2021.09.05 更新 2021.09.05 公開

アイランドキッチンのメリットとデメリット|素敵なリノベ事例も紹介

デザイン性が高く、開放感があることから多くの人が憧れを抱くアイランドキッチン。

しかし、誰でも快適に使えるキッチンというわけではありません。

アイランドキッチンにはたくさんのメリットがある一方で、同じようにデメリットがあるからです。

「一目惚れしたから」「理想のインテリアが実現できそう」として選ぶと、「使いにくい」「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあります。

キッチン選びで失敗しないためには、デメリットを理解しておくことが大切です。

この記事では、アイランドキッチンのメリットとデメリットを詳しく解説するだけでなく、価格や多数のリノベーション事例も紹介していきます。

最後まで記事をお読みいただくと、アイランドキッチンを選ぶかどうかが確実に決断できます。

理想の家を実現させるには、キッチン選びはとても重要です。ぜひ最後まで読んで、後悔のない選択をしてください。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

アイランドキッチンってどんなキッチン?

まずはアイランドキッチンがどのようなキッチンなのか、基本的な知識を押さえておきましょう。

さらに、アイランドキッチンと同じ対面式の「ペニンシュラキッチン」との違いについても比較していきます。

1-1.アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは、上に戸棚がなく、シンクや調理台などが壁についていないキッチンのことです。島(アイランド)の名前通り、リビング・ダイニング内で独立しているキッチンを指します。

アイランドキッチンはリビング・ダイニングの空間内に配置されるため、キッチン本体のデザイン性が非常に高くなっています。キッチンが極上のインテリアの1つとなり、部屋全体をおしゃれに見せてくれます。

1-2.【比較表】アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの違い

アイランドキッチンとよく比較されるのが、ペニンシュラキッチンです。

どちらもオープンキッチンで、コミュニケーションが取りやすく、開放感があります。

アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの最大の違いは、キッチンの一部が壁についてるかどうかです。以下の表にメリットとデメリットをまとめたので、違いを確認してください。

では次章より、アイランドキッチンのメリットとデメリットについて詳しく見ていきます。

アイランドキッチンのメリット

「おしゃれ!」「素敵!」という見た目の印象が強いアイランドキッチンですが、実は見た目以上に優れている点もあります。ここでは、アイランドキッチンのメリットをまとめました。1つずつ確認していきましょう。

2-1.メリット①とにかくスタイリッシュ

1つ目のメリットは「とにかくスタイリッシュ」なことです。

アイランドキッチンはデザイン性に優れており、設置するだけでおしゃれな雰囲気になるのが特徴です。

ショールームで実物を見て一目惚れしたという人も多いですよね。

アイランドキッチンがあるだけでリビング・ダイニングが一気に素敵になります。インテリアにこだわれば、さらに美しいキッチンができあがるでしょう。料理をする時間が長い人や、インテリアにこだわりたい人に特におすすめのキッチンです。

2-2.メリット②開放感に優れている

2つ目のメリットは「開放感に優れている」ことです。

アイランドキッチンには上棚や壁面がないので、実際の面積よりもリビングが広く感じられます。

キッチンのどの場所に立っても視界が遮られません。広い視野で料理ができるのも魅力的です。

また、リビングの窓から差し込む光のおかげで、明るさが行き渡ります。LDKに開放感を求める人には最適なキッチンです。

2-3.メリット③家事動線に優れ、バリアフリーである

3つ目のメリットは「家事動線に優れ、バリアフリーである」ことです。

アイランドキッチンには仕切りや壁がないため、どの方向からでも出入りできます。

キッチンは毎日使う場所ですから、どこからでも最短距離でアクセスできると移動にストレスを感じません。

料理の配膳や片づけが効率良く行えると時短になりますし、家事の負担が大幅に軽減できます。

バリアフリーなので、老若男女問わず快適にキッチンを使えます。

2-4.メリット④複数人で使えて家事参加しやすい

4つ目のメリットは「複数人で使えて家事参加しやすい」ことです。

アイランド型はキッチン自体が独立しているので、どこからでも調理や配膳、アクセスが可能そのため、複数人が出入りしても、お互いの立ち位置を気にすることなく作業できます。

