2021.09.14 更新 2021.09.14 公開

無垢材テーブルとは?購入前に知っておくべきメリットとデメリット

無垢材テーブルとは、一本の木から角材や板を切り出して作られたテーブルのこと。

木本来の温かみを感じられ、使えば使うほど味わいが出ることから、無垢材テーブルに魅了される人は数多くいます。

一方で、お手入れの手間がかかる、値段が高いといったデメリットもあるため、無垢材テーブルを購入するのが最適かどうかは、その人の好みやライフスタイルによって変わります。

無垢材テーブルについて知識がないまま購入してしまうと、「思っていたものと違った!」と、後悔してしまう可能性もあるのです。

そこでこの記事では

◆無垢材テーブルとは何か

◆他の木製テーブル(集成材・突板)との違い

◆無垢材テーブルのメリット・デメリット

◆無垢材テーブルを使うのに向いている人・向いていない人

について解説しており、ここまで読めばあなたが無垢材テーブルを買うべきかどうか、判断できるようになります。

さらに、無垢材テーブルを買おうと決意した場合は、記事終盤の

◆無垢材テーブルを選ぶときのポイント

も、ぜひご覧ください。

最後まで読めば、あなたの家を素敵に演出する、最高の無垢材テーブルが手に入れられるようにでしょう。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

無垢材テーブルとは

無垢材(むくざい)とは、一本の木から角材や板を切り出した木材のことを指します。

他の木が混ざっていないまっさらな状態=無垢、ということですね。

「無垢材テーブル」は、天板や脚といったテーブルの材料すべてを、一本の木から切り出したものです。

木目の模様や色合いは、同じ種類の木でも一本一本違うため、「一本の木」のドラマを感じることができます。

木製のテーブルにはさまざまなものがありますが、全て同じ木で出来た無垢材テーブルこそ、木そのものの魅力を最も味わえるテーブルだと言えるでしょう。

無垢材テーブルと集成材テーブル・突板テーブルとの違い

木製テーブルには、無垢材テーブル以外にも、以下の2種類があります。

  • 集成材(しゅうせいざい)テーブル
  • 突板(つきいた)テーブル

この2つは、一見同じような木のテーブルに見えても、製法や材料が無垢材テーブルとは異なります。

どんな違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.集成材テーブルとは

集成材テーブルとは、複数の木材を接着剤で張り合わせて作られたテーブルのこと。

集成材テーブル

メリット ・安価

・商品のラインナップが豊富

デメリット ・継ぎ目が不自然に感じられることがある

・安すぎる商品だと、接着剤にホルムアルデヒドなどの化学物質が

 使われている可能性があり、アレルギー症状に似た「シックハウ

 ス症候群」を引き起こす可能性も

無垢材テーブルとの違い ・一本の木からではなく、複数の木から材料を寄せ集めて作られる

リーズナブルな家具店などで販売されている木製テーブルをよく見ると、天板の途中に不自然な継ぎ目があったり、部位によって色が微妙に違うものがあります。

これはまさしく集成材のテーブルの特徴で、無垢材よりも量産しやすいことから、安い価格が実現しているのです。

2-2.突板テーブルとは

突板テーブルとは、薄く切った板を、芯材と呼ばれる木材に貼り付けて作ったテーブルのことを指します。

ホームセンターなどでおなじみの「ベニヤ板」をイメージすると、わかりやすいですね。

突板テーブル

メリット ・安価

・軽い

デメリット ・深い傷がついて芯材がむき出しになっても修理できない
無垢材テーブルとの違い ・複数の木から材料を寄せ集めて作られる

・天板にベニヤなどの薄い板が使われる

薄い板を貼り合わせて作るため、天板の表面と側面で、木目の流れが変わるのが突板テーブルの特徴です。

芯材にも表面の板にも、安価で軽い木材を使用するため、無垢材よりも安い価格で販売されています。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

