skip to Main Content

リノベ実例 2019.04.18 更新2019.03.16 公開

神奈川県川崎市「鷺沼」59㎡ リノベーション事例

鷺沼の中古マンションのリノベーション後のリビング
LINEで送る
Pocket

  • エリア:神奈川県川崎市
  • 交通:東急田園都市線「鷺沼」
  • 専有面積:58.80平米
  • 築年月:1982年 9月

月々総支払い額:75,991円

*「物件価格・リノベ費用・管理費・修繕積立金」込み
*「住宅ローン変動金利0.7%・35年返済」の場合
*「実際のお客様の支払い条件・総支払額」とは異なる

鷺沼の中古マンションのリノベーション後のリビングからのベランダ
鷺沼の中古マンションのリノベーション後のリビング
鷺沼の中古マンションのリノベーション後のリビングからのベランダ
鷺沼の中古マンションのリノベーション後のリビングとキッチンと廊下
鷺沼の中古マンションのリノベーション後のリビングからのベランダ
鷺沼の中古マンションのリノベーション後のベッドルーム

リノベーション後

  • 広めのテラスで、植栽を眺めながらくつろげる空間
  • 開放感抜群のフローリングから続く土間
  • 将来家族が増えても部屋を増やせるようスペースを確保した設計

リノベーション前

間取りを自由自在に

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>結婚して、ずっと同じ家に住んでいて、賃貸で。

<ご主人>年齢が多少離れていて、自分がもし先に逝っても残せるようにと。できれば、買っておいた方がいいかなと自分は思いました。

<奥様>すぐには動けなくて、買った人の声も聞いたり、やっぱり賃貸の方がいいのかなと思ったり、考えていた時間がしばらく。でも、引っ越す場所も分からなくて、何から考えていいかも分からなかったので、ちょっと放置していました。とりあえず、その時住んでいたところに住んでいて、「どうしようね?」って言っている時間が長かったね。(笑)

 

Q動き出すきっかけは、家賃の更新などですか?

<奥様>私は別にどっちでもよかった。賃貸でも購入でも、そういうのよく分からなかった。でも、いろいろな画像を見て、オシャレな家に住んでいる人がいるのを知って。それで、そこからリノベーションのことを知って、調べ始めて、ゼロリノベさんにたどり着いた感じです。

 

Q家やインテリアについて興味がありましたか?

<奥様>そんなに詳しい訳ではないけれど、インスタとかで画像を見て、何となく良いなって。リノベーションについても知らなかったけど、どんな感じなんだろうと。できあがった物件を購入するのか、工事をするのか、自分でDIYやっている人もいるし…。こういう雰囲気は好きだけれど、どうしたらこういう所に住めるのかなって思って、調べ始めました。

LINEで送る
Pocket


家を買おうと思った時、心配なことはありましたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>月々払っていけるのか多少心配はしました。

<奥様>大いに心配。(笑)オシャレにするってことは、それなりにかかるのは当然かなって思いましたね。

<ご主人>おしゃれに住みたいねっていうのが大きかったかな。

<奥様>新築も良いけれど、こんなにお金をかけて、こういう内装でと思うと…。

<ご主人>ありきたりな内装で、みんなが住んでいるような、そういう家にはお金を出したくない。同じ金額を出すなら、自分たちの好きな家にしたいなと思いました。それで、紹介してくださったFPさんには、年収等伝えて、大体これぐらいの金額までだったら、老後も安泰に暮らせますよって案内はもらいました。具体的な話でした。

LINEで送る
Pocket


このエリアを選んだ理由は?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>通勤が電車で30分圏内。

<奥様>田園都市線が希望でした。仕事がその沿線なので。でも、この辺は高いじゃないですか?だから、見つかるのかなと思っていた。見つからなかったら、違う所で考えなきゃいけないかなって。

LINEで送る
Pocket


リノベ済み物件ではなく、自由設計リノベーションを選んだ理由は?

