2021.11.04 更新 2021.10.17 公開

水回りが優秀!TOTOシステムキッチンの機能や特徴を徹底紹介

TOTOは歴史あるメーカーですが、トイレやお風呂のイメージが強く、システムキッチンと言われても、どんなキッチンなのか、いまいちピンとこないと言う方も多いのではないでしょうか?

実はTOTOのシステムキッチンは、トイレやお風呂など水回りを多く手掛けてきた技術を活かし、掃除のしやすさや水回りの独自機能がある、使い勝手の良い優秀なキッチンなのです。

キッチンリフォームを考えている方にとって、選択肢のひとつに入れる価値のあるシステムキッチンです。

しかし、どんなによい機能があるキッチンであっても、自分たちのライフスタイルに合わないものであれば、キッチンリフォームは成功しません。
本当に自分のライフスタイルに合っているか、求める機能なのかを知ったうえで判断しなくては、使わない機能は宝の持ちぐされになってしまいます。

システムキッチンが自分たちに合っているかどうかを判断するには、どんな機能があるのか、どんな特徴があるのかをしっかり知ったうえで、判断することが大切です。

そこでこの記事では、TOTOのシステムキッチンについて徹底的に紹介します。

◎TOTOのシステムキッチンの特徴とは
◎ハイグレードのザ・クラッソとスタンダードのミッテそれぞれの特徴
◎TOTOシステムキッチンが本当に使えるのか分析
◎リフォームでもTOTOのシステムキッチンは使えるのか
◎TOTOのシステムキッチンがおすすめできる人とおすすめできない人

など気になる点を詳しくチェックしていきます。

これを読めばTOTOのシステムキッチンの機能や特徴を深く理解し、自分のライフスタイルに合うかどうかを判断できるでしょう。

あなたのキッチンリフォームを満足いくものにするための参考になれば幸いです。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

TOTOのシステムキッチンの特徴

出典:TOTO

TOTOというと、トイレのイメージが強いメーカーですが、実はシステムキッチンの評価も高いのをご存知でしょうか。

TOTOのシステムキッチンは、掃除のしやすさと水回りに独自の機能があることで知られています。

まずはTOTOのシステムキッチンについて、選べる種類や特徴を紹介していきます。

1-1.TOTOシステムキッチンは2つのラインナップがある

TOTOのシステムキッチンには、ハイグレードのザ・クラッソとスタンダードのミッテの2つのシリーズがあります。
他メーカーに比べるとラインナップが2つと少ないのですが、組み合わせを変えることで自分たちのライフスタイルにあったキッチンを作ることが可能です。

ザ・クラッソは独自機能とデザインにこだわったハイグレードなシステムキッチンです。
独自開発技術がたっぷりと盛り込まれており、毎日の家事の手助けをしてくれます。

ミッテはシンプルながら使い勝手がよくなるよう計算されたシステムキッチンです。
価格を抑えながらも独自機能はきちんと備えており、コストパフォーマンスが高いキッチンとなっています。

詳しくは、「2.【TOTOのシステムキッチン①】デザイン性と充実の機能が魅力「ザ・クラッソ」」と「3.【TOTOのシステムキッチン②】シンプルでも使いやすい「ミッテ」」で説明しますので、それぞれの特徴を踏まえて検討してください。

1-2.TOTOのシステムキッチンは掃除がしやすい

TOTOのシステムキッチンは、掃除のしやすさにこだわった機能があるのが特徴です。

例えば

・ゴミや野菜くずが排水溝に向かってすべり台のように流れていくシンク
・水はねがしにくい水栓
・継ぎ目がなくシンクと一体化したキッチンカウンター
・フラットで掃除がしやすい換気扇

など、掃除がしやすくなる工夫が多く見られます。
どの機能も標準装備に含まれているのもうれしいポイントです。

1-3.水回りに独自機能がある

TOTOのキッチンは、特に水回りに多くの独自機能があるのも特徴です。
トイレ、ユニットバスなどの水回りを多く手掛けてきた技術を使い、特に水栓などの水回りにTOTOだけのオリジナル機能を備えています。

