2021.11.04 更新 2021.11.04 公開

中古システムキッチンがおすすめな人とは?メリットデメリットを解説

「中古のシステムキッチン」は実はとても狙い目なのです。

「中古のシステムキッチン」と聞くと、誰かがずっと使っていて古くなったり、キズが入っているシステムキッチンを思い浮かべる方が大半だと思います。

実は、世の中に中古のシステムキッチンとして出まわっているものの多くは、新品同様のきれいなものも多いのです。そして、そんな新品同様のシステムキッチンが、新品の半額以下の値段で買えることもあるので、中古のシステムキッチンは実はとってもお得なのです。

しかし、キレイで安いからと安易に購入してしまうと、あとで追加料金をたくさん払わないといけなくなったりと、失敗してしまうケースもあります。

「中古のシステムキッチンを買うかどうか判断したい」
「中古のシステムキッチンってどうなんだろう」

と思っている方に向けて、この記事では

・中古のシステムキッチンの基礎知識
・中古のシステムキッチンを買うメリット
・中古のシステムキッチンを買うデメリット
・中古のシステムキッチンと新品のシステムキッチンを比較
・中古のシステムキッチンがおすすめな人
・中古のシステムキッチンを探す方法
・中古のシステムキッチンの選び方
・注意点

について説明します。

この記事を最後まで読むと中古のシステムキッチンは自分におすすめかが分かり、買うかどうか判断できるようになります。ぜひ最後までお読みになって、参考にしてみてくださいね。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール


「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

中古のシステムキッチンってどうなの?

中古のシステムキッチンを買ったことがない方にとっては、中古のシステムキッチンとはいったいどういうものなんだろう?と気になる方もいらっしゃると思います。

冒頭でも述べたように、中古のシステムキッチンといってもショールームで展示されていただけといった新品同様のきれいなものもたくさんあります。そしてそのようなきれいなものが新品の半額以下で買えたりするので、かなりお買い得で狙い目なのです。

そんな中古のシステムキッチンをおすすめする人はこのような人です。

しかし、安いからといって安易に買ってしまうと、失敗してしまうこともあるので、中古のシステムキッチンのデメリットや注意点を理解した上で購入する必要があります。

中古のシステムキッチンのデメリットは以下のようなものです。

・保証がないものや保証が短いものがある
・自分好みにカスタムできない
・部品や工具を自分で揃える必要がある
・壊れやすい

また中古のシステムキッチンを買う時の注意点としては以下のようなことがあります。

・故障する可能性がある
・業者に取り付けを断られるケースがある
・自宅の中まで配送してもらえない可能性がある

中古のシステムキッチンはキレイで、価格も新品に比べてかなりお得になるので、このようなデメリットや注意点をしっかりと押さえて購入すればかなりお得なお買い物です。

これから、中古のシステムキッチンのメリットやデメリット、どんな人におすすめか、中古のシステムキッチンを探す方法や選び方、注意点をそれぞれ詳しく説明していくので、キッチン選びを失敗しないようにぜひご覧ください。

中古のシステムキッチンを買うメリット

中古のシステムキッチンのメリットは何と言っても価格が安いことです。新古品と言われるショールームで展示品として使われていたシステムキッチンだと、ほとんど新品のものを定価の半額以下の価格で購入することができます。

販売例を3つ紹介しますね。

・クリナップ ラクエラ:新品で約50万円のものが約15万円で販売 (未使用)
・パナソニック リビングステーションV-style:新品で約80万円のものが約26万円で販売 (未使用)
・TOTOミッテ:新品で約71万円のものが約25万円で販売 (未使用)

この事例を見ても分かるように、未使用品のきれいなものが新品価格の半額以上の割引率で売られているのです。このような展示品ですと食器洗い乾燥機など便利な機能が詰まっていたり、装備がグレードアップしていたりとお得なことも多いので狙い目です。

また新古品ではなく誰かが使っていた中古のシステムキッチンだと、数万円という破格の値段で買えることもあるのです。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

