2021.08.16 更新 2019.03.05 公開

【2021年版】今どき!プロが選ぶおしゃれリノベーション20選

リノベーション おしゃれ


・おしゃれなリノベーションの事例が見たい!
・今どきなリノベーションのテイストってどんな感じ?

この記事では、リノベーションのプロが選んだ定番/流行テイストのおしゃれな事例を20事例ご紹介しているほか、リノベーションに関する注意点なども解説しています。

  • おうち時間を楽しく過ごすこだわりデザインのリノベーション4選
  • 広さ別にイメージできるおしゃれなリノベーション6選
  • 定番から流行まで、おしゃれなリノベーションテイスト10選
  • 失敗しないリノベーションの注意点2つ
  • 信頼できるリノベーション会社の選び方
  • お部屋探しが楽しくなるリノベ賃貸の物件検索サイト5選

記事を読み終える頃には、理想のリノベーションイメージが掴めるようになるでしょう。

>>リノベーションの費用や物件選びに関する注意点を先に知りたい方は4章
>>リノベーション賃貸に住みたい方は7章

Advisor

一級建築士 アドバイザー 西村 一宏

[監修]一級建築士

西村 一宏

東洋大学ライフデザイン学部講師。リノベーション・オブ・ザ・イヤーを受賞した設計・施工部門の責任者としてゼロリノベ建築を担う。著者の詳しいプロフィール

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

元銀行員・宅地建物取引士・一級建築士が在籍して「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

>>中古購入からリノベまで「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

【こだわり別】思わず自慢したくなるおしゃれなリノベーション4事例

リノベーションに込めたこだわりは、十人十色。実用的で、個性の光るおしゃれなリノベーション事例をご紹介します。

1-1.職住一体で家時間を楽しむ。ワークスペースのリノベーション

3LDKを大きなワンルームにリノベーション。夫婦のワークスタイルに合わせて、2つのワークスペースを設計しています。ポイントは、間仕切りを兼ねた造作の本棚。収納力抜群でも視覚的な重さは軽減し、ゆるく空間をつなげています。

ワークスペースを対角線に設置することで、離れて仕事をしていてもお互いの気配を感じられる心地よさが生まれました。こうした点が評価され、リノベーションオブザイヤーを受賞しています。

リノベーション おしゃれ ワークスペース

リフォーム おしゃれ ワークスペース

この事例をもっと見る

この事例の取材記事:リノベりす「土間から生まれる新しい生活。空間につながりのあるワンルームのような部屋へとリノベーション」
リノベーションオブザイヤー「ユーザービリティリノベーション賞」

1-2.玄関横にアトリエ!DIY好きのためのリノベーション

大好きなアウトドア用品を収納し、DIYもできるアトリエ空間を玄関横に設計しています。リビングダイニングを土間にすることで、ラグを敷いたり、コンテナを置いたりと、自由に変化を楽しめます。

リノベーション おしゃれ DIY アトリエリノベーション おしゃれ DIY アトリエリノベーション おしゃれ DIY アトリエ

この事例をもっと見る

1-3.大きなテーブルとホームシアター!人を招く家にリノベーション

海外のシェアハウスにあったキッチンテーブルとベンチソファをヒントに、大人数もOKなパーティー仕様のおうちにリノベーション。天吊設置のプロジェクターから、120インチのスクリーンに投影すれば、あっという間にホームシアターの完成!

リノベーション おしゃれ ホームパーティーリノベーション おしゃれ キッチンリノベーション おしゃれ ホームシアター

この事例をもっと見る

この事例の取材記事:cowcamo MAGAZINE「ホームパーティーのためにフルリノベ! 至れり尽くせりの “招く家”」

1-4.ペットも人も幸せ!住みやすさとデザインを両立させるリノベーション

3匹の猫も、住む人も幸せな家にリノベーション。ポイントは、収納を兼ねたキャットウォークと消臭効果・湿度調整効果がある壁材。ダイニングの窓際にある棚も実はキャットウォークなんです! 爪に強い素材だから、猫が自由に動き回っても傷がつきにくくなっています。

リノベーション おしゃれ ペットリノベーション おしゃれ ペットリノベーション おしゃれ ペット

この事例をもっと見る

 

