山とクラフトを飾る家<東京>70㎡

喜多見の中古マンションのリノベーション後のリビング

  • リノベ費用:BASICプラン
  • 専有面積:70.62平米
  • 築年月:1975年 6月

月々の支払いに困らない「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

喜多見の中古マンションのリノベーション後のリビング
喜多見の中古マンションのリノベーション後のワークスペース
喜多見の中古マンションのリノベーション後のワークスペース
喜多見の中古マンションのリノベーション後のリビング
喜多見の中古マンションのリノベーション後のリビング
喜多見の中古マンションのリノベーション後の廊下収納と土間

CONCEPT

  • 建具の設置は水まわりのみで、風と光が循環するプラン
  • 2人で並んで作業できる、リビング続きのワークスペース
  • 登山グッズを置ける広々としたSIC&廊下の大容量収納ですっきり

リノベーション前

ガラッと間取り変更

喜多見の中古マンションのビフォーアフター

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?

<奥様>今まで賃貸マンションに住んでいて、保証人を姉にお願いしていたんです。でも、姉が定年退職したら、保証人をお願いし続けることはできないなと思い、購入を考え始めました。

<ご主人>今までに新築マンションの購入を考えたこともあったんですけど、決めきれなかったんですよね。設計がお仕着せで好みではなかったし、たとえ買った時にいいと思っても、10年後には古く感じるだろうと思ってしまって。

家を買うにあたり心配だったことは?

<ご主人>ローンを背負うことですね。昔の感覚かもしれませんが、ローンは人生の足かせになるんじゃないかと思っていました。でもゼロリノベを知って、余白を残した計画的な予算で購入できるならいいなと思いました。

<奥様>ファイナンシャルプランナーの方に相談できたのも安心につながりました。

<ご主人>中古マンションは耐震面で大丈夫なのかなという不安もありました。でも、管理がしっかりしている物件を選べば問題ないということもお話を聞いてわかったので、ゼロリノベにお願いすれば大丈夫かなと思ったんです。

ゼロリノベを選んだ決め手は?

<ご主人>セミナーに行って、予算の決め方や物件の選び方の理念に共感できたことですね。

<奥様>第一印象がよかったです。この会社ならお互いにコミュニケーションをとりながら、家づくりができると思いました。

<ご主人>実際、設計担当者の方とは細かくやりとりができました。こちらのリクエストをしっかり受け止めてくれて、反映していただいて感謝ですね。

このエリアを選ばれた理由は?

<ご主人>今まで住んでいた小田急線沿線もしくは京王線で検討していました。会社まで通い慣れた経路で行けるエリアがよくて、以前の最寄り駅から4駅しか離れていなかったのが決め手でした。昔から通っていて馴染みのお店にも行きやすいので。

<奥様>物件はゼロリノベの担当者さんに任せきりではなく、自分たちでも積極的に探しました。条件が定まっていたので、数軒を絞り込むことができましたし。ここは希望の立地と広さだったし、角部屋ということもプラスになって決めました。

設計プランでリクエストしたことは?

<奥様>イメージをお伝えするために、プレゼン資料はかなり作り込みました。イメージ画像とか、空間の要望とか。

<ご主人>必ず造ってほしいと要望したのは3つ。パソコン作業ができるワークスペース、登山グッズを整理して置ける土間、台風の時などベランダの植栽を室内に置けるようにしたインナーテラスですね。

実際に住まわれてみて気に入っているところは?

<奥様>パソコン作業したり、裁縫したりできるワークスペースはやっぱり便利ですね。一人ひとりのスペースを別々にするプランもあったのですが、一カ所にまとめたことで空間が広く使えました。

<ご主人>土間には登山グッズをまとめて収納できたので、取り出すのも片付けるのも楽ですね。あとは、扉がないので空気が循環し、エアコン1台でも効きがいいです。断熱材を使ったこと、二重サッシ、漆喰壁、無垢床にしたのも効果的みたいで、空気がカラッとして過ごしやすいですね。

中古×リノベを検討されている方へ先輩としてアドバイスするなら?

<奥様>物件選びでは、どんな方が住まわれているのか、ゴミ捨て場や郵便受けなどがきちんと整理されているか、マンションの管理状態をよくチェックしたほうがいいですね。

<ご主人>せっかくフルリノベをするなら、設計の方にすべてお任せするよりは自分たちのこだわりを反映させたほうがいいです。ツアー旅行は楽ですが、旅行前に自分で調べてプランを立てることは楽しい。そんな感じで、たくさん調べて悩むことも楽しんでみてください。あと、コンセントの数や位置、躯体のコンクリートに作る吊り元は、リノベ後に設置するのは難しいので、実際に生活することをよく想像して決めたほうがいいですね。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!