後ほど詳しく紹介しますが、TOTOだけの機能である「きれい除菌水」は特に好評で、このためにTOTOを選ぶ方も多い人気の高い機能です。

きれい除菌水はザ・クラッソだけの機能ですが、水に空気を含ませて節水できるエアインシャワー機能の付いた水ほうき水栓など、ミッテの標準装備にもしっかりと独自機能が備わっています。

【TOTOのシステムキッチン①】デザイン性と充実の機能が魅力「ザ・クラッソ」

出典:TOTO

ハイグレードのザ・クラッソは、TOTOならではの独自機能を数多く搭載したシステムキッチンです。
デザイン性にもこだわりがあり、上質な質感と豊富なバリエーションで、インテリアにこだわりのある方にも高評価を得ています。

そんなザ・クラッソについて、特徴や選べるタイプ、カラーバリエーションまで詳しく紹介していきます。

2-1.ザ・クラッソの基本情報

まずはザ・クラッソの基本的な情報を紹介していきましょう。

価格帯は約95万円から200万前後で、ハイグレードラインになります。

2-2 .ザ・クラッソのうれしい7つの特徴

ザ・クラッソには、独自の機能が多く搭載されています。
キッチンでの家事が楽になる、うれしい7つの特徴についてみていきましょう。

2-2-1.ザ・クラッソの特徴① きれい除菌水

ザ・クラッソの特徴としてまず挙げられるのがきれい除菌水です。

この機能があるからザ・クラッソを選んだという方も多い人気の機能で、TOTOもかなり力を入れています。

下の画像を見てください。

出典:TOTO

普通の水道蛇口の左側に、もうひとつ蛇口がついています。
これがきれい除菌水です。

きれい除菌水の蛇口から出てくるのはただの水ではありません。
水を電気分解して作った「次亜塩素酸」を含む水です。

出典:TOTO

次亜塩素酸には

・細菌やウイルスを除菌する
・細菌の繁殖を抑える
・汚れを漂白する効果

などが認められています。

もともとはトイレの黄ばみや汚れを防止するためにTOTOが開発した技術で、ユニットバスやシステムキッチンにも導入されました。

使い方は簡単で、きれい除菌水専用の水栓にタッチするだけで、次亜塩素酸水を含む水がミスト状で噴霧されます。
薬品や洗剤を使わずに作られ、時間が経つと元の水に戻るため環境にも優しいのが特徴です。

きれい除菌水の効果は、

・排水溝の網カゴに吹きかけてぬめりの発生を抑える
・まな板や包丁に吹きかけて菌を減らす
・ふきんをすすいで黄ばみや匂いの発生を抑える

などです。

例えば、排水溝の網カゴに毎晩きれい除菌水を吹きかけると、菌の繁殖を押さえてイヤなぬめりが発生するのを防止することができます。

出典:TOTO

また、毎日の料理の後のまな板や包丁にきれい除菌水を吹きかけることで、除菌をしてより清潔につかうことができるのです。

出典:TOTO
また、毎日使うふきんも、きれい除菌水で洗うことで黄ばみを防止し、きれいな状態を保つことができるのです。

出典:TOTO

特別な洗剤などは必要なく、水栓にタッチするだけで毎日使えますから、手軽に清潔なキッチンを保つことができます。

キッチンで使う物だけでなく、子どものおもちゃを除菌したり、テーブルやドアノブの除菌に使ったりと様々な場面で活躍してくれる便利な機能です。

2-2-2.ザ・クラッソの特徴② タッチスイッチ水ほうき水栓LF

ザ・クラッソのうれしい特徴2つ目は、タッチスイッチ水ほうき水栓LFです。

水ほうき水栓とは、TOTO独自の水栓で、空気を含んだ水が幅広く、まるでほうきの様に出てくるのが特徴です。

出典:TOTO

幅広なので、水がパッと広がり、泡や汚れを素早く洗い流してくれるのがポイント。
大きな鍋やお皿を洗う時、特に便利だと評判です。

出典:TOTO

水栓の形も垂直、水平になっており、水が出るスペースが広くとれるのもうれしいポイント。
蛇口からシンクの底までの高さは400㎜あり、大きな鍋なども洗いやすくなっています。