>>中古購入からリノベまで「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

【広さ別】コンパクトマンション/開放感ある広々マンションリノベ事例

マンションの広さ別に、おしゃれなリノベーション事例をご紹介します。広い敷地を生かした空間設計や、コンパクトでも家族で快適に暮らせる工夫など、住まいづくりのヒントが満載です。

2-1.【97㎡】広々団地リノベーションで余白を活かした家具配置を叶える

こだわりのデンマーク家具が主役になるよう、白をベースとしたプレーンなお部屋へリノベーションしています。広々としたキッチンは、大きな作業台やゆとりのある導線のおかげで、家族が集まるコミュニケーションの場に。

家具を展示品に見立てるという新しいリノベーションコンセプトが評価され、リノベーションオブザイヤー部門最優秀賞を受賞しています。

団地リノベーション おしゃれ

▼リノベーション前リノベーション前
この事例をもっと見る

この事例の取材記事:リノベりす「北欧家具の映える部屋に。フルリノベでデンマークの暮らしを再現」
リノベーションオブザイヤー部門最優秀賞「家具美術館な家」
SUVACO「いい家オブ・ザ・イヤー」

2-2.【66㎡】まるで秘密基地!親子で楽しいマンションリノベーション

天井の高さを生かし、秘密基地のようなロフトスペースを設計。子どもが楽しく過ごせる空間にリノベーションしています。床材はこだわりのチーク材ヘリンボーン。天井に設置した金物は、ハンモックをつるしたり、雨天時の物干し竿に使ったり、自由な用途で使うことができます。

中古マンション リノベーション おしゃれ

リノベーション ロフト ヘリンボーン

リノベーション おしゃれ ヘリンボーン▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

2-3.【61㎡】余白を残したリノベーションで、回遊性のある間取りに

将来家族が増えて個室が必要になってもいいように、余白を残してリノベーションしています。大好きなモロッカンテイストに合わせて、ダイニングスペースの床板をタイル素材に変更。回遊性のある間取りのおかげで、おうち時間が長くてもストレスフリーです。

リノベーション おしゃれ DIY アトリエ

この事例をもっと見る

2-4.【53㎡】コンパクトマンションに家族4人と猫3匹で暮らす

コンパクトな敷地面積でも、家族4人と猫3匹で暮らせるように工夫を随所に凝らしたリノベーションです。ベッドと収納を兼ねたロフトを設けて、スペースを有効活用。子どもたちが自由に落書きできるようにと、ロフトの壁は黒板に。子どもが巣立った後に追加工事をすることで、新たに間取りを変えられるよう設計されています。

家族の暮ら方とともに成長する空間設計が評価され、リノベーションオブザイヤーを受賞しています。

中古マンション リノベーション おしゃれ 4人

この事例をもっと見る

この事例の取材記事:TOKOSIE「53㎡に家族4人と猫3匹で暮らす」
cowcamo MAGAZINE「小さく豊かな、育つ住まい」
リノベーションオブザイヤー「コンパクトプランニング賞」

2-5.【48㎡】ルーフバルコニーを生かして、ゆとりある3人暮らし

48㎡の小さなマンションを、家族3人で暮らせるようにリノベーションしています。狭くてもゆとりがあるのは、大きなルーフバルコニーをリビングと位置付けた設計のおかげ。子どもが遊べるようブランコやロフトを作ったり、床下収納を作ったり、狭くても快適に暮らすアイデアが満載のおうちです。

リノベーション おしゃれ コンパクト ルーフバルコニー

リノベーション おしゃれ

リノベーション おしゃれ ルーフバルコニー▼リノベーション前リノベーション前この事例をもっと見る

2-6.【44㎡】パリのアパルトマンのように、コンパクトな暮らし

パリのアパルトマンのように、コンパクトで趣きのある家にリノベーションしています。ポイントは、導線が計算された間取り、床下収納と寝室の室内窓。ものをなるべく置かずにスッキリ、通風・採光がよいため、コンパクトな空間でも心地よく過ごすことができます。

リノベーション おしゃれ コンパクト マンション

▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

 

>>中古購入からリノベまで「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

定番から流行まで!おしゃれなリノベーションテイスト10選

3-1.北欧テイスト

白を基調とした、明るくスタイリッシュなデザインが特徴のリノベーションテイストです。このテイストはノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークで生まれ、室内で長く過ごしても快適でいられるようなアイデアが反映されています。

