skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

リノベーション後のソファーの素材とお掃除方法


武蔵浦和のリノベーション事例

ソファーは家具の中でも大きな存在です。いろいろ考えて選んだものだから、買ってからも大事に使いたいですよね。今日は、キレイを保つためのお掃除のコツをお話しします。

 

 

ファブリック(布製)は中性洗剤

宮崎台のリノベーション事例布の風合いが優しく、さまざまなカラーや柄を楽しめるので人気があります。デザインが豊富なので、自分の部屋にぴったりなものを見つけやすいのもいいですよね。その反面、液体汚れがシミになったり、部屋のにおいが付いてしまったり、布ならではの苦労もあるよう。汚くなる前に、日々のお掃除ですっきりしましょう。

1)ホコリを取り除く
布製品についたホコリは目立たないので、知らない内にたまります。床掃除の前に、ブラシでソファーのチリを払いましょう。特別なものではなく、100円ショップなどで売っているもので構いません。硬いと布地を痛めるので、なるべく柔らかい方がいいですよ。
全体的にくすんできたと感じたら、掃除機で優しく吸ってください。この時も、ブラシタイプのノズルがお勧めです。

2)薄めた中性洗剤でたたく
ホコリ以外の汚れには、中性洗剤を薄めたものを雑巾にしみこませ、軽く絞ってからポンポンとたたきます。浮き出てきたら乾いた布などに移しとり、その後、水で濡らした雑巾を固く絞ったもので拭きます。洗剤が残るとシミになりやすいので、要注意。二度拭きは必須です。

3)においには重曹。消臭スプレーも。
いつの間にか染み込んだにおいは、重曹をふりかけ、一晩おいて掃除機で吸うとスッキリ。そんなに待てない時には、出かける前に布用消臭スプレーを。帰ってきた頃には、普段通りに使えます。

 

合成皮革はお手入れしやすさNO1

柏のリノベーション事例

本革よりも手軽に購入でき、手入れがしやすいのでよく使用される合成皮革。最近では質もどんどん向上し、手になじむような風合いを持つものも。カラーバリエーションが豊富なので、選ぶ楽しさがありますよ。

1) 日々の掃除は乾拭き
液体汚れが染み込みにくい加工をされているので、毎日のお掃除は乾拭きで十分です。軽く拭いて、表面のちょっとした汚れやホコリを取り除きます。

2)手あかなどは中性洗剤で。専用のクリーナーがある場合も
手あかや、食べ物の油汚れは乾拭きでは落とせません。ファブリックと同じ手順で、薄めた中性洗剤を使います。ただ、合成皮革は、商品によっては専用のクリーナーが販売されています。購入店舗で聞いてみるのもいいですね。

 

本革は丈夫で長持ち

本革は何といっても上質感があり、しっとりとした肌触りで、座る人を虜にします。しっかりお手入れすれば長持ちするので、お気に入りのソファーを使い続けることができます。

 

武蔵浦和のリノベーション事例

1)固く絞った雑巾で拭く
水で雑巾を洗い、よく絞って使います。ゴシゴシこすらず、優しく拭きます。ホコリが取れて、その後のクリーナーも使いやすくなり、一石二鳥!

2)レザークリーナーで洗う
レザークリーナーをスポンジにとって、革の表面を洗います。汚れが取れたら、雑巾で拭きとり、さらにきれいな濡れ雑巾で二度拭きします。(使用前に必ず目立たないところを拭いて、シミにならないか、色落ちしないかを確認してください。)

3)保護クリームを塗る
2)のあと、自然乾燥したら保護クリームの出番です。専用の布やスポンジがある場合には、それに付けて丁寧に塗りこみます。塗り残しがあるとひび割れの原因になるので、注意して下さいね。もし、ベタベタ感が残っていたら、厚塗りの証拠。乾いたタオルで余分な油を拭き取ります。

全体的に洗うのは、年に2~3回で良いと言われています。やりすぎも劣化の原因になるので、注意して下さいね。

 

好きなソファーと長く付き合うために

選び抜いて出会ったソファー、高価でもそうでなくても長く付き合いたいですよね。1日1回ホコリを払うだけでも、ずいぶんと汚れは減ります。ぜひ、習慣にしてくださいね。

 

中古マンション見極めリストのご案内

■修繕積立金は十分に集められているか?■議事録を閲覧できるか?■赤サビは大丈夫か?■住宅ローン減税が使える物件か?■掲示板が綺麗でも注意事項が多すぎないか?■売却理由がトラブルではなかったか? …そのほか全部で48チェック項目!

メンバーズ登録(無料)で「中古マンション見極めリスト」のほか、IeROHA を運営しているゼロリノベ提供の様々なコンテンツをすべて閲覧できます。ぜひ活用してください。(無料登録フォームは下記ボタンの遷移先にあります)


Back To Top