skip to Main Content

リノベ実例 2019.05.04 更新2019.02.24 公開

東京都板橋区「上板橋」63㎡ リノベーション事例

上板橋の中古マンションのリノベーション後のリビングからのキッチン
LINEで送る
Pocket

  • エリア:東京都板橋区
  • 交通:東武東上線「上板橋」
  • 専有面積:63.54平米
  • 築年月:1979年 12月

月々総支払い額:103,111円

*「物件価格・リノベ費用・管理費・修繕積立金」込み
*「住宅ローン変動金利0.7%・35年返済」の場合
*「実際のお客様の支払い条件・総支払額」とは異なる

上板橋の中古マンションのリノベーション後のリビング
上板橋の中古マンションのリノベーション後のリビングからのベランダ
上板橋の中古マンションのリノベーション後のベッドルーム
上板橋の中古マンションのリノベーション後のサニタリー
上板橋の中古マンションのリノベーション後のリビング

リノベーション後

  • ブルーを基調とした清潔感のある空間
  • 玄関まで光が届く開放感あふれる設計
  • 洗面所・トイレでは海外を彷彿させるラグジュアリーな仕上がり
  • リビングから広々としたベランダに繋がる設計

リノベーション前

間取りを自由自在に

上板橋の中古マンションのリノベーションのビフォーアフター

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
最初は結構ふんわりでしたね。マンションを買う気持ちはあったのですが、あまりタイミングは考えていなくて。嫁さんから「リノベーションっていうのがあるんだよ」と聞いて、リノベーションについて全然知らなかったから、いろいろと教えてもらいました。僕は「新築マンションがきれいだから良い」と思っていたけれど、そういうわけではないと言うのを聞いて、徐々に。

LINEで送る
Pocket


家賃などを考えて、家を買おうと思ったのですか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
うーん。そうですね。

<奥様>
うん。家賃が一番大きいかな。

LINEで送る
Pocket


家を買おうかとなった時に、どんなところが不安でしたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
1番はお金ですかね。ローンを組んで、35年どうやって暮らして行くのかと。シミュレーションするまでは、本気で心配でした。

LINEで送る
Pocket


新築のモデルルームなどは見ましたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
行ってないね。

<奥様>
うん。1つも見てない。

リノベーションが流行り出した頃、何年か前だと思うのですが。スーモの駅とかに置いてあるフリー雑誌を読んでいました。そういうのを見るのが好きだったから。その時に、中古を買ってリノベーションをするという方法があるのを知って、それが良いのではないかというのが頭の中にずっとありました。

結婚するってなった時には、「家はおいおい欲しいよね」という話はしていました。家賃をずっと払い続けるのも嫌だから、早い方がいいよねって話も。だから、何となく説明を聞きに行ったりはしていて、「やっぱり中古リノベだね」となりました。

<ご主人>
うん。

LINEで送る
Pocket


お金の不安が解決されたのはいつですか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
FPさんとお話して、計算していただいて「これだったら大丈夫ですよ」と言われて、ようやく安心しました。

LINEで送る
Pocket


このエリアを選んだ理由は?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
最初はこの辺りは全然考えていなかったのですが…。

<ご主人>
23区内だと良いなとは思っていました。通勤もしやすいし。深夜の帰宅もあるのでタクシー代も考えて…。僕は目黒に勤めているので、目黒から千葉寄りに行っちゃうと、それはまたそれで価格が高くて困るので、台東区とか江戸川区とかその辺りはあまり考えていなかった。

2人とも結婚する前から池袋周辺に住んでいました。結婚した後は練馬に。だから、漠然と「池袋に近いところがいいのではないかな」とは思って探し始めました。池袋界隈で…練馬区や豊島区を考えたから、板橋区は考えていなかった。最初は確か練馬に行ったのですが、田端さんが「もう少しエリア広げてみてもいいのではないですか?」と言ってくれて。

<奥様>
練馬、結構高いんですよね。

<ご主人>
それでこの物件に巡り合って上板橋に。通勤に関しては、練馬とあまり変わらなかった。しかも、ルーフバルコニーもあったので、もう即決です。(笑)

<奥様>
ここは、管理状態も良かったので。たくさん見に行く中で目が肥えて、物件探し担当さんも一緒に、ここなら管理状態も良さそうですねと言って、心配事がなかったです。ここに即決でしたね。

Q.奥様、今はお仕事の方は?

