。

一方、諸費用については、「住宅ローンの支払いに比べたら微々たるもの」と、ついつい軽く見がち。

でも、実は物件価格の約10%と考えておいた方が良いといわれています。もし、3000万円の物件を購入したら、なんと300万円!決して少ないとは言えない金額です。予想外の出費にあわてる前に、目安だけでもつけておくと安心です。

駒込のリノベーション事例の打ち合わせ風景

 

1.売買契約を結ぶときにかかる諸費用

売買契約をするときには、売買契約書に収入印紙を貼るかたちで税金を納めます。契約した金額によって税額は異なりますが、物件金額が1000万~5000万円の場合1万円です。

また、仲介手数料が必要な場合には、この時点で半額を支払います。中古住宅の場合には、売買代金の3%+6万円(税抜)が一般的。売主が不動産を所有していて、そこから直接購入する場合には、仲介手数料はいりません。

 

2.引き渡しまでにかかる諸費用

主に「ローン契約のときにかかる諸費用」と考えておくと良いです。

まずは、ローン契約書に収入印紙を貼る形で納める税金。税額は借入額によって異なりますが、借入額が1000万円~5000万円の場合は2万円です。そのほか、ローン借入費用、登記費用、税金の清算金がかかります。仲介手数料が必要だった場合には、残り半額をこの時点で支払います。

 

ローン借入費用には、ローン事務手数料、ローン保証金、団体信用生命保険料、火災保険料が含まれます。ローンの内容や金融機関によって金額は異なりますが、団体信用生命保険料については金利に含まれていることが多いよう。事前にFP(ファイナンシャル・プランナー)など、プロに相談するのもおすすめです。

 

登録費用は、登録免許税、司法書士への報酬などです。登録免許税は、土地・建物の所有権移転登記と抵当権設定にかかる税金なので、固定資産税評価額や借入額によって税率が異なります。司法書士への報酬は、抵当権や土地・建物の登記手続きを代行してもらったことに対して支払う料金です。

 

税金の清算金は、土地や建物の固定資産税、都市計画税などです。年間の金額なので、例えば、引き渡しを8/31に設定した場合は、8/30までを売主、8/31からを買主が負担します。

駒込のリノベーション事例作業スペース

3.引き渡し後にかかる諸費用

主なものは、不動産取得税、引っ越し費用です。不動産取得税は、不動産を取得した時に1度だけ都道府県に支払う税金です。軽減措置もあるので、上手く利用すると良いですね。

まとめ

中古マンションを購入しようと思った時まで、聞く機会のない諸費用ばかりで戸惑うとは思いますが、家は一生に一度の買い物になることが多いです。

じっくり研究して、軽減措置があるものはしっかり使って、悔いのない購入計画をしてください。

ゼロリノベではお金の相談も承っています。ぜひ、無料セミナーなどにお話をしに来てくださいね。

 


Back To Top