明るい色のアクセントカラーを使ったり、デザイン性の高い家具・照明や木材を組み合わせるのに向いたテイストです。

リノベーション おしゃれ 北欧テイスト

▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

この事例の取材記事:リノベりす「ミュージアムのような白い空間を、回遊性のある間取りにリノベーション

3-2.ナチュラル

自然素材や木材を生かした、あたたかみのあるリノベーションテイストです。シンプルな家具、個性的なファブリック、アクセントウォールなど、どんなインテリアとも比較的相性が良いのが特徴です。

リノベーション おしゃれ ナチュラル

▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

3-3.シンプル

モノトーンを基調としたデザインが特徴的なテイストです。収納力や日常の導線を意識したリベーションで、無駄を省きスッキリとした生活を送ることができます。家具やファブリックにアクセントカラーを使うと、明るい印象のお部屋になります。

 

リノベーション おしゃれ シンプル

▼リノベーション前

リノベーション前

この事例をもっと見る

3-4.カフェ風

おしゃれなカフェのように、くつろげる空間を重視したリノベーションテイストです。ポイントは、開放感と大好きなカフェのイメージ。通風と採光を意識し、開放的な間取りに。

コーヒーを飲むスペース、本をゆっくり読むスペースなど、リノベーションならこだわりを詰め込むことができます。

リノベーション おしゃれ カフェ

▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

3-5.モルタル/コンクリート

モルタル素材を主役にしたリノベーションテイストです。生活感を出したくない方、無機質な素材感が好きな方におすすめ。リビングなどのくつろぎスペースは木材を使用するなど、素材を生かして空間の雰囲気を変えることもできます。

リノベーション おしゃれ モルタル コンクリート

▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

3-6.インダストリアル

インダストリアル(industrial)とは、「産業の、工業の」を意味します。倉庫や工場のように、無骨で飾り気のないデザインが特徴です。ポイントは、アイアン素材やスチール素材を活かすこと。黒やブラウンなどの落ち着いた色を用いて、締まりのある印象に仕上げます。

リノベーション おしゃれ インダストリアル

▼リノベーション前リノベーション前
この事例をもっと見る

3-7.大人の隠れ家風

自分だけの秘密基地のような空間を作るリノベーションテイストです。ポイントは、特別感やひっそりとした雰囲気を演出する個性的な間仕切り。空間を上手に仕切ることで、閉塞感なく「自分だけのスペース」「おこもり空間」を作ることができます。

リノベーション おしゃれ 隠れ家

▼リノベーション前リノベーション前この事例をもっと見る

3-8.アパルトマン

パリのアパルトマンのように、シックで洗練された雰囲気のリノベーションテイストです。アートを飾るのが好きな方、骨董品やヨーロッパの古道具が好きな方におすすめ。

白と天然素材がベース。窓からの採光や照明の使い方を工夫することで、洗練された住空間を演出します。

リノベーション おしゃれ パリ アパルトマン

▼リノベーション前リノベーション前
この事例をもっと見る

3-9.ニューヨーク

ニューヨークを彷彿とさせるようなデザインが特徴のリノベーションテイストです。白とグレーを基調とした室内に、ガラスの間仕切りやロイヤルブルーなどのアクセントカラーを用いてスタイリッシュにしています。

リノベーション おしゃれ ニューヨーク

▼リノベーション前リノベーション前この事例をもっと見る

3-10.西海岸

カリフォルニアのビーチをイメージしたリノベーションテイストです。ポイントは、海辺の陽射しを思わせるような採光設計と、カジュアルさ・爽やかさを感じるデザイン。

白とブルーをテーマカラーにしたり、主役級のソファを置いたり、海外のような雰囲気のインテリアを楽しめます。

リノベーション おしゃれ 西海岸

▼リノベーション前リノベーション前

この事例をもっと見る

この事例の取材記事:リノベりす「海を感じるアイテムで異国情緒あふれる住まいに。スケルトンからのフルリノベーション」

 

>>中古購入からリノベまで「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

失敗しないリノベーションの注意点は、予算と物件選び

失敗しないリノベーションを実現するために注意すべき点は、「予算」と「物件選び」です。それぞれ、気を付けたいポイントを詳しく説明していきます。

4-1.リノベーションに適した物件かどうか見極めよう

中古マンションのリノベーションを行う場合、それがリノベーションに向いている物件かどうかの見極めが重要になります。なぜなら、長く住むのに適したマンションかどうか、こだわりのリノベーションを思い切りできるかどうかは、物件・建物の状態や制約に影響されてしまうからです。