作業スペースを広くとると、横並びで調理ができますから、夫婦や友人、子どもと一緒にクッキングを楽しめますね。またリビング内にキッチンがあるので「ご飯ができたからテーブルに運ぼう」「野菜を切るのを手伝おう」などと、家族が自然と家事に参加しやすい環境でもあります。

2-5.メリット⑤好みに合わせたレイアウトや仕様設計が可能

5つ目のメリットは「好みに合わせたレイアウトや仕様設計が可能」なことです。

アイランドキッチンには壁や仕切りなどがないため、LDKを好みのレイアウトにできます。

ダイニングテーブルや冷蔵庫の位置など、家族にとって最適な場所に配置できるととても便利です。

前述のとおり、アイランドキッチンには上棚や作り付けの棚などがありません。そのため収納スペースに不安感じる人が多いのですが、この課題はキッチン本体に収納を設けることでクリアできます。

キッチンやダイニング周りで使うものは、それぞれの家族やライフスタイルによって異なりますよね。アイランドキッチンは他のキッチンよりも、フレキシブルな仕様設計が可能なので、好みに合わせてカスタマイズすると利便性が格段に上がります。

アイランドキッチンの引き出しに食器を入れたり、ランチョンマットの収納場所を設けたりすると、子どもでも簡単に準備ができるようになります。

2-6.メリット⑥コミュニケーションが取りやすい

6つ目のメリットは「コミュニケーションが取りやすい」ことです。

アイランド型はキッチンがリビングの方を向いているので、料理をしながらテレビを見たり、家族と会話したりできます。

アイランド型以外にも、カウンタータイプのキッチンなら料理中のコミュニケーションは可能です。

しかしカウンタータイプの場合は、壁や仕切りなど視界を遮るものがあるため、立ち位置によっては声が届かない、姿が見えないとなることがあります。

アイランド型は「どの位置からも見える・声が届く」のが特徴です。リビング学習の様子を見ながら、食事の準備や片づけができるのも子育て中の人にとっては大きなメリットですね。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

アイランドキッチンのデメリット5つ

アイランドキッチンは一癖あるキッチンです。デメリットをしっかり理解し、納得していないと後悔することになりかねません。ここでは、アイランドキッチンの5つのデメリットを1つずつ説明していきます。

3-1.デメリット①油はねや水はね、ニオイが気になる

1つ目のデメリットは「油はねや水はね、ニオイが気になる」ことです。

アイランドキッチンで油を使う料理をすると、やはり油がはねます。特にフルフラットタイプにすると、「驚くほど遠くに油が飛んでびっくりしたという声も。

もちろん、水を使うと当然水がはねます。水仕事に慣れてくると、角度や水流で水はねを最小限にできますが、慣れていない家族が食器洗いをすると大変!ということもあります。

また壁や仕切りがないので、調理中のニオイがどうしてもリビングに広がります。強いニオイは残りやすい上、人によっては不快に感じることもあるでしょう。

これらのデメリットは次章で紹介する「3つの対処法」で対策可能です。しかし完璧に防ぐのは難しいので、上記3つを許容できない人はアイランドキッチンの設置は見送るほうがいいかもしれません。

どんなキッチンでも油や水を使えば、油はねや水はねしますが、アイランドキッチンは特に目立つということを理解しておきましょう。

3-2.デメリット②手元が丸見え、キレイを保つのが大変

2つ目のデメリットは手元が丸見え、キレイを保つのが大変であることです。

アイランドキッチンはリビング・ダイニングから手元が丸見えになるので、来客時に「気になる」「落ち着かない」と感じる人も少なからずいます。

オープンタイプ以外のキッチンであれば、一時的にキッチン周りが乱れても、リビングやダイニングのインテリアに影響はありません。しかしアイランド型のようにオープンタイプのキッチンだと、少しでもキッチン周りが乱れると、一気に雑然とした印象になります。

