2021.09.29 更新 2021.09.29 公開

部屋の印象を決めるのは天井!おしゃれを叶える4つのリノベポイント

ライティングレールがおしゃれなリノベーション

おしゃれな部屋の共通点は、「天井に個性がある」こと。部屋の大きな面積を占める天井のデザインにこだわると、部屋全体がグッと垢抜けた印象になり、おしゃれなショップのように生まれ変わるのです。

今回は、賃貸でも真似できるアイデアも交えながら、天井リノベーションの事例をご紹介していきます。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

[CASE1]照明はライティングレールで分散させる

天井リノベーションで最も部屋の印象を変えられるのが「照明」。とりわけ、ライティングレールが重宝します。取り付けるだけで、一気におしゃれな空間を演出できる設備です。

 

ライティングレールがおしゃれなリノベーション>>この事例を詳しく見る

ライティングレールの良さは、照明を分散できるところです。上の事例のように、大きい照明一つで室内を照らすのではなく、複数の照明に分けて照らすことで部屋に表情が出ます。

ライティングレールと小物の統一感も重要です。ハンガーパイプの色と素材を揃え、ライティングレールの配置を工夫すると、線までデザインされたような印象になります。

ライティングレールがおしゃれなリノベーション事例>>この事例を詳しく見る

ダイニングテーブルを照らすペンダントライトは低めの位置がポイント。シェードが深いタイプのものを選べば、目線に照明が入っても眩しくなく、手元はしっかり明るく感じられるようになります。

賃貸物件では天井に直接レールを付ける工事はできませんが、簡易的なものであれば天井の照明設置器具に取り付けが可能です。気になる人は、「簡易ライティングレール」や「簡易ダクトレール」で検索してみてくださいね。

ライティングレールがおしゃれなリノベーション事例>>この事例を詳しく見る

ライティングレールに吊るせるものは照明だけではありません。こちらの事例のように、ドライフラワーや吊るすグリーンを飾ることもできます。思い思いの装飾を楽しめるのもライティングレールのよいところです。

[CASE2]躯体剥き出し×配管露出で直線美を楽しむ

マンションの天井はリノベーションで高くすることができます。通常、配管や配線を隠すためにその部分が覆われて天井高が下がっているケースが多いのですが、リノベーションで覆われた部分を取り壊すことで、元の躯体の高さまで天井を上げられるのです。

このように、一度全てをリセットしてから住まいをつくり直す方法を、スケルトンリノベーションといいます。

スケルトン工事で露出したコンクリート剥き出しの天井や、通気用のダクト、電気配線をあえて露出させ、デザインとして楽しむ人が増えているのです。

露出配管がおしゃれなリノベーションこちらの事例は、配管をあえて露出させ、キッチンまわりのシルバーと色を合わせています。家電、シンクのシルバー、壁付けのアイアンバー。色味を統一することで工業感のあるダクトが上手く空間に調和しました。

露出配管がおしゃれなリノベーション>>この事例を詳しく見る

剥き出し配管は、あえてシルバーのまま露出させるだけではありません。壁に馴染むよう同色で塗装すれば、主張しすぎずにインダストリアルな雰囲気を楽しむことができます。

意図的な配管デザインを施すことで個性のある空間を演出できるのが、リノベーションの醍醐味です。

[CASE3]壁紙だけじゃ勿体ない!天井の色で印象チェンジ

壁はアクセントウォール、床板には無垢板。同じ箱の一部なのに、天井だけそのままなのはもったいない! インテリアと合わせて配色にこだわってみると、自分だけの部屋が出来上がります。

天井をグレーに塗装したリノベーション>>この事例を詳しく見る

こちらの事例は、天井高を上げ、さらにグレーで天井と梁を塗装しています。マットなダークグレーの照明とも色馴染みがよく、個性的でおしゃれな部屋に仕上がりました。

黒く塗装した天井 カフェ風リノベーション>>この事例を詳しく見る

こちらはあえての黒い天井。部屋全体はナチュラルテイストに、天井だけ黒く塗装することで、明るすぎず、暗すぎず、ビターテイストなカフェ風リノベーションが実現しました。

天井を白く塗装したリノベーション>>この事例を詳しく見る

こちらの事例は、北欧ナチュラルなインテリアにあわせて壁も天井も真っ白に。天井高をあげて、さらに壁と同じ白に塗り直しています。配管や配線、ライティングレールなども白でまとめて、部屋を最大限に明るく開放的に仕上げました。

[CASE4]あえての造作梁で古民家風に

天井に付けられるのはライティングレールだけではありません。あえて木材を装飾することで、古民家の梁を思わせるデザインにすることもできます。

天井に梁を造作したリノベーション

大正ロマンを愛する施主様のために、ダークトーンの木材を格子状に取り付けた古民家風の天井を提案。床板も風合いのある素材を選び、古き良き時代を今に感じられる住まいになりました。

アンティークの照明と漆喰塗りの天井>>この事例を詳しく見る

レトロなインテリアに合わせたアンティーク調の照明を設置。よく見ると、天井は漆喰で塗装されています。塗り方は「左官仕上げ」と言い、職人がコテを使って仕上げているのが特徴です。風合いがあり、見ていると本当に大正時代の古民家タイムスリップしたような気分が味わえます。

アイデア一つで、部屋の印象をガラリと変えることができる天井リノベーション。まずは賃貸でも挑戦できるライティングレールから取り入れてみてはいかがでしょうか。

まずは情報収集からはじめませんか?
ゼロリノベでは、無料のオンラインセミナー(お急ぎの方は動画受講可)を通して、「お金に賢く、自由に暮らす。余白ある家の買い方」「リスクに強い住まいの買い方」「ネットでは伝えられない業界の話」などをお伝えしています。
セールスは一切ありませんので安心です。下記からお気軽にご参加ください。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!