ぐるぐるぐるっと楽しいおうち〈埼玉県〉69㎡

北浦和のの中古マンションのリノベーション後のリビング

  • リノベ費用:BASICプラン
  • 専有面積:69.43平米
  • 築年月:2000年 8月

月々の支払いに困らない「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

北浦和のの中古マンションのリノベーション後のリビング
北浦和のの中古マンションのリノベーション後のベッドルーム
北浦和のの中古マンションのリノベーション後の玄関から見たリビング
北浦和のの中古マンションのリノベーション後の玄関の靴箱収納と観葉植物

CONCEPT

  • キッチンを中心に回遊できるレイアウトづくりの中にアーチ開口を設けることで空間にゆるやかな仕切りを演出
  • プライベートと来客と入口を分けることでおもてなしの空間作りを片づけることなくできる形へ
  • 帰宅後の手洗い、お子様の一時洗いを考え洗面をあえて通路へ設置
  • DIYのポイント壁として無塗装シナベニヤ仕上げとし今後の生活の変化に楽しみをプラス

リノベーション前

間取りを自由自在に

北浦和の中古マンションのリノベーションのビフォーアフター

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?

<ご主人>
前の賃貸は狭すぎて、もう完全にこの子(お子様)のために買いました。最初に考えればよかったですけど、生まれた後から計画し始めちゃって。

Q.賃貸の場所はこの辺りでしたか?

<ご主人>
会社の近くなので、以前は、駒込あたりでした。この新しい家も会社からは遠くないですね。

家を買おうと思った時、不安に思ったことはありましたか?

<ご主人>
お金の心配しかしなかったですね。それ以外は、全然考えていなかったです。

ゼロリノベ以外にもリノベ会社に行きましたか?

<ご主人>
1社だけ、すごくさわりの所だけ聞きましたが、やっぱり聞いた感触が。それから、駒込に住んでいたので、とってもゼロリノベが近かった。なんせこの子がいるので、密に話し合いもしなければならないだろうから、行きやすい方がよかった。

Q.ゼロリノベはネットで見つけていただいたんですか?

<奥様>
いえ、最初はポストに折込チラシが入っていて。

<ご主人>
たまたまそれに、セミナーがありますよって書いてあった。

<奥様>
セミナーに行って。それまで全然家を買うことは本格的に考えていなかったけれど、セミナーで聞いたら「もう買っちゃった方が良いんじゃない?」と思った。

セミナーでお金の心配は解消しましたか?

<ご主人>
そうですね。中古を買うという発想は当時なかったので、知らないことだった。言われてみれば、中をきれいにしちゃえば問題はないし。元々新品でなくては嫌というのはなくて、中古品も買っていた。だから、家だって別に中古で良い。

Q.旦那様も奥様もその辺りは同意見ですか?

<奥様>
家の間取りとか見るのが好きだった。建売の戸建てとか新築のマンションとかよく見ていたけど、間取りが好きにできないじゃないですか。だったら、中古のマンションを買ってリノベーションしたら暮らしやすいのにって。値段も安くすむし。

このエリアを選んだ理由はありますか?

<ご主人>
うちの会社の先輩が家を買うと、大体この埼玉の大宮から川口の間くらいが多いという前例があったので。あとは、単純に値段的に。

<奥様>
値段的に手が届く範囲だと。あとは、人通りが多くて周辺環境が治安のよさそうなところ。

<ご主人>
社長さんもオススメしてくれたんですよ。(笑)浦和の出身らしくて。

リノベ済物件ではなく、自由設計リノベを選んだ理由は。

<ご主人>
自分たちの好きな間取りにしたかったので、自由設計リノベを選びました。どうしても建売はリノベ済であっても、間取りは決まってしまっているので、僕たちはそれが気になるというか、いろいろやりたかったんです。

Q.施工時間がかかっても、待つ価値はありましたか?

<ご主人>
そうです。

<奥様>
保育園の関係で3月くらいに入居したかったから、施工時間は逆に長い方が良かった。

<ご主人>
タイミングがすごく良かったんです。最初に契約したのが5月くらい。そこから1年弱の時間を丸々かけてやりました。保育園途中じゃ厳しいですからね。(笑)4月入園じゃないと。

ゼロリノベを選んだ決め手は?