自由なリノベを叶えるために、次の3点を意識して物件を選んでみましょう。

・ラーメン構造と壁式構造のチェック
マンションの構造は2種類あります。間取りを自由に変えられるのはラーメン構造で、間取りの制限が出るのが壁式構造です。間取りを大幅に変えたいなら必ずチェックしましょう。

・共用部分と専有部分をチェック
マンションは、区分所有者の意思で「変えられる箇所(主に専有部分)」と、区分所有者の意思では「変えられない箇所(主に共用部分)」があります。変えられない箇所を重点的に確認することで、長く住みやすい物件を選べるようになります。

・リノベーションに影響する管理規約がないかチェック
マンションの管理規約によって、リノベーション内容を制限される場合があります。例えば、間取りの大幅な変更を許可しないというものや、水回りの移動やお風呂のサイズの変更を許可しないというものもあります。

より詳しく知りたい方は、中古マンションのリノベーションについて説明しているこちらの記事をご覧ください。

4-2.表層リノベとスケルトンリノベーション、2つの相場感を把握しよう

リノベーション費用

上の図は、リノベーションにかかる費用をまとめたものです。

リノベーションには、大きく分けて2つの価格帯があります。それは、「表層リノベーション」と「スケルトンリノベーション」です。

表層リノベーションは、目に見える部分だけを補修する工事内容を指します。一方、スケルトンリノベーションは、床下の配管などインフラ設備も含めて新しくする工事内容を指します。

それぞれで相場感が大きく異なるため、自分にはどちらのリノベーションが合っているのか判断して予算を設定しましょう。

より詳しく知りたい方は、リノベーションの費用について説明しているこちらの記事をご覧ください。

手軽におしゃれ感が叶うポイントは、家具と素材感

長く住んでも飽きない、おしゃれなリノベーション住宅を作るためには、2つのポイントがあります。

・床板のサイズと素材にこだわる
・長く使用できる定番の家具を購入する

それぞれについて、詳しく説明していきます。

5-1.床板のサイズと素材でお部屋は一気に垢抜ける

床板のサイズと素材にこだわると、印象が一気に垢抜けます。なぜなら、床板は目に入る広い面積を占めるため、お部屋の印象を左右しやすいからです。

幅・長さが大きめの床板を選ぶと、時代の流行に左右されることなく、高級感のあるおしゃれなお部屋になります。無垢板を選んだり、部分的にタイルにすると、より洗練されます。もっとこだわりたい方は、ヘリンボーン柄の床板もおすすめです。

5-2.家具やインテリアは住まい全体でテイストの統一を

リノベーション おしゃれ 家具

この事例をもっと見る

家具やインテリアは住まい全体でテイストを統一するのがおすすめです。

例えばイスの木の色とテーブルの木の色が違ったり、工業製品っぽい金属ラックとアジアンテイストな編み物の収納があったりすると、いくら空間がおしゃれでも全体としてちぐはぐな印象になってしまいます。

自分たちで選ぶ自信がないという場合にはリノベーションをするタイミングで担当の設計士に通常どんな家具が合うか、インテリアはどうすればいいかの相談をしてしまいましょう。

そうすれば、カタログや参考サイトなどを教えてくれるでしょう。自分で選んで後悔する前に、プロにアドバイスをもらうのがオススメです。

 

>>中古購入からリノベまで「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

信頼できるリノベーション会社は、目的別に選べば間違いなし

リノベーション会社 大手 3つのカテゴリ各リノベーション会社の特性と、ご自身のリノベーションイメージを把握することで、多数ある会社の中から信頼できるリノベーション会社に出会えるようになります。

