2022.06.30 更新 2022.06.30 公開

【47%が戸建て育ち・戸建て購入を希望】東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人に聞いた、育った環境と買いたい家の種別。その他、「太陽光発電パネル設置義務化」の賛否に関するアンケート調査結果。

育った環境と買いたい家のアンケート調査結果

「戸建てかマンションか?」30〜40代の既婚男女が考える、それぞれのメリット・デメリットとは?

「大人を自由にする住まい」をコンセプトに、不動産仲介から設計・施工までワンストップ・リノベーションを展開する株式会社groove agent (本社:東京都港区北青山、代表取締役:鰭沼悟、以下ゼロリノベ)は、東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人を対象に、育った環境と買いたい家の種別、東京都が進める「新築建築物への太陽光パネル設置義務化」の賛否について、アンケート調査を実施いたしました。

【調査目的】
育った環境と買いたい家の関係性、家に求めるニーズを把握すること。また東京都による「新築建築物への太陽光パネル設置義務化」を受け、新築戸建て需要の変化を把握することを目的に調査いたしました。

【調査対象】
東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人

【調査サマリ】
■育った環境と買いたい家の関係性は「戸建てで育ち、戸建てを希望」が47%。

■集合住宅で育った40代は、男女共に集合住宅の購入を希望。

■東京都が進める「新築建築物への太陽光パネル設置義務化」への賛否。賛成は43%。

【調査結果】
■育った環境と買いたい家の関係性は「戸建てで育ち、戸建てを希望」が47%。
育った環境と買いたい家のアンケート調査結果
戸建てで育ち、戸建てを希望   47%
戸建てで育ち、集合住宅を希望  20%
集合住宅で育ち、集合住宅を希望 17%
集合住宅で育ち、戸建てを希望  16%

■集合住宅で育った40代は、男女共に集合住宅の購入を希望。
育った環境と買いたい家の性別・年代別のアンケート調査結果

性別・年代別の結果は上図の通りです。

それぞれの理由として、以下の回答がありました。(原文まま)

<戸建てで育ち、戸建てを希望>
・集合住宅に住んでいるが、戸建てで育ったので戸建てを持ちたい気持ちがある。(30代男性)
・戸建て育ちで、家=戸建てだと思ってるから。(30代女性)
・管理は大変だがプライバシーは確保できる。(40代男性)
・子供が走り回るので、戸建てのほうがいい。(40代女性)

<戸建てで育ち、集合住宅を希望>
・戸建てから集合住宅に引っ越して、管理の楽さやごみ捨てのしやすさを感じた。(30代男性)
・庭や外観のメンテナンスが大変だから。(30代女性)
・戸建ては完成した瞬間から経年劣化していくので、自身でメンテナンス、修繕をしないといけないのが手間だから。(40代男性)
・リノベーションしたマンションに住みたい。(40代女性)

<集合住宅で育ち、集合住宅を希望>
・戸建てだと全て自分自身で管理をしないといけないし、資産価値が下がりそうなので不安。(30代男性)
・近所の人を見ていると、戸建て、近隣のことが大変そう。(30代女性)
・集合住宅のほうが周りの人との連携がとりやすいと思うから。(40代男性)
・集合住宅のほうが冬の寒さが戸建てよりしのぎやすく、維持・管理がしやすいので。(40代女性)

<集合住宅で育ち、戸建てを希望>
・集合住宅ではテレワークに対応しにくいから。(30代男性)
・マンションは狭いようなイメージがあったから、庭がある玄関が広い家にあこがれていたから。(30代女性)
・社宅に住んでいたときは何かと自由がなかった。(40代男性)
・せっかく買うならば建物全てが自分のものになる方がいい。(40代女性)

■東京都が進める「新築建築物への太陽光パネル設置義務化」への賛否。賛成は43%

太陽光パネル設置義務化の賛否のアンケート調査結果

賛成 43%
反対 57%

それぞれの理由として、以下の回答がありました。(原文まま)

<賛成>
・援助してくれるならという前提で賛成。将来のエネルギーのために。
・電力不足のため、個人で発電できた方がいいから。
・エネルギーのことを真剣に考えるようになるから。
・コストは上がるかもしれないが、空き家問題や電力問題への解決策としては最善だと思えるから。日本には新築信仰があり捨てるべきだと思うから。
・原発は無くすべきで、その道筋としては必要かも。事業者に対してとの意味での賛成。個人宅の義務化では、少し考える。
・単に太陽光発電の総量が増えると安定供給の問題が出てくるので、都は電力会社と連携して、揚水式発電所などのバックアップ体制構築にも並行して取り組んでいってもらいたい。
・化石燃料に頼りすぎるのは将来的に不安だから。
・再生可能エネルギー推進は最優先な重要事項。