中古のシステムキッチンを買うデメリット

中古のシステムキッチンは価格がとても安くお買い得だということが分かりました。では、中古のシステムキッチンにはどんなデメリットがあるか説明していきます。

中古のシステムキッチンのデメリットは4つあります。

・保証がないものや保証が短いものがある
・自分好みにカスタムできない
・部品や工具を自分で揃える必要がある
・壊れやすい

この4つについて説明していきますね。

3-1.保証がないものや短いものもある

中古のシステムキッチンを買うデメリットは、保証がないものや保証が短いものがあるということです。

新品のシステムキッチンを購入するとメーカー保証が付いており、もしキッチンを買ったあとにどこかが故障したという場合は、無償で修理をしてくれるといったサービスがついています。

しかし、中古のシステムキッチンは中古なので、もちろん保証がありません。使い始めて故障が見つかってしまっても保証がないので、自分で修理費を払って修理するか、また新しい部品を買うことになります。

そうなってしまうと新たに費用がかさみ、「せっかくシステムキッチンの費用を抑えたのにかえって費用がかさんでしまった……」ということになってしまいます。

保証がないものを購入する場合は、保証がないことのリスクを理解した上で購入しましょう。

3-2.自分好みにカスタムできない

中古のシステムキッチンは、自分好みにカスタムできないというデメリットもあります。

新品のシステムキッチンはカラーや機能、デザインをすべて自分の好みやニーズに合わせてカスタマイズできますが、中古のシステムキッチンは自分好みにカスタムすることができません。既製品の中から、自分に合ったものを選ぶしかないのです。

カスタムしなくても、使えれば良いという方には中古のシステムキッチンは十分おすすめです。

3-3.部品や工具を自分で揃える必要がある

設置時に部品や工具が足りなくて自分で揃える必要があるというのもデメリットです。

中古のシステムキッチンを買っていざ取り付けようとすると、何か足りない部品や買い足した方が良い部品がでてくる可能性があります。その場合は自分で部品を探して購入するという手間がかかってしまいます。

インターネットでシステムキッチンを販売している店舗などは、付いている部品はすべて写真で掲載し、「他に必要な部品がある場合は自分で揃えてください」などと記載してあったりします。

もしかしたらご自宅にシステムキッチンを取り付ける際に、新たに部品を購入する必要が出てくるかもしれないというのを念頭において購入しましょう。

また、中古のシステムキッチンを買って、いざ取り付けようとした際に新たな部品がないと取り付けられない……となってしまったら工事のスケジュールがずれてしまいますよね。そうならないためにも、早めに部品の確認などをしておく必要があります。

3-4.壊れやすい

中古のシステムキッチンは壊れやすいというイメージがあり心配な方もいらっしゃると思います。

結論から言うと、中古のシステムキッチンは壊れやすいです。厳密に言うと、中古のシステムキッチンの方が新品よりも早く壊れやすいということになります。

前提として、コンロやオーブン、食器洗い乾燥機などの電化製品は耐久品なので、一生使えるものではありません。ですので遅かれ早かれ壊れて交換が必要になる部分なのです。

耐用年数はおおよそ以下のようになっています。

・ビルトインコンロ:約10年
・IHクッキングヒーター(ビルトインタイプ):約10年~15年
・食器洗い乾燥機(ビルトインタイプ):約10年

前に使っていた人の使用頻度やお手入れ次第では、この耐用年数より短くなるケースもあります。以前に使っていた人がどれくらいキッチンを使っていたか予測ができないので、購入した後にどこかが故障する可能性があるというのは理解した上で購入する必要があります。

中古のシステムキッチンと新品のシステムキッチンを比較

これまで新品のシステムキッチンと中古のシステムキッチンの比較をしてきましたが、いったいどちらが自分に合っているか比較していきましょう。

まず、システムキッチン本体の値段は中古のものが新品の半額以下になったりとかなり安くなります。

システムキッチンを購入すると必要になる、配送費と工事費はどちらも同じ費用がかかるので違いはありません。

また、中古のシステムキッチンと新品のシステムキッチンで大きく違うのがデザインや機能を選べるかどうかです。新品のシステムキッチンは、デザインやカラー、材質、機能などすべてを自分好みにカスタマイズすることが可能です。

しかし、中古のシステムキッチンは目の前にある既成されているものから選ぶことになります。

また先ほどお話ししたように、保証があるかないかは大きな違いです。万が一の故障に対して保証がなければ、また多額の費用がかかることになりますよね。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