リノベーション大手の会社には、大きく分けて3つのカテゴリがあります。

①リノベーション専門の大手会社
②建設業などの巨大企業のリノベサービス
③リノベーション済み物件の販売事業会社

各カテゴリの特徴と、該当する大手企業を上の図にまとめました。

より詳しく知りたい方は、リノベーション大手会社について解説しているこちらの記事をご覧ください。

気軽に住むならリノベ賃貸!4つの検索サイトを特徴ごとに選ぼう

中古マンションを購入しリノベーションする他に、まずはリノベ済み賃貸に住んでみると言う選択肢もあります。

好みのお部屋に出会うために、リノベーション物件を専門に扱う賃貸物件の検索サイトで調べる方法がおすすめです。

それぞれのサイトごとに、検索カテゴリや掲載物件に個性があるため、ご自身の好みにあわせてサイトを選び、物件探しを楽しみましょう。

goodroom

goodroom

対応エリア:札幌、東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋、大阪、兵庫、京都、広島、福岡
賃貸ページ:goodroomのリノベーション賃貸ページ(関東)
運営会社:グッドルーム株式会社
特徴:月間ユーザー数50万人を突破した、リノベーション賃貸の大手。一都三県に加えて、札幌、名古屋、関西、広島、福岡など、対象エリアが多いのが特徴です。各物件の良いところも気になるところも正直に掲載しています。

自社でリノベーションを行うオリジナルブランド「TOMOS」の賃貸、シェアハウス、オフィスの賃貸に加え、ホテルやマンスリーに定額で住み替えできるホテルパスサービスも展開中。インテリアや街情報などを発信するメディア「goodroom journal」も運営しています。

R-STORE

R-STORE

対応エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県
賃貸ページ:R-STOREの賃貸ページ
運営会社:株式会社アールストア
特徴:関東のおしゃれなリノベーション賃貸、デザイナーズ賃貸を多数掲載しています。実店舗を持たない分、Webサイトの掲載情報が充実しているのが特徴です。「郊外・スローライフ」、「大型犬可」、「猫複数可」など、絞り込み条件が細かく設定されているため、理想の物件イメージが明確な方、優先条件がある方に特におすすめです。街情報を発信している「R-STORE TOWN NAVI」では、おすすめスポットを丁寧に取材しています。訪れたことのないエリアでも、街の雰囲気や住み心地がイメージしやすくなりますよ。

リノベ百貨店

リノベ百貨店

対応エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県
賃貸ページ:リノベ百貨店の賃貸ページ
運営会社:エイムズ株式会社
特徴:内装デザインや、床素材など、お部屋の特徴からお部屋を探せる検索機能が特徴。賃貸なのにDIY可というお部屋も多く掲載されているため、賃貸で自由にセルフリノベーションしたい方におすすめです。

リノベーション施工を行う会社が運営しており、お部屋の個性をプロ目線でセレクト、評価しています。自社で一棟丸ごとリノベーションした「eims craft」シリーズも掲載中です。

REISM

REISM

対応エリア:東京23区、武蔵野市、三鷹市
賃貸ページ:REISMの賃貸ページ
運営会社:リズム株式会社
特徴:気になる物件が入居中でも、退去の予定があれば優先的にお知らせメールが届く「ウェイティング機能」が特徴的です。自社設計のリノベーションブランド「REISM」を展開し、デザインテーマごとに物件を検索することができます。いくつか物件のデザインテイストを見比べてみたい方におすすめです。

 

>>中古購入からリノベまで「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

まとめ

この記事では、おしゃれなリノベーション事例をプロ目線で20事例選び、広さやこだわり、テイストごとにご紹介しました。最後に、ポイントをおさらいしましょう。

・失敗しないリノベーションの注意点は、予算と物件選び

①リノベーションに適した物件かどうか見極めよう
参考:中古マンションのリノベーションについて説明している記事はこちら

②表層リノベとスケルトンリノベーション、2つの相場感を把握しよう
リノベーション費用参考:リノベーションの費用について説明している記事はこちら

・飽きのこないリノベが叶うポイントは、家具と素材感
①床板のサイズと素材でお部屋は一気に垢抜ける
②家具は長く使用できる定番品がおすすめ

・目的に合わせて信頼できるリノベーション会社を選ぼう
リノベーション大手の会社は、3つのカテゴリに分けられる
①リノベーション専門の大手会社
②建設業などの巨大企業のリノベサービス
③リノベーション済み物件の販売事業会社

リノベーション会社 大手 3つのカテゴリ

・リノベーション賃貸に住むなら、特徴ごとに検索サイトを選ぼう
①goodroom
②R-STORE
③リノベ百貨店
④REISM

この記事が、理想のリノベーションイメージを持つきっかけになれば嬉しいです。ご自身のこだわりと定番デザインを上手にミックスさせ、長く大切にできる住まいづくりを実現しましょう。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!