<反対>
・外観の見た目が悪そう。霰や雹などで破損した場合の修理費など余計な出費がかかりそう。
・メンテナンスが大変。すべて自己負担なら反対。
・故障した太陽光パネルの交換やゴミ出し費用はどうするのか。ゴミを増やすだけにならないか。
・結果的に消費者コストが上がるため。
・義務化される意味が分からないから。明確なメリットがないし、やるやらないは個々の判断にすべき。
・一過性のブームに過ぎず、技術が未発達。パネル寿命も短く、廃棄物で却って環境に悪い。
・現実に環境にプラスの効果があると思わないし、リスクとリターンが見合わない。
・屋根が重くなることで地震に弱くなること、過去に設置された太陽光パネルがこれから産業廃棄物として大量に出てくることから。
・初期コストは回収出来ず、発電効率も経年劣化で落ちるため。
・太陽の光が反射して近隣住宅に熱が拡散する恐れが濃厚で危険だから。実際に太陽光パネルの光害で家が灼熱となって苦しんでいる人がいるから。

【懸念を払拭するアイデア】
戸建て・集合住宅ともに、求める機能によってメリット・デメリットはありますが、アイデア次第でデメリットをメリットに変えることができるかもしれません。

<戸建て>
■「戸建ての寒さ」は断熱を施せば快適に過ごせる
戸建ては集合住宅よりも気密性が低いため、「寒い」という声が上がりました。

家に断熱を施すことで、夏や涼しく・冬は暖かく、快適に過ごすことができます。

建物全体の断熱は、外壁や屋根に断熱塗装をしたり、外壁に断熱材を貼り付ける方法などがありますが、既存の建物をリノベーションする場合も以下の方法で断熱を施すことができます。

・壁・天井・床のスラブに断熱材を装填する
・窓に内窓を取り付けて二重にする

相応のコストはかかりますが、光熱費の節約や健康、環境への配慮にもなります。断熱に関しては助成金制度もあるため、検討してみてはいかがでしょうか。

<集合住宅>
■集合住宅でも間取りを自由にできる
間取りを自由に変更したリノベーション事例

集合住宅でも、設備や壁・床・天井全てを取り払いゼロから空間を作るスケルトンリノベーションをすれば、注文住宅同様、間取りを自由にすることができます。

ただし、配管を通す場所は変えることができないので、特に水回りの位置にこだわりがある場合は注意が必要です。

これから物件を購入する場合は、物件内装のノウハウもある、ワンストップリノベーション会社の不動産部門に依頼をして状態を確認してもらいましょう。

■庭が使える物件もある
庭がある物件のリノベーション事例

「庭があるから戸建てがいい」という声があがりましたが、集合住宅でも専用庭が使える物件はあります。

専用庭がある場合は、使用料が発生することが多いですが、ガーデニングをしたり、小さなテントを張ってアウトドア気分を楽しむことができます。

■隣接住戸への気遣いは工夫次第
カーペット敷きのリノベーション事例
上階住人の足音が気になったり、下階や隣接住戸への気遣いも、リフォームやリノベーションで解消することが可能です。

構造体と新規の壁・床・天井の間に音を遮断する素材を入れることで吸音され、防音が叶います。

物をよく落とす、子どもがいて大きい音が出てしまう、という場合は、床をカーペット敷きにすることで騒音問題の解消に繋がるでしょう。

【総括】
戸建てか集合住宅か。
それぞれが求める機能によって解は異なりますが、アイデア次第で視点が代わり、結果的に最適解が見つかるかもしれません。

今回のアンケート結果をもとに、ゼロリノベはこれからも「大人を自由にする」住宅事業を展開してまいります。

【出典について】
本リリースは、自由に転載いただくことができます。
本リリースの著作権は株式会社groove agentに帰属しますが、以下の条件を満たす場合は利用権を許諾します。

▼利用条件
(1) 情報の出典元として「ゼロリノべ」を明記してください。
(2) 出典元として以下のURLへのリンクを設置してください。https://www.zerorenovation.com
(3) 当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
(4) 掲載内容をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます。

【アンケート概要】
調査方法:webアンケート方式
調査対象:東京都に住む30〜40代の既婚男女1000人
調査期間:2022年6月17日
調査主体:株式会社groove agent(ゼロリノベ)/コーポレートサイトURL:https://www.zerorenovation.com

【株式会社groove agentについて】
2011年より中古住宅購入とリノベーションのワンストップサービスをスタート。
「大人を自由にすること」を目的に、住宅ローンや間取りにとらわれることのない「小さいリスクで家を買う方法」セミナーを無料開講し、物件探しから住宅ローン、リノベーションの設計・施工・アフターフォローまで、中古住宅購入とリノベーションの一連の流れをワンストップでサポートしています。

【会社概要】
会社名:株式会社groove agent
代表取締役:鰭沼 悟(えびぬまさとる)
設立:2011年11月11日
所在地:東京都港区北青山2丁目12−42
事業内容:不動産仲介、リノベーション設計・施工
コーポレートサイトURL:https://www.zerorenovation.com
ゼロリノベ本店URL:https://g.page/zerorenovation-minatoku?we
ゼロリノベ駒込店URL:https://g.page/zerorenovation-komagome?gm

おすすめ

イベント画像

〜毎週開催〜 小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!