skip to Main Content

東京都「国立」70㎡ リノベーション事例


国立の中古マンションのリノベーション事例のベッドルーム
  • エリア:東京都国分寺市
  • 交通:JR中央線「国立」
  • 専有面積:70.54平米
  • 築年月:1995年 1月

月々総支払い額:119,182円

*「物件価格・リノベ費用・管理費・修繕積立金」込み
*「住宅ローン変動金利0.7%・35年返済」の場合
*「実際のお客様の支払い条件・総支払額」とは異なる

国立の中古マンションのリノベーション事例のトイレ
国立の中古マンションのリノベーション事例のリビングとキッチン
国立の中古マンションのリノベーション事例のキッチン
国立の中古マンションのリノベーション事例のキッチンカウンター
国立の中古マンションのリノベーション事例のインテリア
国立の中古マンションのリノベーション後の小物
国立の中古マンションのリノベーション後の時計

リノベーション後

  • 自転車もらくらく置ける広々とした土間玄関
  • 光と風が抜ける回遊性のある間取り
  • 思い切り料理ができる二の字の造作キッチン
  • コンクリートと無垢材を組み合わせた大人空間

リノベーション前

間取りを自由自在に

国立の中古マンションのリノベーションのビフォーアフター

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?



<ご主人>
最初は、賃貸でも良いかなって思っていたと言うか、あまり考えて無かったですね持ち家っていうの。

きっかけは僕の年齢ですね。年齢でローンがそろそろ組めないかなと思ったので。あとはゼロリノベでマンションのリノベした人がいたので、その人の話を聞いていて、良いかもなって。良い機会になったっていう感じですね。


最初からマンションを購入してリノベーションすることを前提としていましたか?



<ご主人>
そうですね。まず一軒家は防犯上嫌だという事だったので、2階以上のマンションで考えていたっていう感じですね。ここも一応オートロックで。家買おうかな、マンション買おうかなって思う前から引っ越した話とか聞いていて、中全部変えたとかって話は聞いていました。

割と潔癖なので中古マンションだと前の人が住んでいるじゃないですか。なので、全部変わるというか新品になるのはいいかなと。中全部変えちゃえば新築と変わらないので。


住宅購入にあたっての不安はありましたか?



<奥様>
お金?

<ご主人>
そうですね。高いなとは思いましたね。勤め先の界隈がすごく高くて心配でした。

あとはリノベーションの方も、実際こっちが思っていたもの、イメージみたいのが伝えられてちゃんと反映されるのかなみたいなのはありました。というかイメージすらあまりなかったりするので。どんな風にしてみたいなあんまり強く無かったので。


それらの不安はどのように解消されましたか?



<ご主人>
FPさんのお話聞いた時は、あじゃぁ行けるんだっていう安心感はあります。

<奥様>
あれは聞けて安心できたと思います。

<ご主人>
リノベーションは、どうしたもんか。という感じでしたが、設計士さんがいろいろやってくれて。勝手にやってくれたっていう。笑
提案してもらって、あぁじゃぁそれで良いかっていう感じで。

<奥様>
お任せしました。笑土間だけ欲しいって言ったくらい。

<ご主人>
そうですね、土間欲しいくらいでした。それくらいのリクエストでした。


ゼロリノべを知ったきっかけと決め手は?



<ご主人>
紹介ですね。紹介者さんを信用しているので。
<奥様>
安心。あの人なら大丈夫。
<ご主人>
あの人なら細かくチェックして決めたからなんか大丈夫みたいな。


このあたりのエリアを選ばれた理由は?



<ご主人>
東京初めて来たときにこっち側住んでいたんですよ。谷保に住んでいて。でまぁ馴染みがあったので。小金井とか住んでいたので、じゃぁこっち側だったら知ってるしいっかて言うので、国分寺とか府中とか回ってみて、まぁ落ち着いているし国立で探そうかって話になって、国立か国分寺かという感じ。


物件探しや、担当とのやり取りはいかがでしたか?



<ご主人>
国立で似たような3階建てか4階建てくらいの所があって、そこ良いかなと思ってたんですけど売れちゃってて、そのあとは良いところがなかなかなくて。

<奥様>
ピンと来なくてもう決めかかってて。

<ご主人>
国分寺で壁構造で壁が抜けないところを見に行って。

<奥様>
いっかって。

<ご主人>
もうここでいっかくらいの感じで物件担当さんにも手続きをお願いしてたんですけど。ここで良いかって決めたその日に、まだしつこく見てたら、ここが見つかったんですぐ電話してお願いしたんです。

<奥様>
手続きが始まっちゃってて、、なんかすいません、って感じで。

<ご主人>
それでも、「それだったら全然見に行った方が良いですよ」って言って頂いて。気に入ったらその場で決めるって家主さんに伝えた方が良いですよみたいなアドバイスももらって。


実際に住んでみて気に入っている場所はどこですか



<ご主人>
土間ですね。土間眺めてる。玄関の縁に立って土間を眺めてますね笑

<奥様>
たばこ吸いながらなんかあっちを見ています笑

Q それはどういう。。あ、しみじみ良いなぁと?なんか本を選ぶとかでもなくて?自転車を見ているとかでもなく、全体的に玄関を見てる感じですか?

<ご主人>
そうです。そうです。さすがに10分とか見ないですけど。

<奥様>
私はそこです、植木の。
Q ここなんですね?この三角の。土間。。やっぱり土間なんですね?もっとお酒の話か、キッチン回りの話が出てくるかと思ったんですけど。

<奥様>
土間。植物の手入れしつつ、喋ったり。ペットを飼えないから、ペットの代わりだと思って、どんどん増やそうかなっていう感じです。


住宅購入を検討されている方へ



<ご主人>
個人的にはちょっとまぁあるかもしれないですけど。あれこれ付けなかったんですよ。なんかもう当初はネットのインテリアや内装の写真を送ってこういうの良いなこういうの良いなみたいなのも思いつくレベルまで話してたりはしてたんですけど、結局はいらないかなってなってそこら辺結構削ったんですよ。

それでも残った分だけで全然良かったなと思っていて。

<奥様>
必要なものの見極め。

<ご主人>
見極めが出来ると良いかなと思います。あと、打ち合わせ始まったら自分たちでジャッジできるように、夫婦で話し合う時間を設けるのが良い。そうすれば、打ち合わせとかももっとスムーズに行ったかもなと。



Back To Top