無垢材テーブルのメリット

なんとなく良いイメージのある無垢材テーブルですが、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。

無垢材テーブルを使う代表的なメリットは、全部で4つ。

【無垢材テーブルのメリット】

  1. 木そのものの風合いや温もりを感じられる
  2. 経年変化が楽しめる
  3. 部屋の湿度を調整をしてくれる
  4. 傷やへこみが修理できる

それぞれ一つずつ、詳しく説明していきます。

3-1.木そのものの風合いや温もりを感じられる

大量生産される集成材・突板テーブルとは違い、無垢材テーブルは、一本の木から作られた、いわゆる「天然物」。

同じ製品でも、一つひとつ木目や色のトーンが微妙に違い、まったく同じものは存在しません。

「世界に一つしかないテーブル」を家に迎え入れると思うと、特別感がありますよね。

肌なじみの良い優しい手触りや、ダイニングに置いただけで部屋を明るく見せてくれるのも、自然素材だからこその魅力です。

3-2.経年変化が楽しめる

人間が子どもから大人へと成長し、やがて年老いていくように、無垢材テーブルは時間とともに色が変化していきます。

買った当初は明るいトーンだったテーブルの色が徐々に深みを増していき、10年後にはこっくりとした飴色に……といった変化を楽しめるのです。

集成材テーブルや突板テーブルも、本物の木を使用していれば、色味は少しずつ変化していきます。

ですが、修理やオイル塗りといったメンテナンスを繰り返すことによる味わい深さは、無垢材でしか出せません。

同じ家に住む人と一緒に変化していくテーブルの様子が見られるのは、無垢材家具の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

3-3.部屋の湿度を調整してくれる

無垢材の中は、目には見えないたくさんの空洞があり、空気中の水分を溜め込んだり吐き出したりすることができます。

乾燥が気になる冬場は内部の水分を放出し、蒸し暑い夏場は空気中の水分を取り込んで、部屋の湿度を自動で調整してくれるのです。

無垢材以外の木製テーブルの場合、表面にコーティングを施されていることが多く、空気中の水分を吸ったり吐いたりするのは難しくなります。

見た目が美しいだけではなく、部屋の快適性まで高めてくれるのは、嬉しいポイントですね。

3-4.傷やへこみが修理できる

長く使っていると、どうしても付いてしまうテーブルの傷やへこみ。

無垢材もその例外ではありませんが、ヤスリをかけて塗装し直すだけで、ほぼ元通りになるというのが、他の素材のテーブルと異なる点です。

集成材テーブルや突板テーブルといった複数の木材を使っているテーブルの場合、ヤスリによる修理が難しく、木材の一部を交換したり貼り替えなければならないことがあります。

これに対して無垢材はどこをとっても同じ素材なので、繰り返し修復が可能なのです。

無垢材テーブルのデメリット

たくさんのメリットがある無垢材テーブルですが、全ての点において他のテーブルよりも優れているわけではありません。

無垢材テーブルを使う主なデメリットは、全部で4つ。

【無垢材テーブルのデメリット】

  1. 値段が高い
  2. 反り・割れのリスクがある
  3. 水じみが付きやすい
  4. 重い

デメリットもしっかり確認しておき、納得したうえで購入するかを判断しましょう。

4-1.値段が高い

「本物の無垢材」にこだわるのであれば、安いものでも、ダイニングテーブルで10万程度はすると覚悟しておきましょう。

集成材テーブルや突板テーブルの場合、安価な木材を寄せ集めたり、表面だけ見栄えの良い板を使用して芯材を安いものにするなど、さまざまなコストダウンの手法があります。

一本の木から作る無垢材テーブルは、こういったコストダウンができないため、どうしても原価が高くなります。

大型の通販サイトでは、「無垢材」と表示されたテーブルが2~3万円程度の価格で数多く販売されていますが、脚と天板で別の木材を使っているなど「偽物の無垢材テーブル」である可能性が高いので要注意です。