<奥様>
仕事ですか?自宅でしています。通勤とかはないです。

Q.では、旦那様の通勤でエリアを絞られたということで。

<ご主人>
そうですね。

Q.自由設計リノベを選ばれた理由は?

<奥様>
配管などから変えた方が結局は良いので。どうせ住むなら、いったん全部壊してスケルトンにしてからの方が良いのではないかと。あとは、どうせなら自分たちに合った間取りとお部屋にしたかった。自分仕様になっていないと、絶対いやかも。

Q.自宅でお仕事をされていると、余計にそうかもしれませんね。

<奥様>
はい、そうですね。

LINEで送る
Pocket


ゼロリノベを知ったきっかけは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
他のよく広告が出ているリノベ会社に説明を聞きに行った時に、ワンストップリノベーションという考え方を知りました。でも、すぐにそこの会社には決めずに、何軒かリノベ会社さんを探していました。その中で、リノベ会社を探す比較サイトを見つけました。どこが何をできる、できないとかの表があって、その表の中でゼロリノベさんは、ほとんど○だったんです。

一級建築士がいるとか、ファイナンシャルプランナーがいるとか、いろんなできるできないを○△×◎で評価してあって、ゼロリノベさんは90%くらい○。(笑)それがきっかけでセミナーに行ってみたら、良かったので。

ホームページの最初で「デザイン性は当たり前」って謳ってるのもいいですよね!そりゃ当り前ですよね、デザインはどこでもちゃんとした人がやっているのですから。その上での信頼とか、コストとかの問題ですものね。

LINEで送る
Pocket


ゼロリノベにお願いしようと思った決め手はありましたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
セミナーでお話聞いた時には、もう多少勉強していたので、知識はありました。実は、気になる物件もありました。セミナーが終わってから、個別に話してそのことを言ったら、「その物件良いですね」と言ってもらいました。「ちょっとじゃぁ見に行きますか」と、後日スケジュール組んでもらって。

<奥様>
本当はちょっと順番が違うけど、「早めに押さえないと」って。

<ご主人>
その物件を見に行って、物件探し担当さんと会って話を聞いて、僕としては決めちゃう勢いだった。けれど、そこは大きな道路沿いだったから、空気が悪くて止めました。

申し込みもしていないのに、こんなに良くしてくれて。これが決まるってわけじゃないのに動いてくれたのが嬉しくて。熱心にやってくれたので、この会社なら間違いないと感じて、駒込にある事務所に行きました。そこで話を聞いたときに、本当の順番は違ったけれど、気になる物件があるなら早めに物件を押さえた方がいいと説明してくれました。そんな風に動いてくれたゼロリノベさんが良いなと思いましたね。その場で決めました。

LINEで送る
Pocket


この空間のコンセプトは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
お酒とパーティーと優雅な暮らし。11月に引っ越してきて、もうホームパーティーを3回はしています。イベントの多い時期だったので、クリスマスとか忘年会新年会とかで。

Q.リアクションはいかがでしたか?