<ご主人>
セミナーの時から雰囲気が一貫して同じで、話しやすい。目線がやる側と客って感じじゃなくて、近さを感じて話しやすかった。会社って感じがあまりしなかったですね。(笑)セミナーにいた方が、元々はお客さんだったけど、そのまま勤めたと言っていたのも印象に残っています。

この空間のコンセプトを教えてください。

<奥様>
最初はこのタイルは入れようか入れないか、本当にすごく悩みました。わたしは、青が好きなので、ブルー系で、ドアとか。タイルの色とかも揃えてもらいました。

<ご主人>
そうだね、タイルはわざわざ入れたもんね。

Q.海外っぽい感じですよね。カフェっぽいというか。

<ご主人>
そこをイメージしたんだよね。洗面所も外に出したいと言って。普通だったら、中の風呂の前にするんでしょうけど。

<奥様>
あと、洗濯物を干すバーも作ってもらった。

<ご主人>
あー、その辺りだと自分は一番使い勝手がいいって言って、取り入れてもらったよね。

設計プランをしている中で楽しかったことは?

<奥様>
間取りを考えたりだとか。

<ご主人>
結構、紆余曲折あったんです。最初はもう、浴室ごとこっちにずれるみたいな。

<奥様>
もうちょっと広く、ここら辺まで浴室にする予定だったんですけど、できなくなって、大幅に間取りの変更をすることになっちゃったんです。でも、快く対応してくれて。

<ご主人>
でも、今こうして住んでみると、むしろこの方が良かったぐらい。

Q.ゼロリノベのインテリアコーディネートはいかがでしたか?

<ご主人>
そうですね。机、いす、ソファー、あとは洗濯バーの高さがちょうどよくて良いですよね。単純なことですけど。

<奥様>
色合いがそろっているので、統一感があってよかったです。

実際に住んでみて気に入っているところはありますか?

<奥様>
主人はここのソファーで、テレビ見てます。(笑)私は、キッチンで働いていてもテレビが見えるので、気に入っています。全体が見られるので。

<ご主人>
そうだね。子供的には、ドアがなくて部屋が完全にぐるっとつながっているので、走り回れるのが楽しいみたいで。リノベ前は狭かったので。仕切りもカーテンにしたので、子供も突っ込んで走っています。

Qドアがないと言うのは、子供にとって良いかもしれないですね。

<ご主人>
それも設計の人にオススメしてもらったんです。後からでも壁は作れますからって。作り終わってから、消防の点検とか荷物の搬入とかで業者さんが来る機会があって、他の部屋も見ているせいか「すごいですね。全然雰囲気が違う」って。

Q.確かにそうですよね。色々な部屋を見ているから。

<ご主人>
何部屋か回ってうちに来て「なんだここは」みたいな。それを言われると、すごく嬉しいです。(笑)異空間が広がっているみたいな。(笑)リノベ前は本当に「ザ・マンション」みたいな感じ。玄関を入ったら、廊下が即あって、両側に部屋があって、奥の部屋につながっていたから、全然違う。明るさも違いますしね。

今後購入を考えている方へのメッセージやアドバイスをお願いします。

<ご主人>
多少迷っても、よさそうな物件があったらすぐに買った方が良い。ここも自分たちが来る前にもう10人ぐらい見に来ていたと言われた。契約が終わった後にも売主さんに手紙が来て、「契約破棄の料金も払うから、うちに売ってくれ」とか。そんなのが2~3通来たらしいです。そういう物件だったので、あの時内見に社長さんとおうちナビゲーターさんと来たんですが、2人の太鼓判ももらったので、もうその日その場で決めちゃった。(笑)

Q.ここは内見何軒目でしたか?

<奥様>
1軒目でした。1軒目にここに来て、その日に3軒見て。

Q.インタビューをしていると、不思議と1軒目に決める方が多いですね。初めての家購入で、初めてここを見て、ここに決めましたって方多いです。やっぱりご縁があるのかなって。

<ご主人>
たまたま売るのも9月とかで、その時5月だったから「引き渡しが遅くなるんですけど」と言われた。うちはむしろその方が良かったので。遅い方が良かったから。余計なお金もかからないですし。逆に普通の人はそこがネックで買うのに二の足を踏んだようです。

Q.早いですね。(笑)

<ご主人>
トントンと。ものがものだけに、二の足を踏んでしまう面はあると思うんですけど、そこは直観とゼロリノベさんを信じて、進んじゃった方が良いと思います。

Q.すごくいい言葉をいただきました。(笑)

<ご主人>
本当にこれでよかったって感じ。(笑)

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!