4-2.反り・割れのリスクがある

木材は本来、湿度や温度変化で変形しやすい素材。

集成材や突板のテーブルは、木材同士を張り合わせるために接着剤が使用されているおり、変形しにくくなっています。

対して無垢材のテーブルは、接着剤による固定がされていないため熱や乾燥によって天板が反ったり、割れたりするという弱点があります

反り・割れを未然に防ぐためには、できるだけ直射日光を避けて急激な温度変化を防ぎ、冬は乾燥しすぎないよう加湿器を導入するなどの工夫が必要なのです。

4-3.水じみが付きやすい

温度変化や乾燥以外にも、水分に弱いという特徴がある無垢材テーブル。

結露によって水滴がたくさんついたグラスなどをテーブルの上に置いてしまうと、天板の表面から水を吸収し、グラスの形に変色する「水じみ」の原因に。

同じ理由で、コーヒーやジュースといった水分をうっかりこぼした際も、表面を塗装された他の素材のテーブルに比べてシミが付きやすいのが難点です。

水じみを付けないためには、

  • グラスの下にコースターを敷く
  • 水分が付いたらすぐに乾いた布で拭き取る
  • 定期的にオイルで拭いてお手入れする

といった対処が必要になります。

4-4.重い

材料となる木の種類によって重さは異なるものの、無垢材テーブルはその他の木製テーブルと比べて重量があります。

これは、集成材や突板テーブルが部分的に軽い素材を使用しているのに対し、無垢材テーブルは100%同じ木で作られているためです。

購入してからの運搬や、テーブルを移動させる際に、苦労することを覚悟しておきましょう。

【メリットとデメリットの比較】

ここで改めて、紹介した4つのメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット デメリット
  • 木そのものの風合いや温もりを感じられる
  • 経年変化が楽しめる
  • 部屋の湿度を調整をしてくれる
  • 傷やへこみが修理できる
  • 値段が高い
  • 反り・割れのリスクがある
  • 水じみが付きやすい
  • 重い

無垢材テーブルの購入で後悔しないためには、メリットとデメリットのどちらの要素が自分にとって大きいか、見極めることが重要です。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

無垢材テーブルを使うのに向いている人・向いていない人

メリットとデメリットを比較してみても「無垢材テーブルを購入すべきか決められない!」という場合は、自分が無垢材テーブルを使うのに向いているかどうか、客観的に判断する必要があります。

ここで紹介する「無垢材テーブルを使うのに向いている人・向いていない人の特徴」を見比べ、自分がどちらに当てはまるかを確認してみましょう。

5-1.向いている人の特徴

【無垢材テーブルを使うのに向いている人の特徴】

  • 一つのものを長く大切に使いたい
  • 「本物」にこだわりたい
  • 安全性を重視する

テーブルに限らず、無垢材の家具は、長く時間をかけてその魅力や変化を楽しむもの。

そのため、「気に入ったものはできるだけ長く使い続けたい」と考えるタイプの人に向いていると言えるでしょう。

また、無垢材テーブルは化学物質を含む接着剤を使用していないので、家族や自分の安全を守りたいという意識が強い方にもおすすめです。

5-2.向いていない人の特徴

【無垢材テーブルを使うのに向いていない人の特徴】

  • できるだけ安くテーブルを購入したい
  • 家具のメンテナンスを面倒だと感じる
  • 飽きっぽい

木そのものの風合いを楽しめる一方で、他の木製テーブルと比べて高価で扱いがやや面倒なのが、無垢材テーブルのデメリット。

そのため、お手入れが面倒だと感じる場合は、オイルで拭く等の手間がかからず、傷が付いたら気軽に買い替えられる安価な集成材テーブルや突板テーブルの方が向ているかもしれません。