出典:TOTO

ザ・クラッソではタッチレス機能を採用しており、レバーをひねらなくても先端部分にタッチするだけで水を出すことができます。
例えばハンバーグを手でこねた後手が汚れている時など、レバーに触らず水を出せるからとても便利です。

また、水に空気を含ませる「エアイン®シャワー」で、水滴の1粒1粒をボリュームアップ。
水の量を減らしても、洗い物の時の汚れをしっかり洗い流すことができるため節水できます。
なんと約37%節水できるとのこと。

出典:TOTO

使い勝手も良く、経済的な水栓で毎日の家事が楽になりそうです。

2-2-3.ザ・クラッソの特徴③ スクエアすべり台シンク

ザ・クラッソの特徴3つ目は、スクエアすべり台シンクです。

すべり台シンクは、お掃除がしやすいのが特徴のシンクです。
シンク内部だけでなく網カゴと排水溝にも傾斜を付けた独自の形状をしており、野菜くずなどシンクに落ちたゴミがスムーズに網カゴに集まるようになっています。

出典:TOTO

サッと水を流すだけでスムーズにゴミが流れていくので、シンク掃除の手間が減らせます。
シンク全体も溝や段差がない、シンプルなスクエア構造になっていますから、お掃除がしやすくなっているのです。

排水溝に野菜くずなどを流した時、網カゴに溜まって水が流れにくくなるのが悩みという方にもザ・クラッソはおすすめできます。
網カゴにも傾斜がついているため、ゴミが一カ所にまとまりやすく、ゴミ捨ても簡単です。

出典:TOTO

また、シンク掃除の中でイヤな方も多い排水溝の汚れが溜まりにくいというのもおすすめできるポイント。

排水溝にも傾斜が付けられていることで、水や汚れが溜まりにくい構造になっています。
排水溝の中の目皿にも、抗菌・防カビ効果のある樹脂が使われているため、従来よりも汚れにくくなっており、イヤな排水溝掃除の回数が減らせます。

出典:TOTO

手間なくキレイが続くのがスクエアすべり台シンクのメリットです。

2-2-4.ザ・クラッソの特徴④ ゼロフィルター

ザ・クラッソの特徴4つ目がゼロフィルターです。

ゼロフィルターとは、TOTOオリジナルのレンジフードで、なんと10年間ファンのお手入れ不要を謳っています。

出典:TOTO

年末の大掃除の大変なお手入れといえばレンジフードと言う方も多いほど、レンジフードのお手入れは手間がかかります。
特にファンは油とホコリがこびりつき、汚れを落とすのが大変です。
そんなファンのお手入れが10年も必要ないなんて、とても嬉しいのではないでしょうか。

お手入れ不要の秘密は、ファンに撥油コートを施していること。
撥油コートすることで、ファンが回転する時に付着した油が吹き飛び、ファンに油が付着することを防ぎます。

普段のお手入れは、整流板とオイルパックに汚れが溜まったらふき取るだけでOK。

出典:TOTO

面倒なレンジフードのお手入れの手間が少なく、家事の時短につながる換気扇です。

2-2-5.ザ・クラッソの特徴⑤ クリスタルカウンター

ザ・クラッソの特徴5つ目は、クリスタルカウンターです。

出典:TOTO

クリスタルカウンターは

・透明感あるデザイン性の高さ
・お手入れが簡単で汚れが付きにくい
・丈夫で使いやすい

という特徴のあるカウンター素材です。

クリスタルカウンターはエポキシ樹脂という耐久性、耐熱性に優れた素材でできています。
光が透ける上質な質感にうっとりする方も多く、ショールームで一目惚れしたという声も聞かれます。

柄入りと柄なしが選べて、キッチンのデザインにこだわる方にも評判です。

出典:TOTO

バリエーションは柄入りが4種類、単色が5色です。
それぞれ趣が違いますから、インテリアのテイストや好みに合わせて選べます。

出典:TOTO

出典:TOTO

出典:TOTO

出典:TOTO

出典:TOTO

お手入れが簡単というのも、キッチンには重要なポイント。
赤ワインやケチャップなど色の残りやすい汚れをうっかり放置してしまっても、汚れが付きにくい素材となっています。