LINEで送る
Pocket


<奥様>でもさ、1回いきかけたよね。

<ご主人>いや、俺はね。(笑)毎日物件を見ているけれどなくて。最初に物件を見た時も、リノベーション後のイメージがわかないじゃないですか?だったら、リノベーション済み物件で、おしゃれだし、この金額ならいいんじゃない?と。でも、かたくなに嫌だと言われました。(笑)

<奥様>くじけそうには、なった。(笑)物件が見つからな過ぎて。もうリノベも済んでいるし、値段もこれぐらいで、ここにしちゃった方が楽かなってなりかけました。私たち物件が全然見つからなかったけれど、ゼロリノベさんが「焦らずにもうちょっとじっくり見ていってもいいと思います」と言ってくれた。気持ちがせっかちだから「ないない、物件ない!じゃぁどうする」みたいな感じになっていたけれど、そこで「もうちょっと待って。私も探してみます」と言ってくださったので、とどまったんです。(笑)

LINEで送る
Pocket


ゼロリノベを知ったきっかけは何ですか?

LINEで送る
Pocket


<奥様>ニュースじゃないけど、記事みたいな…。お金についての記事だったと思うのですが、それを書いていたのがゼロリノベの方だった。すごく詳しく書いてあったので、会社名を調べて。そこから、セミナーに申し込みしました。

LINEで送る
Pocket


ゼロリノベを選んだ決め手は?

LINEで送る
Pocket


<奥様>セミナーみたいな説明会はゼロリノベさんだけ。帰り道にもう決めちゃった。

<ご主人>セミナーを聞いて、もうここでいこうと。

<奥様>私が結構乗り気だったので。

<ご主人>僕はたまたま休みだったからついて行った。最初は妻が1人で行くと言っていた。でも、普段はケツが重いんですけど、「いいかな」と思って。暇だしついて行ってみようかなと。で、話を聞いたら、「いいね!」と。ここにお願いしようと。

<奥様>資料は何社かもらって。セミナーに行く前にもらっていたけど、「うーん」って感じだった。とにかく話を聞かないと分からないねってなって、ゼロリノベさんのセミナーに。

Qセミナーでどの辺りが琴線に触れたんでしょうか?

<ご主人>何だっただろう?考え方っていうか…。

<奥様>そういう所が良いなって言っていた気がする…。見た目とかデザインとかだけじゃなく、そういう部分のお話が良かったって。

 

Q物件探し担当はいかがでしたか?

<奥様>物件探しは主人担当だったので。どうだった?(笑)

<ご主人>良かったです。(笑)リフォーム済みを見たいって言っても、それだともったいないから、これからガラッと変えられるような物件を探しましょうと。無駄足がなかった。実際に物件を見に行ったのはここだけ。奥さんは行ってない。

<奥様>うん。

<ご主人>内見は僕だけ。ゼロリノベの物件担当さんは、ここはいいと思いますと言ってくれた。僕も入った瞬間に嫌な感じがなかった。奥さんに「ここだと思ったら、いっちゃってくれ」と言われていたので。

<奥様>物件担当さんが「ここはもう見に行かなくてもいい」って言ってくれた物件あったじゃん。「ここはナシで」って言ってくれたから、余計なところを回らなくて済んだ。「こっちはいいと思うから、いったん行きましょう」と言われてここに来た。すごいと思う。

LINEで送る
Pocket


この空間のコンセプトは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>リラックスして…。

<ご主人>なんだっけね。笑

<奥様>お互いニュアンスを伝えるのが苦手で、とりあえず写真をいっぱい見てもらって、こういうのが好きですって言って。

<ご主人>そうだね、言ったね。あとは、外出しないタイプですとか、そういうのもゼロリノベの設計担当さんに伝えて。ただ、これは欲しいというのは、例えば、玄関の土間もそうです。

<奥様>お家にいる時間が長いみたいなそんな感じじゃなかった?

<ご主人>キャンプの雑誌を持っていながら、アウトドアじゃなくインドア派。(笑)

<奥様>矛盾、矛盾。(笑)

<ご主人>アウトドア系のブランド、好きは好き。

Qランタンとか玄関にありますよね。

<奥様>あれ、1回しか使ってないよね。(笑)

<ご主人>同僚とも行こうと言っているけれど、まだ。

<奥様>憧れ的な。(笑)

LINEで送る
Pocket


間取りの感じとかは、要望はありましたか?