中古のシステムキッチンがおすすめな人

これまで中古のシステムキッチンのメリット・デメリットなどをお話ししてきましたが、中古のシステムキッチンはどんな人におすすめなのか気になりますよね。

中古のシステムキッチンがおすすめな人には4つのポイントがあります。

この4つについて1つずつ解説していきますね。

5-1.価格を抑えたい人

価格を抑えたい人には中古のシステムキッチンはおすすめです。

中古のシステムキッチンの魅力は何と言っても価格の安さです。システムキッチンの価格を抑えるには、中古を買うことが一番良い方法でしょう。

5-2.キッチンをあまり使わない人

外食が多かったり料理をあまりしないなど、キッチンをあまり使わない人にも中古のシステムキッチンはおすすめです。

普段はキッチンを使わないけれど、いざキッチンを使うとなった時のために必要最低限の機能は揃えておきたいという方もいらっしゃると思います。でも普段あまり使う場所じゃないし、あまりお金をかけたくないという気持ちになるでしょう。

中古のシステムキッチンは、価格は抑えつつ装備はしっかり揃っているものが多いので、普段はキッチンを使わない人にもおすすめです。

5-3.ライフスタイルに合わせてキッチンを変えたい人

ライフスタイルに合わせてキッチンを変えたい人にも中古のシステムキッチンはおすすめです。

なぜなら、ライフスタイルの変化に伴い、使いたいキッチンのニーズは変わってくるからです。例えば、ファミリー層のキッチンと、子どもが巣立って夫婦2人のキッチンではそれぞれこのようなニーズがあります。

結婚して子どもがいるファミリー層

・お掃除を楽にしてくれたり、調理がしやすいなど機能性が充実しているもの
・収納がたくさんあり、取り出しやすくしまいやすいもの

子どもが巣立って夫婦2人のキッチン

・サイズを少し小さくしてリビングスペースでゆったりすごせるもの
・キッチンの高さを少し低くしたもの

このようにライフスタイルが変わると、システムキッチンへのニーズも変わってくるのです。中古のシステムキッチンは価格が抑えられるため、ライフスタイルに合わせて気軽にシステムキッチンを変えることができますよ。

5-4.新品にこだわらない人

中古のシステムキッチンをおすすめする上で、根本にあるのは新品にこだわりがないということです。

中には人が使ったものは嫌という人や、新品が良いという人もいます。そういった方には中古のシステムキッチンはおすすめできません。

中古のシステムキッチンを探す方法

中古のシステムキッチンに興味を持つと、「中古のシステムキッチンってどこで買えるんだろう?」と思いますよね。

中古のシステムキッチンを探す方法は以下の3つです。

・リサイクルショップで探す
・インターネットで探す
・展示品専門の販売店で探す

それぞれ1つずつメリットやデメリットを踏まえて紹介しますね。

6-1.リサイクルショップで探す

まずはリサイクルショップで探すという方法があります。リサイクルショップは全国各地にあり、一度は行ったことがあるという方が多いのではないでしょうか。

【メリット】
リサイクルショップで探すメリットは現物を自分で見て確認できるという点があります。また、掘り出し物が安価な価格で売られていることもあり見つける楽しみがあります。

【デメリット】
リサイクルショップで探すデメリットは、探す手間がかかるということです。システムキッチンはすべてのリサイクルショップで売られている訳ではありませんし、自分好みのものを見つけるにはいろいろなショップを見て回る必要があるでしょう。

そうなると、探す時間や交通費など手間がかかってしまいます。実際に見たい、探す時間を楽しみたいという方はリサイクルショップで探してみると良いでしょう。

6-2.インターネットで探す

インターネットで「システムキッチン 中古」などで検索すると、中古のシステムキッチンをインターネット上で販売しているサイトがたくさん出てきます。

中にはヤフオクやジモティーといった個人売買で中古のシステムキッチンを売っているサイトもあります。そういったサイトで売られている中古のシステムキッチンは、中古といっても元々ショールームで展示してあったもので「新古品」のものも多く、状態がきれいなものが安く売られています。

ヤフオクやジモティーといった個人売買でも、どこかの店舗の方が売りに出しているものもあり、10年保証といった新品さながらの手厚い対応をしてくれる店舗もあるのです。

【メリット】
インターネットで探すメリットはたくさんの種類から自分の好みのものを選ぶことができるということです。全国の店舗から見ることができるので、選択肢が広がりお気に入りのものを見つけやすくなります。