出典:TOTO

もし汚れがついてしまった場合は、固めのスポンジで磨けばキレイになります。

耐熱性が高いのもうれしい点です。
うっかり熱いフライパンを置いてしまった場合、人工大理石だと割れてしまうことがありますが、クリスタルカウンターは熱に強いため、ダメージはほとんどありません。

耐久性も高く、缶詰など固いものを落としても割れにくくなっています。
ついうっかり、が合っても大丈夫なので、毎日キッチンを使う方も安心して使えるカウンターです。

2-2-6.ザ・クラッソの特徴⑥ フロアキャビネット

ザ・クラッソの特徴6つ目はフロアキャビネットです。

フロアキャビネットは、ザ・クラッソオリジナルの収納システムです。
キッチンは、包丁やボールなどのキッチンツールから調味料までさまざまな物を置いておきたいもの。
なるべくスッキリ使いやすい収納はとても大切です。

ザ・クラッソのフロアキャビネットは、大容量の収納を手元にまとめるように作られており、必要なものをたっぷりと収納できます。

出典:TOTO

上部には浅めの引き出しもついていて、調理器具や調味料を上手に整頓できるから、調理がスムーズになるのが◎です。

出典:TOTO

包丁やラップなどこまごましたものは、一番上についている「ラクラクボックス」「ラクラクトレー」が便利です。
よく使うものをきちんとまとめて整理できます。

出典:TOTO

また引き出しの底板がステンレスになっており、お手入れがしやすくなっています。

収納しやすくお手入れもしやすい、家事が楽になるキャビネットです。

2-2-7.ザ・クラッソの特徴⑦ 通いかご付き食洗器

ザ・クラッソの特徴7つ目が、通いかご付き食洗器です。

ザ・クラッソの食洗器には、通いかごという機能がついています。
これは食洗器内部に入れるカゴ部分を外せる機能で、予洗いした食器をカゴに入れたら、まとめて食洗器にセットすることが可能です。

出典:TOTO

かごを取り出せてシンクの横に置くことで、食洗器にお皿を並べる手間が簡単になり、より時短に繋がります。
洗い上がったお皿を片付ける時も便利です。

2-3.ザ・クラッソのカラーバリエーション

ザ・クラッソの扉デザインはカラーが豊富です。
色だけでなく、鏡面、マット、木目などのバリエーションも多く、インテリアにこだわりのある方も満足できます。

選べるデザイン数は全60種類です。

出典:TOTO

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

【TOTOのシステムキッチン②】シンプルでも使いやすい「ミッテ」

出典:TOTO

スタンダートラインのミッテは、価格を抑えつつも独自の機能を付けたコストパフォーマンスが高いシステムキッチンです。
特に水回りの使いやすさには定評があります。

そんなミッテについて詳しく紹介していきましょう。

3-1.ミッテの基本情報

まずはミッテの基本的な情報を紹介していきましょう。

価格帯は約77万円から150万前後で、シンプルなスタンダードラインになります。

ザ・クラッソに比べると機能やバリエーションが少なく抑えられている分、価格も手ごろです。
必要な機能はしっかり残しつつ、価格を抑えることでコストパフォーマンスが高いシステムキッチンに仕上げています。

3-2.ミッテのうれしい4つの特徴

ミッテには4つの特徴があります。
それぞれについて詳しくみていきましょう。

3-2-1.ミッテの特徴① 水ほうき水栓LF

ミッテの特徴の1つ目は、水ほうき水栓LFです。

水ほうき水栓はTOTO独自の水栓で幅広のシャワーのように水が出るのが特徴。
洗い物に水が当たるとパッと広がり、泡や汚れをサッと洗い流してくれます

出典:TOTO

面倒な洗い物の時短につながりますから、家事の手間が減らせるうれしい機能です。

水ほうき水栓LFには、水に空気を含ませる、TOTO独自のエアインシャワー機能も付いています。
エアインシャワー機能とは、水に空気を含ませることで、水滴の一粒一粒をボリュームアップさせることができるTOTOの節水機能。
水滴をボリュームアップさせることで、水の量を減らしても汚れや泡をしっかり洗い流すことができます。

出典:TOTO

この機能で、従来のシングルレバー水栓と比較して約37%も節水が可能となりました。

さらにミッテの水ほうき水栓LFには、普通のレバーだけでなく、つま先ラク押し水栓スイッチがついています。
つま先で軽く押すだけで水が出るので、手が汚れている時などにも大変便利です。