せっかくのおしゃれな空間が台無しにしないためには、整理整頓やキッチン掃除をこまめに行う必要があり、家族の性格によってはストレスとなる可能性もあります。

3-3.デメリット③小さい子どもがいると危険

3つ目のデメリットは「小さい子どもがいると危険」なことです。

小さい子どもは好奇心が旺盛で、大人のやることを無意識に真似しますよね。

目が離せない小さな子どもがいるご家庭にとっては、どの種類のキッチンにも危険がありますが、特にアイランドキッチンの場合は注意が必要です。

というのも、アイランドキッチンには、キッチンへの子どもの侵入を防ぐ『ベビーゲート』を付けるのが困難だからです。揚げ物中にキッチンに入られると、油はねも心配ですし、落ち着いて料理ができません。

アイランドキッチンはどの方向からもアクセスできますから、子どもの侵入を防ぐのは不可能に近いです。包丁や食器などを出しっぱなしにすると、知らぬ間に子どもが手を伸ばして床に落とす危険もあります。

とはいえ、子どもは成長しますから、特に注意を払うのは期間限定です。

子どもの性格にもよりますが、言って聞かせることができる年齢になると、安心度が格段に増します。

3-4.デメリット④広いスペースが必要

4つ目のデメリットは広いスペースが必要なことです。

アイランドキッチンは周囲を回遊できるように、前後左右に空間を確保しなくてはいけません。他の種類のキッチンよりも広いスペースが必要になります。

家全体の広さによっては設置が難しかったり、十分なスペースがないと圧迫感がでやすくなったりします。もちろん、コンパクトな家にもアイランドキッチンは設置可能ですが、その場合は「家の主役がLDKになる」と考えておきましょう。LDKにスペースを多く取る分、その他の場所が窮屈になる可能性があります。

3-5.デメリット⑤キッチン本体やリノベーション費用が高額になりやすい

5つ目のデメリットは「キッチン本体やリノベーション費用が高額になりやすい」ことです。

アイランドキッチンは他の種類のキッチンよりも本体価格が高い傾向にあります。

キッチンが丸見えのアイランドキッチンは、すべての面を化粧材などで囲む必要があるからです。

そのため、同じグレードのキッチンであっても、化粧材などを貼らなくて良い壁付けタイプのものよりも高くなります。

また、アイランドキッチンはリノベーションも大掛かりになるので費用も高額になりがちです。

目安となる金額については、追って詳しく解説していきます。

アイランドキッチンを快適に使うには?3つの対処法

では、アイランドキッチンを快適に使うにはどうしたらよいのでしょうか。

ここでは前述した3つのデメリットを軽減できる対処法をご紹介します。

4-1.油はね&水はねはアイディアをフル活用する

アイランドキッチンとは切り離せない「油はね&水はね」の問題は、アイディア次第でかなり軽減できます。

中でも多いのが、「あらかじめ透明のガードをコンロやシンク前に設置する」ケースです。

油や水の飛散をある程度、防いでくれるので、設置しているだけでも安心感があります。しかし、完璧に防止するのは難しく、もれなく掃除もついてきます。

そのため透明ガードを設置せず、油を使う料理の時だけ市販の油はねパネルやガードを使う人も少なくありません。コンロ周りに新聞紙を広げるだけでも、油の飛散はかなり防げます。いずれも掃除が最小限で済むので負担がありません。

