2022.09.12 更新 2018.12.24 公開

和室をリノベーションで洋室にするコツ!費用・注意点も解説

お家のリビングに隣接した和室があるけれど、なんとなく使い勝手が悪いと感じている人は、リノベーション(リフォーム)を検討してみることをおすすめします。

洋室化してリビングと一体化させれば、今の暮らしにあった快適で広々としたリビングを実現できるかもしれません。

今回は、和室リノベーションについて、以下の内容を紹介します。

  • 和室をリビングと一体化させるリノベーションの種類
  • 和室リノベーションの費用相場
  • おしゃれな和室リノベーションの事例
  • 和室リノベーションのポイント

ほかにも工事にかかる日数や施工時の注意点、DIYのアイデアなども紹介しますので、和室リノベーションに関心のある人はぜひ参考にしてください。



「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

和室をリビングと一体化させるリノベーション3種類

隣接したリビングと和室を一体化させ、広々とした空間を確保するリノベーションは実際施工する人の中でも人気があります。

ただしこの場合、以下の3つのポイントのどれを優先するかによって仕上がりもかかる費用も大きく異なる点に注意が必要です。

  • コスト
  • バランス
  • クオリティ

それぞれのパターンの概要を見ていきましょう。

1-1. コスト重視の和室リノベーション

コストを重視して、和室とリビングを一体化させるリノベーションをする場合、床、壁、天井、その他の工事に分けられます。

1-1-1. 和室の床リノベーション

和室の床は、畳からフローリングに変更し、リビングのスタイルに統一する必要があります。このときリビング側のフローリングと同じものが廃盤になっていたり、同じ素材でもリビングのフローリングが色あせていたりすると、色に違いが生じることがあります。

また、和室だったエリアとリビングの境には見切り材を設置するため、床を2つに分けているような見た目になるのもデメリットです。和室の畳の厚みとリビング側のフローリングの厚みが異なるので、フローリングの高さに合わせてレベル調整をおこなう下地木工事も必要です。

1-1-2. 和室の壁リノベーション

和室とリビングを仕切る壁や建具を取り去ります。あわせて壁、床、天井の補修工事、壁や天井のクロスの張り替えもおこないます。

壁のクロスも、リビングと同じものが廃番となっていたり、新しいクロスと旧クロスとの間に色の違いが生じたりすることがあるため、事前に確認しておきましょう。撤去した壁の周辺のみの張り替えにとどめておけば、コストを抑えられるのがメリットです。

1-1-3. 和室の天井リノベーション

和室の天井は木目のラミネート天井である場合が多く、解体して造り変えるのが一般的です。ただし解体がともなうと費用がかさむ傾向があるため、安価に済ませたい場合は、天井材の上にベニヤを直張りしてパテ処理をおこない、クロスで仕上げます。

1-1-4. その他の和室リノベーション工事

壁を撤去する際にコンセントなどがある場合は、電気工事が必要です。また、和室の窓に設置された障子は撤去しますが、敷居などは残したままでカーテンレールを取り付けます。

和室に押し入れなどがある場合は、中はそのまま、ふすまだけを洋風の引き戸に交換するとリーズナブルです。

1-2. バランス重視の和室リノベーション

バランスを重視したプランは、コスト重視プランよりも費用がかかりますが、和室だったエリアとリビングの一体感を得られるのがメリットです。

この場合、床に関しては、コスト重視プランと同様の方法を採用します。見切り板を設置しなければならないデメリットはありますが、リビングの床の張り替えが不要であるためコストを抑えやすくなります。

一方、壁と天井は、旧和室とリビングダイニングのすべてをこだわりのクロスや壁材で張り替えます。また、押し入れは中間棚を取り払ってクローゼットに改築すると、長い洋服などを掛けられるようになり使い勝手がよくなるでしょう。

1-3. クオリティ重視の和室リノベーション

クオリティ重視プランは、ひとつの空間として統一感のある美しい仕上がりになるのがメリットです。

この場合、和室とリビングダイニングの両方で、既存の床と壁を撤去して新たに張り替えます。和室天井は解体してリビングの天井と同じ高さにし、障子の枠や敷居も洋風のものに変更します。

ただしクオリティ重視プランでは、「漆喰や珪藻土で塗り壁にしたい」、「無垢材などの自然素材を活用したい」など、材料にこだわればこだわるほど費用が高額になるのがデメリットです。