また、探しに行く手間が省けるというのもメリットです。インターネットで見れるので、いつでもどこでも気軽に探すことができます。

【デメリット】
デメリットは実際に見ることができないということです。お住まいの地域から近場の店舗のものでしたら見に行って確かめることは可能ですが、県外のお店になると直接見に行くことが難しいので、実際に購入して届いて初めて見るということになります。

購入する際は、不安点などを先に質問して納得してから購入するようにしましょう。

6-3.展示品専門の販売店で探す

「新古品」を狙うなら展示してあったものだけを取り扱っている展示品専門店を探すという方法もあります。ここでは新品に近い状態の新古品がたくさんあります。

自宅から近い店舗がある場合は実際に見て購入することもできるので安心ですね。

展示品専門店はこのようなサイトがあります。

【メリット】
展示品専門の販売店で探すメリットは、新古品に絞って探すことができるということです。きれいな新古品だけに絞れるので、探す時間が短縮され効率よく探すことができます。

【デメリット】
展示品専門の販売店で探すデメリットは、発送までに時間がかかる場合があるということです。注文を受けてから梱包をして発送するので、場合によっては2週間以上かかる場合もあります。急がれる方は、購入する前に、どれくらいで発送されるか確認してから購入するようにしましょう。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

中古のシステムキッチンの選び方

中古のシステムキッチンは返品が効かないものが多いので、慎重に選ぶ必要があります。安いと言っても数十万円の高価な買い物ですから、失敗してしまうともったいないですよね。

中古のシステムキッチンを選ぶときのポイントは以下の3つです

・自宅の間取りにあったサイズを選ぶ
・保証があるかないかで選ぶ
・無難なのは新古品

それぞれ1つずつ説明しますね。

7-1.自宅の間取りにあったサイズを選ぶ

まずは前提として、自宅のキッチンのサイズを測りどれくらいのサイズのものが入るか確認しましょう。

自宅のキッチンのサイズを測らずにキッチンを購入してしまい、届いた後に「ちょっと大きすぎた……」なんて失敗しても返品はできません。まずは自宅のキッチンのサイズを測って、どれくらいの大きさの物が良いか把握してから購入しましょう。

7-2.保証があるかないかで選ぶ

保証があるかないかは重要なポイントです。

保証がないものは、購入した後にどこか故障が見つかっても自己責任で修理をしないといけません。保証が付いているものであれば、購入した後の故障も修理代をお店が払ってくれたり、返品を受けてくれるのです。保証があるのとないのとでは、購入した後にかかってくる費用に大きな差が出てくるのです。

中古のシステムキッチンは保証がないものが多いですが、新古品を取り扱っている販売店の中には新品同様の10年保証など手厚い保証をつけてくれるところもあります。保障の有無に関しては、インターネットのサイトでは、説明書きに記載してありますが、見つからない時は店舗に直接保証の有無を確認してみることをおすすめします。

購入後の故障トラブルが心配であれば、保証がついているものにしましょう。

7-3.無難なのは新古品

中古のシステムキッチンを選ぶときに失敗しにくいのは、新古品を狙うことです。

中古のシステムキッチンは以前に使っていた人の使用状況により、キッチンの状態はさまざまなので、すぐに故障する可能性もあります。

展示品は未使用のため、誰かが使っていたものに比べると故障のリスクも減りますし、キレイです。故障するリスクを考えると、少し価格は上がっても新古品を選ぶのが無難でしょう。

中古のシステムキッチンを選ぶときの注意点

中古のシステムキッチンは注意点を理解してから購入しないと、購入後に手間がかかってしまったり、追加料金がかさんでしまう可能性があります。前もって注意すべき点を確認してから購入するようにしましょう。

中古のシステムキッチンの注意点は以下の3つです。

・故障する可能性がある
・業者に取り付けを断られるケースがある
・自宅の中まで配送してもらえないケースがある

それぞれ1つずつ説明しますね。

8-1.故障する可能性がある

システムキッチンは耐久品とはいえ、長く使っているとどこかに故障がでてくることもあります。中古のシステムキッチンは、以前に使用していた人がどんな使い方をしていたかによって、システムキッチンの状態に差があります。もし故障してしまうと、修理代がかかったり、もしかしたらパーツなどを買い替えないといけないかもしれません。