また水回りは水はねがしにくい蛇口やシンクを選ぶといいでしょう。

キッチンまわりの床材をタイル仕様にすると、汚してしまった場合の掃除も楽です。

▼油はね防止アイディア

  • 透明のガードを設置する
  • 油を使う時だけ、市販のパネルやガードを使う
  • 油を使う時だけ、コンロ周りに新聞紙を広げる
  • 掃除がしやすいコンロを選ぶ

▼水はね防止アイディア

  • 透明のガードを設置する
  • 水はねしにくい蛇口を選ぶ
  • 水はねしにくいシンクを選ぶ

4-2.換気扇や魚焼きグリルなど消臭効果の高い設備機器を選ぶ

調理前後のニオイは、換気扇や魚焼きグリルなどの設備機器でかなり防止できます。

ニオイを遮る壁のないアイランドキッチンの場合は、高性能な換気システムの導入がおすすめです。ニオイや煙をしっかり吸い取ってくれる強力な換気扇を選びましょう。

また近年では、焼いた時のニオイや煙を大幅にカットする魚焼きグリもあります。気になる人は、リビングやダイニングの壁材に消臭効果のあるエコカラットを選ぶといいでしょう。

換気や空気清浄機などでの対策もあわせて行うと、ニオイはかなり軽減できるはずです。

4-3.収納力の高いキッチンを選ぶ

アイランドキッチンの収納問題は、収納力が高いキッチンを選ぶことで解決できます。

アイランドキッチンには上棚がない分、大容量で使いやすい引き出しがたくさん付いているものもあります。種類によっては現在お使いのキッチンよりも、収納量がアップするという人も少なくありません。

またアイランドキッチンは収納を自分好みにカスタマイズすると、生活の利便性が格段に上がります。

とはいえ「予算の関係でカスタマイズは難しい」という場合は、見せる収納・隠す収納で解決させましょう。その際は仕分けしやすい引き出しが多いタイプを選ぶと、収納しやすいですよ。収納問題は、不用品を断捨離するなど、アイディア次第でなんとかなります。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

