skip to Main Content

なぜ今、東京でリノベーションが人気なのか


参宮橋のリノベーション事例

東京都区に暮らす人は約950万人(「東京都の人口(推計)」平成30年1月1日現在/東京都発表)。人も住まいもオフィスも密集する東京では、今、リノベーション物件が人気です。ライフスタイルの変化やトレンドを背景に、リノベーションが叶えてくれるのは何なのか?人気の理由を探ります。

 

一人暮らしにもうれしい豊富な間取りを実現

スマートフォンやインターネットの普及により、私たちの暮らしは必要な情報をより早く、ダイレクトに取れるようになりました。買い物をするときも、価格の安い順に検索をかけ、口コミを参考に購入するのも当たり前の時代です。

住まい選びも同様で、例えば、一人暮らしのための賃貸物件を探す際にも、価格はもちろん、さまざまな条件を入れて検索できるようになっています。特に物件数が多い東京では、「駅から近い」とか、「格安物件である」といったこれまでの条件に加えて、「暮らしやすさ」を重要視する傾向が強いといえるでしょう。

デザインや間取りが画一的というイメージの強かった賃貸物件も、同じ棟の中にワンルーム、1LDK、2LDKなどいくつかの間取りや部屋タイプからセレクトできることなどが物件探しのポイントになっています。

そのため、築年数が古いマンションの場合は、リノベーションすることで、間取りにバリエーションを増やし、再び注目を集めることに成功しているのです。

駒沢公園のリノベーション事例

壁の色や床の素材など、自由度が増したことで、世界に一つの住まいが生み出せるのがリノベーションの魅力の一つ

レトロ感もおしゃれな団地が人気

リノベーション物件として人気を呼んでいるのが団地です。

1950年代から70年代にかけて数多く建てられた団地は、老朽化と出生率の低下などからやがて衰退の途をたどってきましたが、今、改めて注目を集めています。そもそも交通の便がよい場所に建てられていたり、緑が多く環境がよい地域に建てられているが多いのもその理由です。

戸内の設備機器を新しくしたり、リビングを大きく取るなど間取りを改めれば快適な住まいになるのです。また、団地が持つレトロな雰囲気が逆に新鮮に映るという声も受け、人気を集めています。

中村橋の中古マンションのリノベーション事例

コンクリート打ちっぱなしなど、躯体をあえて見せる仕上げにするのもリノベーション物件では好まれることが多い。

 

家族との暮らしをとことん楽しむ、ペット可物件

近年のネコブームにも表れている通り、少子化が進む一方で、ペット人気は続いています。

これに伴い、ペット可物件も増えており、ネコとの暮らしを楽しむキャットウォーク付きのリノベーションマンションや、壁紙を自由に張り替えられる仕様などにも注目が集まっています。

敷地内にドッグランを設けた物件や、散歩帰りに利用できるペット用の足洗い場を設けるなど、アイデアも充実。家族との暮らしを大切にしたリノベーション物件は、今後ますます増えていくことでしょう。

 

カフェ系&男前インテリアと相性抜群

駒込の一戸建てのリノベーション事例東京都内にはおしゃれなカフェがたくさんありますが、近年人気を集めているのが、倉庫などをリノベーションしたカフェです。

コンクリート打ちっぱなし、天井の高い空間に、ミッドセンチュリーなどこだわりの家具がコーディネートされていて、まさにインスタ映えの代表。

アイアンや足場板などを組み合わせた男前インテリアも引きつづき人気です。こうしたカフェの雰囲気などを参考にして、リノベーションに取り入れるケースも増えています。

〇〇風と型にはめず、馴染みのある空間の好きなエッセンスを暮らしに取り入れやすいのも、参考になるおしゃれなカフェや雑貨店・家具店などが多い東京らしさと言えるかもしれません。

方南町の中古マンションのリノベーション事例壁一面を鏡張りにしたレッスンスタジオ仕様。暮らすための部屋のみならず、さまざまな用途に合わせて手を加えることができるのもリノベーションの魅力

 

まとめ

リノベーション物件を選ぶ方たちに共通するのは、自分らしさ、家族らしさを大切にしたいという気持ちです。レトロ感やオシャレ感、ペットとの暮らしなど、より具体的なこだわりに目を向けることができるのは、東京という場所がなんでも手軽に揃えられるところだからなのかもしれません。

たくさんの情報の中から自分たちの「好き」を選び取り、大切に育てていけるリノベーションという暮らしは、東京のみならず今後ますますニーズを高めていくことでしょう。

 


Back To Top