<奥様>
大好評でしたよ。

<ご主人>
みんな、入ってきて第一声「うわぁ~」って言いますね。普通のマンションの外観からは想像できないじゃないですか、この中身。

<奥様>
インスタとかで私が部屋の写真を上げたのを見た友だちに、住所とマンション名を伝えてきてもらったことがありました。でも、このマンションだとは思わなかったみたいです。中を見た感じと、外観とが結びつかなかったんですね。

LINEで送る
Pocket


設計プランを決める過程で楽しかったことは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
全部楽しかったです。

<ご主人>
最初の設計プランが出てくるまでのワクワク感がすごかったです。ヒアリングから始まって、シートなども書いて、「どんなのが出てくるんだろう」と。
それと、決まってからすごくテンションが上がったのは、設計担当さんが作ってくれた模型っていうんですか?何十分の1スケールのものを見た時に、「おー!こうなるのか」と。

<奥様>
今も大事にとってあります。

<ご主人>
ライトを当てて、「西日はこう射してくる」とかやっていました。

Q.タイルとか塗装とか、オープンハウスの時にも確認したと思いますが、奥様によりこだわりがあったようですね。

<奥様>
そうですね。海外の海沿いのお家みたいにしたかったです。場所は南仏などのヨーロッパ、ビーチハウスのイメージですね。ビーチ沿いにあるカフェとかお店、カジュアルなホテルみたいに。単純に海が好きというのもありますが、ビーチハウスにピンポイントで合わせたわけではなく、海外のお家っぽくしたかった。ネットで見たりして、可愛いのを探して。

Q.タイルとか壁とかも海外っぽいですね。コンクリートがむき出しなのも。

<奥様>
コンクリートが好きなので。(笑)

Q.実際に住んでみて気に入っているところや、よくいる場所は?

<奥様>
キッチンで作業していることも多いですし、キッチンが1番かな。

<ご主人>
ずっとソファーに座って、テレビつけて、お酒飲んでます。

<奥様>
海外ドラマでソファーにクッションがたくさん置いてあるので、うちも同じようにしています。(笑)

LINEで送る
Pocket


中古マンションを買って、リノベーションをしようかと考えている方にアドバイスを

LINEで送る
Pocket


<奥様>
新築と迷っている方に、新築は絶対やめた方がいい。

<ご主人>
言葉が強すぎるよ。(笑)

Q.僕らは言えないですけど、お客様の実際の声なので大丈夫です。ありがとうございます(笑)

<奥様>
新築マンションは、これから管理していくから、管理状態が分からないじゃないですか。中古なら、歴史があるから、今までどうやって管理してきたかが分かる。築40年の古いマンションでも、こんなに快適に住んでいるのだから、管理状態って大事。あとは、リノベーションして、自分の生活にフィットした中身にしないと、すごくもったいない。

<ご主人>
リノベーションだと間取りを自分で決められる。新築だと、できあがったもの。新築で買って改装する人もいるけれど、新築で価格が高い上に改築費用までかさむと、費用対効果としてはどうなのかな?中古マンションで20年以上だとほぼ最安値なので、安い金額で買って、自分なりに自分の空間を作れるというのは、本当にコストパフォーマンスとしては最高だな。おすすめです。

Q.回し者のようにすごく良いことをありがとうございます(笑)物件探しやリノベーションの準備についてはどうですか?

<奥様>
さらっと決める人もいますよね。でも、一生に一度の大きな買い物なので、突き詰めて、じっくりこだわって考えた方がいいと思います。好きなテイストだったりとかを整理してみたり。私はリビングとか洗面所とかに分けて、ノートにまとめていました。箇条書きで。

<ご主人>
知識を先に入れておくと、マンションを見に行って入った時に、管理状況の善し悪しを判断できます。もちろん、コーディネートしてくれる方もいるのですが、自分で分かると安心感がある。

難しいことではなく、基本的な知識があると、スムーズにいくと思います。いい意味で言う妥協もできる。プライオリティーも付けられて、ここだけは譲れないって言う所も分かる。ゼロリノベさんのセミナーで学ぶのがいいんじゃないですか?(笑)分かりやすかったです。

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

記事検索

同じカテゴリの他の記事

SEMINAR

小さいリスクで家を買う方法

毎週土日開催

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

OPEN HOUSE

ゼロリノベ物件見学会

月1回開催 @次回9月

セールスのないオープンハウス

オープンハウスのイメージ写真

F A Q

よくある質問

物件購入〜リノベ完成まで

モヤモヤをスッキリと

チェックリストのイメージ写真
Back To Top