LINEで送る
Pocket


<奥様>ゼロリノベさんは壁をあまり作らないじゃないですか?それが、斬新でいいなと思った。だから、とりあえず壁がない感じの間取りにしてもらった。その時点で完成じゃなくて、必要に応じて徐々に変えていけばいいからってお話をいただいた。作る時点で、作りすぎないっていうのがすごいなと思いました。

あんまり将来のことを考えすぎると、「あれもどうしよう、これもどうしよう」とへこんでしまうけれど、その都度必要に応じてやっていけばいいと言う話をいただいたので、この「ばーん」って感じでやってみようと思って。(笑)

QこのL字のソファーは要望にあったものですか?

<ご主人>いや、違います。ほとんどゼロリノベのご担当者さんが。たぶん、趣味が合うので。

<奥様>プロだから合わせてくれているんだよ。

<ご主人>「こういうのがいいな」と思っているところを、ピンポイントで提案してくれる。「じゃ、それで」みたいな。僕ら的にはスムーズだったと思います。

<奥様>向こうは困ったと思います。(笑)

LINEで送る
Pocket


設計プランを決める課程で、楽しかったことは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>良かったと思います。こういうのはイヤっていうのは明確にあるけど、こういうのがいいって言いにくい。写真を見てこういうテイストがいい、でもこの部分はイヤとかあるじゃないですか?そういうのはすごく伝えにくいなと思っていたのですが、そこをうまいことやって下さってよかったな。嫌いはいっぱい言えるけど、好きって出てこない。でも、そこを「こういうのどうですか?」って言ってくれたのがパシッとはまって「好きです」と。

<ご主人>同じかな。ここに関しても「こうしたいな」と出してくれた。僕はもう、土間が欲しかっただけなので。あちら側の土間を少し狭くして、こっち側にも作ろうと提案してくれました。

僕はあまり虫が得意ではないので、外に洗濯物が干せないと言うと、「では、あっちを狭くしてこちらにも土間を作りませんか?」と。だから、玄関の土間とウォーキングクローゼットが欲しい、それ以外はお任せしますと。そこら辺は特にこだわりがなかったので。

LINEで送る
Pocket


実際住んでみて一番気に入っている場所や、よくいる場所は?

LINEで送る
Pocket


<奥様>ソファーかな。ご飯食べたり、だいたいここに座っていることが多いです。

Qプロジェクターはよく使われてますか?

<奥様>はい、テーブルに置いて見ています。

<ご主人>設計担当さんは吊るしたらどうですか、と。

<奥様>言ってもらったけど、そういうものの買い方が分からなくて。距離とかもあるし。

<ご主人>でも、まぁ、ここからできれいに映ります。

<奥様>あとは、流れが気に入っています。キッチンがあって、洗濯、お風呂みたいな動線。すごくいいと思います。自分の作業がここ1ヶ所で完結して便利です。なおかつ、孤立感がないので。話もできるし、テレビも見られるし。前より洗いものとかが苦痛でなくなりました。

LINEで送る
Pocket


中古マンションを買ってリノベーションしようと検討している方へアドバイスをお願いします。

LINEで送る
Pocket


<ご主人>もう少し計画的に貯金しておけばよかったかな。あとは、物件何戸も見ても、中は変わるから。中をくりぬいて、自分たちの好きなようにするから、そこはそんなに気にしなくてもいいのかなと。

<奥様>言葉でうまく伝えられないことは写真でくみ取って下さったので、いっぱい好きな写真を2人で見るといいかな。そういうの、やっておいて良かったなと思っています。写真をいっぱい集めるといいのかな。これがいい、これが嫌だって写真があるといいと思う。嫌の方も集めるといいですね。(笑)

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

記事検索

同じカテゴリの他の記事

SEMINAR

小さいリスクで家を買う方法

毎週土日開催

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

OPEN HOUSE

ゼロリノベ物件見学会

月1開催 @次回8月

セールスのないオープンハウス

オープンハウスのイメージ写真

F A Q

よくある質問

物件購入〜リノベ完成まで

みんなのギモンに回答しました

チェックリストのイメージ写真
Back To Top