アイランドキッチンのリノベーション事例5選

アイランドキッチンの知識が深まったところで、リノベーション事例を見ていきましょう。

ここでは5つの事例をご紹介します。あなたにとって最高のキッチンにするために、イメージを膨らませていきましょう。

5-1.コンパクトでもおしゃれなアイランドキッチン

面積48㎡のコンパクトなスペースにアイランドキッチンを設置した事例です。

フルフラットなアイランドキッチンと照明・換気扇のバランスが絶妙で、窮屈さを全く感じません。

壁側のオープン棚には厳選されたアイテムが並び、まるでカフェのような雰囲気です。

キッチンツールを瓶に入れて立てかけているので、コンロ前のオイルガードも気になりませんよね。

「家が広くないから無理かも」と諦める人に希望をくれる、「魅せる収納」が素敵なアイディアあふれるキッチンです。

5-2.木の素材を生かした温かみのあるアイランドキッチン

こちらは木の素材を生かした温かみのある雰囲気で統一しているキッチンです。

床やキッチン台、作り付けの棚、ダイニングテーブルと素材に統一感があり、とても素敵ですね。

アイランドキッチンには腰壁があり、手元が隠れるので統一された空間の邪魔をしません。

動線が抜群に優れており、掃除機がかけやすいというメリットも。キッチンからリビング、子供部屋など縦長に回遊できるので使いやすいそうです。

5-3.白を基調にした開放感あふれるアイランドキッチン

白を基調とした開放感のあふれるキッチンです。清潔感があり、多くの人が憧れる美しさですね。

ダイニングテーブルをアイランドキッチンの横に置くことで、回遊性が格段に良くなります。

アイランドキッチンの正面に広々としたリビングがあり、家族の様子がよく見えます。子育て世帯には理想的なLDKです。

5-4.タイル使いが美しいアイランドキッチン

タイル使いが美しいアイランドキッチンです。

南仏のビーチハウスをイメージしたLDKにぴったりマッチしています。

キッチンにはカウンターがあるので、手元が隠れる上、油はねや水はねが気になりにくいなどのメリットがあります。

ただおしゃれなだけでなく、実用面も優れたキッチンです。

5-5.生活感ゼロでも機能性が高いアイランドキッチン

最後にご紹介するのは、石をイメージしたアイランドキッチンです。

生活感を排除し、無機質な空間が演出されています。

あまりの美しさに「使いにくいでは?」と思いがちですが、機能面もしっかり考えられており、実用性も抜群です。

大きな鍋でも出し入れしやすい引き出し式収納や3段スライド式のシンクなどで、生活感がゼロにもかかわらず使いやすいキッチンになっています。

アイランドキッチンへのリノベーション費用と期間の目安

従来のキッチンからアイランドキッチンにする場合、リノベーション費用の目安は150~250万円です。

水回りの移動をはじめとするキッチンの空間を大幅に変更するため、どうしてもリノベーション費用は高額になります。

リノベーション費用の目安とリノベーション内容を以下の表にまとめました。

ご覧のとおり、従来のキッチンからアイランドキッチンにリノベーションする場合、2~3週間程度かかります。工事内容によっては3週間以上かかることもあるので注意しましょう。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

アイランドキッチンが向いている人はどんな人?

ここまでアイランドキッチンの特徴やメリット・デメリットをご紹介してきました。

「自分には向いていないかも」「大丈夫そう」など、何となくイメージがつかめてきたと思います。

この章ではさらに一歩踏み込んで「アイランドキッチンが向いている人はどのような人か」を具体的にまとめました。ご自身やご家族が当てはまるかどうかチェックしながら読み進めてください。

7-1.ホームパーティーや複数名での料理の機会が多い人

アイランドキッチンはホームパーティーや複数名での料理の機会が多い人に向いています。

空間にゆとりがあるので、複数人が同時にキッチンを使ったり、配膳などで出入りしたりすることができるからです。

そのため、

  • ホームパーティーを楽しみたい
  • 家族と一緒に料理をしたい
  • 子どもに料理を教えたい

という人にぴったりなキッチンといえます。

また作業スペースを広くとれば、料理やお菓子などの教室を開くことも可能です。料理動画も楽に撮影できますから「料理やキッチン関係で叶えたい夢」がある人にも、おすすめしたいキッチンです。

7-2.家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたい人

アイランドキッチンは「家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたい人にも向いています。

「オープンキッチン(対面式)なら、どれも同じでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、コミュニケーションのしやすさでアイランド型に勝るキッチンはありません。キッチンのどの場所に立ってもスムーズにやり取りできるのは、アイランドキッチンだけです。

キッチンに立つ人の姿がリビングにいる人の視界に入るので、「洗い物が多くて大変そうだから手伝おう」「もうすぐ調理が終わりそうだから、食事の準備をしよう」というシチュエーションが生まれやすくなります。

そのため、下記に該当する人はアイランドキッチンの設置を検討してもいいでしょう。

  • 家族が家事や料理に参加して欲しい
  • キッチンに立ちながら子どものリビング学習をチェックしたい
  • テレビを見ながら調理したい
  • キッチンに1人でいるのが苦手