故障のリスクがあるということを頭に置いて購入するようにしてくださいね。また、業者から購入するときは、どこか故障する危険性があるかなどを先に聞いておくと良いでしょう。

また、修理費無料など手厚い保証をつけてくれる業者もあるので、そういった保証が充実している業者で買うと安心ですね。

8-2.業者に取り付けを断られる可能性もある

自宅の丸ごとリフォームやキッチンリフォームなど、システムキッチン以外にも全体的にリフォームしてもらう場合、依頼しているリフォーム業者に中古のシステムキッチンを断られる可能性もあります。

なぜかというと、中古のシステムキッチンは故障する可能性があるため、故障の責任が取れないからということです。また、その業者が取り扱っているシステムキッチンから選んでもらうことで利益をとりたいという業者もいるでしょう。

そういった理由で中古のシステムキッチンの取り付けを断られた場合、自分で取り付け業者を探す必要がでてきます。

もし、初めから中古のシステムキッチンを購入する予定の場合は、リフォーム業者に依頼するときに施主支給してくれる業者を選ぶようにしましょう。施主支給とは、設備を自ら手配することで、今回でいうと業者が取り扱っているシステムキッチンから選ばずに、自分でシステムキッチンを買うことです。

8-3.自宅まで配送してもらえない可能性がある

「中古のシステムキッチンを買えたからこれで安心!」と思ってしまいそうですが、まだ問題が発生する可能性がありますよ。自宅まで配送してもらえない可能性があります。

配送の手配をして自宅まで配送してもらっても、配送費として含まれているのは自宅住所の道路脇です。
そこから自宅の中までは自分でなんとか動かす必要があるのです。親切な配送業者は自宅の中まで配送してくれるケースもありますが、基本は道路脇と思っておいた方がよいでしょう。業者によっては、プラス料金を支払うことで自宅の中まで運んでくれることもあります。

そしてもしマンションの上層階に住んでいた場合、基本の配送はマンションの下までになるので、そこからマンションの自宅まで運ぶのは至難の技です。配送業者に依頼する場合は、高い追加料金がかかる可能性もあります。

また、もしシステムキッチンを運ぶトラックが入れないような細い道を通らないと自宅にいけない場合、トラックが入れる道路までの運搬になり、そこからは自分でどうにかしないといけないというケースもあります。

自宅の中までしっかり運んでくれるか、どれくらいの配送費がかかるかは事前に確認しておきましょう。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

まとめ

いかがでしたか?
中古のシステムキッチンとはどういうものか分かり、中古のシステムキッチンを買うかどうか判断できるようになったと思います。

最後にこの記事をまとめてみると

◎中古のシステムキッチンの基礎知識は
・新品と比べて相場が5割安い
・新古品が狙い目

◎中古のシステムキッチンを買うメリットは
・価格を抑えて新品同様のものを購入できる

◎中古のシステムキッチンを買うデメリットは
・保証がないものや保証が短いものがある
・自分好みにカスタムできない
・部品や工具を自分で揃える必要がある

◎中古のシステムキッチンと新品のシステムキッチンを比較すると
・価格は中古のものは新品の半額以下になる
・配送費や工事費は同じくらいかかる
・新品のシステムキッチンは保証が充実しており、中古のものを買う場合は保障がない場合もある
・新品のシステムキッチンはデザインを自分好みにカスタムできるが中古のシステムキッチンはできない

◎中古のシステムキッチンがおすすめな人は
・価格を抑えたい人
・キッチンをあまり使わない人
・ライフスタイルに合わせてキッチンを変えたい人

◎中古のシステムキッチンを探す方法
・リサイクルショップで探す
・インターネットで探す
・展示品専門の販売店で探す

◎中古のシステムキッチンの選び方
・自宅の間取りにあったサイズで選ぶ
・保証があるかないかで選ぶ
・無難なのは新古品

◎中古のシステムキッチンを選ぶときの注意点は
・故障する可能性がある
・業者に取り付けを断られるケースがある
・自宅の中まで配送してもらえない可能性がある

この記事を参考に素敵なキッチンが出来上がることを願っています。

おすすめ

イベント画像

〜毎週開催〜 小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!