出典:TOTO

3-2-2.ミッテの特徴② すべり台シンク

ミッテの特徴2つ目はすべり台シンクです。

ザ・クラッソと同じく、ミッテにもすべり台シンクが装備されています。

出典:TOTO

すべり台シンクは、シンクの底に3度の傾斜を付けたTOTOオリジナルのシンクです。

傾斜を付けることでシンクの中のゴミがスムーズに網カゴに流れていき、お掃除が簡単なのが特徴です。

シンクだけでなく、網カゴや排水溝も傾斜を付けることで、汚れが溜まりにくくなっています。

出典:TOTO

排水溝は傾斜に加え、抗菌・防カビ効果のある樹脂を使うことで、より汚れが付きにくくなっています。

出典:TOTO

排水溝を隅に寄せたことで、シンクを広々使える工夫もあります。
洗い物も料理もしやすい、使い勝手の良いシンクです。

出典:TOTO

3-2-3.ミッテの特徴③ センターラインキャビネット

ミッテの特徴3つ目は、センターラインキャビネットです。

手が届きやすいキャビネット上部によく使うものが収納できるよう工夫されています。
特に便利なのが調味料を入れるスペースです。

出典:TOTO

引き出しサイズを調理料が入るように計算されており、大ボトルから中ボトルまで収納できます。
引き出し上部に浅い引き出しをさらに重ねることで、スペースが無駄にならない工夫もされています。
高い位置の引き出しに調味料が入るので、重めのビンを取り出す時腰に負担がかからないのもメリットです。

出典:TOTO

良く使うものは上段に入るよう工夫されており、使いやすく作られています。
キッチンをわかりやすく整理したい方も満足できるキャビネットです。

3-2-4.ミッテの特徴④ スーパークリーンフ―ド

ミッテの特徴4つ目は、スーパークリーンフードです。

出典:TOTO

ザ・クラッソと同じく撥油コートを施したファンを回転させることで油の付着を防ぎ、10年間ファンのお手入れ不要を謳っています。

出典:TOTO

普段のお手入れは整流板とオイルキャッチャーを拭くだけでOKと、とにかく手軽なのが魅力的。
年末の大掃除もぐっと楽になります。

3-3.ミッテのカラーバリエーション

ミッテではカラーだけでなく木目のバリエーションを選ぶこともできるため、好みのデザインを叶えることができます。

出典:TOTO

TOTOシステムキッチンは本当に使えるか分析

TOTOのシステムキッチンは本当に使い勝手はいいのでしょうか?
商品紹介や口コミをもとに分析してみました。

4-1.収納

TOTOのシステムキッチンの収納は、収納を売りにしている他メーカーと比べると特徴は少ないです。

リクシルの引き出しを開けずに物を取り出せるドアポケットや、引き出しの中までホーロー製のタカラと比べると収納面で優れているとはいえません。

しかし引き出しの高さを調味料のボトルに合わせる、引き出しの中に仕切りや引き出せるボックスを組み合わせるなどの工夫はされています。

そこまで収納にこだわりがなければ、充分満足できるでしょう。

4-2.水回り

水回りの独自機能は、TOTOのおすすめポイントです。

特にザ・クラッソで採用されているきれい除菌水は、TOTOもかなり力を入れており、他メーカーのキッチンにきれい除菌水の機能を組み合わせることはできません。

トイレやユニットバスなど水回りを中心に供給しているメーカーだけあり、水回りの作りの丁寧さにも定評があります。

水回りの使い勝手でキッチンを選ぶなら、TOTOがトップクラスに入ってくるでしょう。

4-3.デザイン性

TOTOのシステムキッチンは、デザイン性の高さにも定評があります。

キッチンカウンターの素材は、クリスタルカウンター、人工大理石、ステンレスから選べます。

クリスタルカウンターは人工大理石と比較すると耐熱性、耐久性が高く、見た目の美しさも優れています。
無地だけでなく柄ありも選べますし、それぞれのカラーバリエーションも多く、デザインの選択肢が多いのは使いやすく便利です。