予算内でどこまで実現できるかをリノベーション会社と相談し、妥協点を探りましょう。

和室リノベーションの費用相場【施工内容別】

和室リノベーションは、どのプランを選ぶかはもちろん、広さや選ぶ素材によってかかる費用が異なります。明確な額はお伝えできませんが、おおよその相場観をチェックしておきましょう。

和室リノベーションの費用相場

2-1. コスト重視の費用相場

コスト重視プランで和室とリビングを一体化させるリフォームをした場合、床工事が約20万円、壁工事に約4万円、天井工事は約5万円、その他の工事には約10万円かかるとして、総額は39万円ほどです。概算ですが、余裕を見て45万円以内に収まります。

2-2. バランス重視の費用相場

バランス重視の場合は、床工事は変わらず約20万円、壁工事にも約20万円、天井工事は約6万円、その他の費用は約16万円と考えて、総額約62万円のリノベーション代がかかります。ざっくり60~70万円と考えておきましょう。

2-3. クオリティ重視の費用相場

クオリティ重視でリノベーション(リフォーム)すると、床工事に約40万円、壁と天井のクロス張り替えに約20万円、天井の解体と高さ調整に約15万円、その他に約20万円かかるとして、総額約95万円のリノベーション費用がかかります。100万円前後は見ておいた方がいいでしょう。

2-4. 和室を洋室に変える際の費用相場

和室とリビングを一体化させるのではなく、あくまで和室から洋室に変更するのみのリノベーションをおこなう方法もあります。この場合、統一感を出す必要がないためリノベーション面積は小さくなり、和室とリビングを一体化するよりも費用は少なくて済むのがメリットです。

ここまでフローリング、壁、天井それぞれのリノベーションが必要になることをご紹介しましたが、素材や用途によって費用もさまざまです。

以下の記事を参考にしながら検討してみてください。

>>おすすめ記事:壁紙リノベーションの値段相場とおすすめクロス5種類をご紹介!
>>おすすめ記事:天井リノベーション!こんなときどうする?5つの病状別で相場もスッキリ

和室をおしゃれにリノベーションした事例5選

ここからは、実際におしゃれな和室へとリノベーションした施工事例を5つ紹介していきます。和室リノベーションを検討する際の参考にしてみてくださいね。

【事例1】和室から店舗のような作付けソファが印象的なLDK

大きめのプロジェクターを置いても違和感がない広々空間へとリノベーションしました。壁面にソファを造作したので、大人数をおもてなしできます。

<Before>

和室リノベーション事例①before

<After>

和室リノベーション事例①after

<間取り図>

和室リノベーション事例①間取り図

3-1.【事例2】LDKと和室をつなげて全体の回遊性をアップ

リビングダイニングと和室の境目をなくし、キッチンも一体化させています。寝室へ回遊する通路にもドアを設置せず住まい全体が緩やかにつなげたため、リノベーション前よりもはるかに広い印象を与えています。

<Before>

和室リノベーション事例②before

<After>

和室リノベーション事例②after

<間取り図>

和室リノベーション事例②間取り図

3-2.【事例3】和室から広いモダンなLDKに

和室2部屋分と洋室、LDKをすべて一体化させることにより、シックなトーンでデザイン性の高い大空間を実現。将来的に必要になったら壁をつくることで、間取りを自在に変えられるプランです。

<Before>

和室リノベーション事例③before

<After>

和室リノベーション事例③after

<間取り図>

和室リノベーション事例③間取り図

3-3.【事例4】リビングの一角に和室を新設

リビングの一角にある和室

あえてLDKの一角に和室スペースを残したプランです。和のインテリアを楽しみながらくつろいだり、趣味に集中したりできる落ち着きある空間になりました。また、お客さまが泊まりに来た際に、お布団を敷けるスペースにもなります。

3-4.【事例5】小上がり和モダンスペースと床下収納

小上がりのある和室

リビングに小上がりのスペースを設置し和のテイストを残し、さらに畳の下を床下収納にしました。小さなお子さんがいるご家庭なら遊ぶスペースとして使えるうえ、リビング収納がぐっと増えて便利です。

