2022.06.22 更新 2022.06.23 公開

【住宅断熱に関心”あり”は52%】東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人に聞いた、住宅の断熱への関心やメリットについてのアンケート調査結果。

断熱の関心有無のアンケート調査結果

リフォームやリノベーションでもできる「住宅の断熱」。停電などの想定外に備え、対応しやすい家づくりとは。

「大人を自由にする住まい」をコンセプトに、不動産仲介から設計・施工までワンストップ・リノベーションを展開する株式会社groove agent (本社:東京都港区北青山、代表取締役:鰭沼悟、以下ゼロリノベ)は、東京都に住む、30〜40代の既婚男女1000人を対象に、住宅の断熱への関心やメリットについてアンケート調査を実施いたしました。

【調査目的】
「電力需給のひっ迫による2022年夏季・冬季の計画停電を検討する」との発表を受け、想定外の停電も乗り越えやすい断熱が施された住宅についての関心度を把握することを目的に調査いたしました。

【調査対象】
東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人

【調査サマリ】
■住宅の断熱への関心。「ある」が52%、「ない」が48%。

■関心がある理由は「光熱費の節約になる」が68%。

■関心がない理由は「コストがかかる」が58%。

【調査結果】
■住宅の断熱への関心。「ある」が52%、「ない」が48%。断熱の関心有無のアンケート調査結果

ある 52%
ない 48%

■関心がある理由は「光熱費の節約になる」が68%。
断熱に関心がある理由のアンケート調査結果

光熱費の節約になる 68%
健康への配慮    15%
住宅への配慮    12%
環境への配慮    4%
売却時に期待できる 1%

■関心がない理由は「コストがかかる」が58%。
断熱に関心がない理由のアンケート調査結果
コストがかかる   58%
家電で十分だと思う 36%
その他       6%

【断熱について】
■断熱とは
室内側と室外側の熱移動を遮断して、外気温が室内に伝わりにくくすることです。
建物に断熱を施すことで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

■メリット
断熱を施すことのメリットとして、主に以下のことが挙げられます。

・光熱費の節約
夏は強烈な太陽の熱を遮り、冬は暖かい室温を屋外に逃しづらくなるため、冷暖房効率がよく光熱費の節約が期待できます。

・健康への配慮
暑い時期に心配な熱中症は、日中の暑い空気が建物内に残り、夜間でも発症することがあります。

また冬に高齢の方に起こりやすい「ヒートショック」は、急激な温度変化による血圧の急変動が原因となりますが、断熱を施すことで快適な室温を保ったり温度差が軽減されるので、熱中症やヒートショックのリスクを抑えることができます。

・住宅への配慮
外気温と室温の差により発生する結露は、壁紙の剥がれや木造の場合は腐食の原因になります。断熱で室内外の温度差をなくすことで結露を防ぎ、建物を清潔に保つことができます。

また、湿気によるカビやダニの発生を抑えることができ、アレルギー症状を軽減させることも期待できます。

・環境への配慮
断熱を施すと冷暖房の使用頻度が減り、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量の軽減に繋がります。

・売却時に期待できる
近年、物件価格の上昇とともに中古住宅の需要が高まり、買い換え・住み替えをしながら暮らす人が増えました。

売却するときに付加価値があれば、売値や買手のつきやすさに期待できます。

・国や地方自治体から助成金が受けられる
断熱は省エネとの関連性が高いため、さまざまな補助金制度があります。
受給するには一定のレベルを満たす必要があるので、確認が必要です。

■断熱はリノベーションでもできる
建物全体の断熱は、断熱塗装で外壁や屋根を塗装したり、外壁に断熱材を貼り付ける方法などがありますが、既存の建物をリノベーションする場合も以下の方法で断熱を施すことができます。

・壁・天井・床のスラブに断熱材を装填する
・窓に内窓を取り付けて二重にする

以下は、築30年の中古マンションに断熱を施したリノベーション事例です。
practical renovation〈東京〉74㎡
断熱を施したリノベーション事例

夫婦と2人の子どもの4人家族。ご主人が売却時を想定されていたこと、奥さまが以前の住居で湿気・カビに悩まされていたことから、断熱施工を希望されました。

外部に接する壁に加えて、外壁から1mの範囲に渡って天井と床に折り返し断熱を実施するほか、既存のアルミサッシに加え、通常よりも断熱性に優れた内窓を追加し、二重窓にしました。

【総括】
住宅に断熱を施すことで、気候の影響を受けづらく、快適に過ごすことができるほか、助成金や売却時にも期待することができます。

また、災害や今回のような突発の計画停電などの想定外の事態からも、自分や家族の身を守りやすくなるでしょう。

今回のアンケート結果をもとに、ゼロリノベはこれからも「大人を自由にする」住宅事業を展開してまいります。

【出典について】
本リリースは、自由に転載いただくことができます。
本リリースの著作権は株式会社groove agentに帰属しますが、以下の条件を満たす場合は利用権を許諾します。

▼利用条件
(1) 情報の出典元として「ゼロリノべ」を明記してください。
(2) 出典元として以下のURLへのリンクを設置してください。https://www.zerorenovation.com
(3) 当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
(4) 掲載内容をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます。

【アンケート概要】
調査方法:webアンケート方式
調査対象:東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人
調査期間:2022年6月17日
調査主体:株式会社groove agent(ゼロリノベ)/コーポレートサイトURL:https://www.zerorenovation.com

【株式会社groove agentについて】
2011年より中古住宅購入とリノベーションのワンストップサービスをスタート。
「大人を自由にすること」を目的に、住宅ローンや間取りにとらわれることのない「小さいリスクで家を買う方法」セミナーを無料開講し、物件探しから住宅ローン、リノベーションの設計・施工・アフターフォローまで、中古住宅購入とリノベーションの一連の流れをワンストップでサポートしています。

【会社概要】
会社名:株式会社groove agent
代表取締役:鰭沼 悟(えびぬまさとる)
設立:2011年11月11日
所在地:東京都港区北青山2丁目12−42
事業内容:不動産仲介、リノベーション設計・施工
コーポレートサイトURL:https://www.zerorenovation.com
ゼロリノベ本店URL:https://g.page/zerorenovation-minatoku?we
ゼロリノベ駒込店URL:https://g.page/zerorenovation-komagome?gm

 

おすすめ

イベント画像

〜毎週開催〜 小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!