7-3.片づけや掃除に自信がある人

アイランドキッチンは、片づけや掃除に自信がある人におすすめです。

なぜならアイランドキッチンはこまめな掃除が必要だからです。料理後にすぐに片づけや掃除をしないと、あっという間に汚れたり、雑多な雰囲気になったりします。

残念ながら「後でまとめて片付けよう」「汚れが目立ったら一気に掃除しよう」というタイプの人には不向きです。

また、家族の協力が得られるかどうかも重要なポイントになります。

あなたがどんなにキッチンをキレイにしても、家族の中に、

  • 使用後の調理器具を出しっぱなしにする
  • 汚れた食器をキッチンに放置する
  • キッチンの上にすぐ物を置く
  • 整理整頓が苦手

に該当する人がいる場合、キレイを維持するためにかなりの労力が必要になります。

あなた1人が頑張ればいいと決断してしまうと、後悔する恐れがあります。家族みんながキッチンをキレイに使えるか、という視点で判断すると失敗がないでしょう。

7-4.インテリアにこだわりがあり、スタイリッシュなキッチンを希望する人

アイランドキッチンは、インテリアにこだわりがあり「理想のLDKにしたい!」という人に最適です。

どのメーカーのアイランドキッチンも「見られることを意識したデザイン」であることが多く、とても素敵です。設置するだけで空間全体がおしゃれな雰囲気になるのが嬉しいですよね。

またキッチンを自分好みにカスタマイズすることで、リビングとキッチンの空間全体をデザインすることも可能になります。インテリア雑誌や映画などで見て憧れていた理想のキッチンを実現することもできるでしょう。

アイランドキッチン風のおすすめレイアウト2例

ここまで読んで「アイランドキッチンに憧れていたけれど、自分には難しいかも」と感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし諦めるのはまだ早いです。実は別の種類のキッチンでもアイランドキッチン風に見せる方法があります。

ここではアイランドキッチン風のおすすめレイアウトを2例ご紹介します。

8-1.キッチン内に独立した作業台またはカウンターテーブルを設置する

1つ目はキッチン内に独立した作業台またはカウンターテーブルを設置する方法です。

キッチン自体は壁についていても、キッチンの中央に独立した作業台があれば、アイランドキッチンに近い雰囲気になります。

この方法のメリットは、以下の3つです。

  1. リノベーションの必要がなく、簡単にできる
  2. アイランドキッチンのデメリット(油はねや水はね、手元が丸見えなど)を気にしなくていい
  3. 作業スペースが追加で確保できる

キッチン内に作業台を置くスペースさえあれば気軽にできるので、アイランドキッチンにしようか迷っている人は試してみるといいでしょう。

8-2.L型キッチンをセミオープンにする

2つ目の方法は「L型キッチンをセミオープンにする」ことです。

セミオープンとは、キッチンの一部が壁についており、カウンターが付属したデザインのキッチンを指します。オープンタイプに近い開放感がありながら、腰壁があるので油はねや水はねのデメリットが軽減されます。

壁に接している部分があるので、家事動線はアイランドキッチンより確実に劣ります。

しかしアイランドキッチン特有のデメリットの大半が解消できるため、「アイランドキッチンにしたいけれど、デメリットが許容できない」という人におすすめの方法です。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

まとめ

この記事ではアイランドキッチンについて詳しく解説しました。

最後に記事のおさらいをしましょう。

アイランドキッチンは、LDK空間内に島のように独立しているキッチンのことです。

上棚がなく、キッチン本体がどこにも壁についていないので、開放感があります。

アイランドキッチンのメリットとデメリットは次のとおりです。

アイランドキッチンを快適に使うためには、次の3つの対処法が有効です。

  1. 油はね&水はねはアイディアをフル活用する
  2. 換気扇や魚焼きグリルなど消臭効果の高い設備機器を選ぶ
  3. 収納力の高いキッチンを選ぶ

アイランドキッチンのリノベーション費用の目安は150~250万円、期間はだいたい2~3週間必要です。

ただし工事内容によっては3週間以上かかることもあるので注意しましょう。

アイランドキッチンが向いている人は次のとおりです。

  • ホームパーティーや複数名での料理の機会が多い人
  • 家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたい人
  • 片づけや掃除に自信がある人
  • インテリアにこだわりがあり、スタイリッシュなキッチンを希望する人

アイランドキッチンはとても素敵ですが、使う人を選ぶキッチンでもあります。

キッチンは毎日使う場所ですから、後悔のないようにしたいもの。あなたや家族にとって最高のキッチンを作るためにこの記事を参考にして頂けると幸いです。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!