おしゃれな和室へリノベーションするポイント

今どきでおしゃれな和室にリノベーションするポイントは、隣接する部屋を含めて空間に統一感を出すことです。

どうすれば統一感が出せるのか、2つの方法をご紹介します。

4-1. LDKと一体になる開放的な空間をつくる

和室リノベーションでおしゃれな空間を実現するには、LDKと一体感のある開放的な空間づくりを目指しましょう。床や天井の高さを合わせると一体感を、間仕切りを撤去すると開放感を演出できます。

ただし住宅の構造によっては、間仕切りの撤去に制限がある点には注意が必要です。

あらかじめリノベーション会社の担当者に撤去できる壁かどうかを見極めてもらい、少しでも理想に近づくプランを提案してもらいましょう。

4-2. 小上がりや縁なし畳などのアクセントを加える

和室を洋室にするのではなく、リノベーションしておしゃれに仕上げるのであれば、琉球畳など縁のない畳や小上がりなどを採用するのも方法のひとつです。

縁なし畳は洋室と調和しやすく、部屋を広く感じられるようになるのもメリットです。対して小上がりを置いた場合は、空間に立体感が出ておしゃれに見えます。

段差を利用して引き出しを設けることで収納スペースが増え、部屋を片づけやすくなるほか、人が集まったときに椅子やソファの代わりになるのも小上がりのメリットです。

小上がり和室については、こちらの記事で詳しく紹介しています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

和室をリノベーションする場合の工期は何日くらい?

工事をする前に知っておきたいのが、その期間ですよね。和室を洋室にしてリビング側と一体化させる場合は、1ヵ月前後を想定しておきましょう。

工事期間中はメインとなるリビング空間が使えなくなってしまうので、場合によっては仮住まいの部屋が必要になるかもしれません。

和室のリノベーションの注意点(防音基準)

マンションの和室をリノベーションする際に気をつけたいのが、「防音基準」です。お住まいのマンションの管理規約を見ると、「防音規定」が定められているはずです。和室の畳をフローリングにする場合、この基準を満たす床材にする必要があります。

一般的なフローリングなら、基準値に達している製品が販売されているので問題ないケースがほとんどです。しかし無垢フローリングにしたい場合には要注意です。無垢フローリング材には防音性能はないものが多いため、下地材でカバーするなど工夫が必要になるでしょう。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

DIYで和室をリノベーションするには?

DIYに興味がある人は、できることならマンションの和室リノベーションも自分でやりたいと思うのではないでしょうか。

しかしここまで紹介してきたとおり、和室のリノベーションは壁や床、天井、さらに電気工事なども関わってくるため、個人ですべておこなうのはなかなか難しいのが正直なところです。

仕上がりや時間・手間を考慮すると、プロにおまかせするのが賢明です。

賃貸で洋室を和室にできるDIYリノベーションアイデア

賃貸の場合は、原状回復できる範囲でリノベーションをおこないましょう。

たとえば床にウッドカーペットを敷けば、あっという間に洋室になります。接着剤などを使わず置くだけなので、原状回復も簡単です。

また、リビングと統一感を出したい場合は、同じクッションシートやフロアタイルでひと続きにするのがおすすめです。床面がそろうと視野が広がり、見た目も広々とした雰囲気になります。

和室の壁は、原状回復ができるよう、マスキングテープや両面テープ、大きなホッチキスのようなタッカーを使って壁紙を貼るとよいでしょう。

まとめ

和室のリノベーションは、隣接する部屋とどの程度の統一感を求めるかにより工事の範囲や費用が大きく異なります。基本的には統一感を求めるほど工事規模は大きくなり、費用も高くなっていきます。

また間仕切り壁の撤去については、住宅の構造によりできない場合がある点にも注意が必要です。和室リノベーションは難易度が高いためDIYは避け、どの範囲まで工事が可能かリノベーション会社に見てもらったうえで相談しながら進めましょう。

なおゼロリノベでは、予算立てから物件選び、プラン設計、リノベーション工事まで、家づくりのすべてをワンストップでサポートしています。和室のリノベーションに関しても、予算にあわせて少しでも理想に近づくプランのご提案が可能です。

音声ミュート&顔出し不要で参加できるオンラインセミナー「小さなリスクで家を買う」も毎週開催していますので、ご自宅から気軽に参加してみてくださいね。

おすすめ

イベント画像

〜毎週開催〜 小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!