価格や運搬の手間を考えると、無垢材テーブルは簡単には買い替えられないため、購入前に慎重に検討する必要があります。

無垢材テーブルを選ぶときのポイント

「無垢材テーブルを購入しよう!」と決心できたら、続いて重要になってくるのは、「どんな無垢材テーブルを選ぶか」という点。

種類が豊富な無垢材テーブルは、ある程度選択肢を絞らないと、なかなか最適なものを選ぶことができません。

以下の4つの手順を踏むことで、後悔しない無垢材テーブル選びができます。

【自分にぴったりの無垢材テーブルを選ぶ4つの手順】

手順1. 好みの素材を選ぶ

手順2. 仕上げ方法を選ぶ

手順3. デザインが気に入ったものをいくつかピックアップする

手順4. 失敗の可能性が最も低いものを選ぶ

それぞれどんなことをすれば良いのか、順番に詳しく解説していきます。

6-1.木の種類を選ぶ

まずは、材料となる木の種類を選んで、多すぎる選択肢をぐっと絞ります。

色味や木目の特徴といった見た目だけではなく、価格や硬さなど、素材ごとの特徴は実にさまざま。

こちらでは、無垢材テーブルの素材としてよく使われる7種類の木をピックアップし、それぞれの特徴を一覧にしました。

自分の希望によりマッチする木材はどれか、選んでみましょう。

6-2.仕上げ方法を選ぶ

同じ素材で作ったテーブルでも、仕上げの方法によって出来上がりの印象が大きく変わります。

無垢材テーブルの仕上げ方法として代表的なのが、

  • オイル仕上げ
  • ウレタン仕上げ

の2つ。

それぞれの仕上げ方法には、異なるメリットとデメリットがあるため、一概にどちらが良いとは言えません。

お手入れに不安がある場合はウレタン、木本来の質感にこだわるならオイル仕上げを選ぶと良いでしょう。

6-3.デザインが気に入ったものをいくつかピックアップする

素材の種類と仕上げ方法を選んだら、続いては候補となるテーブルを実際に探します。

次の例のように、希望する条件を入力し、画像検索をかけてみましょう。

【検索ワード一例】

  • 「スギ 無垢材 ダイニングテーブル オイル仕上げ」
  • 「ウォールナット 無垢材テーブル 4人用 オイル仕上げ」
  • 「ブラックチェリー 無垢材 ローテーブル ウレタン仕上げ」

このように、用途やサイズ感なども併せて入力しておくと、条件にマッチしたものが見つかりやすいです。

検索すると、大型通販サイトや、無垢材家具専門店の公式サイトなど、さまざまなサイトのテーブルが表示されます。

価格やデザインを見比べながら、気に入ったものを4〜5つピックアップしておきましょう。

6-4.失敗の可能性が最も低いものを選ぶ

欲しい無垢材テーブルの候補がある程度絞れたら、いよいよ購入すべき一品を厳選するときです。

無垢材テーブルにおいて、購入を後悔する原因として最も考えられるのは、

「購入して間もないのに反りが出てきてしまった!」

「購入したお店で傷の修理を対応してもらえず、自分で業者を手配することに…」

といった失敗。

このような失敗を回避できる商品はどれか、見極める必要があります。

6-4-1.反り止め加工がされているか

空気の乾燥によって起こる、無垢材テーブルの天板の反り。

テーブルのある部屋に加湿器を置くなど、部屋の空気を乾燥させない工夫は必要ですが、そもそも反りが発生しづらいテーブルを選ぶ」というのも、重要なポイントです

天板の裏側に金属の部品をはめて補強するなどの「反り止め加工」が施されているテーブルを選べば、乾燥が気になる部屋にも安心して置くことができます。

商品情報に記載がない場合は、メールや電話で「こちらのテーブルは反り止め加工はしてありますか?」と問い合わせてみるといいでしょう。

6-4-2.メンテナンスに対応してくれるか

傷やへこみのようなテーブルの劣化は、生活していくなかでどうしても避けられませんよね。

無垢材テーブルは、「削り直し」や「仕上げ直し」といったメンテナンス次第で、新品同様に蘇らせることができるのが魅力のひとつ。

しかし、どこまで細やかにメンテナンス対応してもらえるかは、製造・販売元によって違います。

公式サイトを入念にチェックして、アフターサービスが充実しているお店を選びましょう

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

まとめ

最後に、ここまで解説した内容をおさらいしてみましょう。

【無垢材テーブルの基礎知識】

◆無垢材テーブルとは?

天板や脚といった材料すべてを、一本の木から切り出して作ったテーブル。

複数の木から材料を寄せ集めて作った「集成材テーブル」や、芯材の上に薄い板を貼った「突板テーブル」とは異なる。

◆無垢材テーブルのメリット

  • 木そのものの風合いや温もりを感じられる
  • 経年変化が楽しめる
  • 部屋の湿度を調整をしてくれる
  • 傷やへこみが修理できる

◆無垢材テーブルのデメリット

  •  値段が高い
  • 反り・割れのリスクがある
  • 水じみが付きやすい
  • 重い

◆無垢材テーブルを使うのに向いている人

  • 一つのものを長く大切に使いたい
  • 「本物」にこだわりたい
  • 安全性を重視する

◆無垢材テーブルを使うのに向いていない人

  • できるだけ安くテーブルを購入したい
  • 家具のメンテナンスを面倒だと感じる
  • 飽きっぽい
【無垢材テーブル選びで失敗しない4つの手順】

手順1. 好みの素材を選ぶ

手順2. 仕上げ方法を選ぶ

手順3. デザインが気に入ったものをいくつかピックアップする

手順4. 失敗の可能性が最も低いものを選ぶ

無垢材テーブルの知識をこれだけ持っていれば、誤って品質の悪いテーブルを買ってしまったり、無垢材と謳った偽物のテーブルを選ぶリスクは最小限に抑えられるでしょう。

あなたの好みとライフスタイルにぴったりマッチした、最高の無垢材テーブルを迎え入れてくださいね。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!