透明感あるディテールは好みが分かれるものの、高級感があり高評価です。

キャビネットの扉の種類も多く、好みに合わせたデザインのキッチンを実現できるでしょう。

4-4.食洗器

TOTOのシステムキッチンの食洗器は、リンナイ製かパナソニック製から選べます。

大容量で選ぶならフロントオープンのリンナイ、節電機能など機能性で選ぶならパナソニックがおすすめです。

食洗器に関してはどちらを選んでも他メーカーのものを入れ込む形になりますから、TOTOだけの特徴は少ないといえます。

ただし、自社生産ではない分、組み込む食洗器のメーカー、種類には融通が効くというメリットもあります。

例えば大容量で洗浄力が高いことで人気の海外メーカー、ミーレの食洗器をTOTOのシステムキッチンに組み込んでもらうことも可能です。

その点は、自社で食洗器を生産しているパナソニックにはできないことですから、食洗器にこだわりがある方にはうれしいポイントではないでしょうか。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

TOTOのシステムキッチンはリフォームでも使える!2つのポイント

出典:TOTO

TOTOには、パナソニックのリフォムスのようなリフォームに特化したラインはありません。

しかしリフォームにも使いやすい2つの機能があるのです。

リフォームに便利なTOTOのシステムキッチンの機能を紹介します。

5-1.ミリ単位のオーダー対応でピッタリ

新築ではなくリフォームの場合、キッチンのスペースがあらかじめ決まっており、サイズの融通がきかない場合もあります。

TOTOのシステムキッチンはミリ単位でオーダーが可能なため、スペースを無駄にせずキッチンをリフォームすることが可能です。

出典:TOTO

例えば壁との間にどうしてもすき間ができてしまう場合、10㎜単位で調節ができます。

すき間をしっかり埋めることでキッチンの仕上がりの美しさも変わりますし、すき間がない分掃除もしやすいのがうれしいポイントです。

5-1.配管まわしキャビネットでデザインを選べる

マンションリフォームの場合、床下に配管を変更するスペースが取れず、壁付けキッチンを対面キッチンにすることができない場合があります。

そんな時に便利なのが、TOTOの配管まわしキャビネットです。

出典:TOTO

キャビネットの下に配管を通すことで見た目もスッキリさせつつ、キッチンの向きを変えることができます。

この二つの機能はザ・クラッソとミッテどちらでも採用されており、新築だけでなくリフォームにもTOTOのキッチンは使えるようになっています。

TOTOシステムキッチンがおすすめできる人・おすすめできない人

どんなに便利な機能でも、自分のライフスタイルに合わず、使わないようでは無駄になってしまいます。
システムキッチンももちろん同じです。

システムキッチンの設備は高額ですから、使わない機能ばかりつけてしまうと、リフォームの料金が上がるだけで使い勝手は悪くなってしまいます。

TOTOのシステムキッチンの機能は、どんな人におすすめなのでしょうか?
そしてTOTOのシステムキッチンがおすすめできないのは、どんな人なのでしょうか?

TOTOのシステムキッチンをおすすめできる人と、おすすめできない人を紹介していきます。

6-1.TOTOをおすすめできる人

まずはTOTOのシステムキッチンをおすすめできる人について見ていきましょう。

TOTOのシステムキッチンがおすすめできる人は、こんな方です。

・気軽に色々なものを除菌したい人
・レンジフードの掃除回数を減らしたい人
・シンクの掃除の手間を減らしたい人
・クリスタルカウンターが好みに合う人
・マンションリフォームで床下配管ができない人

それぞれについて詳しくみていきましょう。

6-1-1.手軽に色々なものを除菌したい人

包丁やまな板、ふきんなどの調理器具から、水筒、子どものおもちゃなど色々なものを除菌したい人には、TOTOのシステムキッチンがおすすめです。

ザ・クラッソについているきれい除菌水は薬剤などを使わず、除菌をすることができます。
わざわざ除菌アイテムを買ってこなくても、様々なものの除菌ができますし、排水溝など汚れやすい部分をキレイに保つのにも役立ちます。

時間が経つと水に戻るため、環境にも優しいのもメリットです。

きれい除菌水はTOTOだけの機能で、単品販売はされておらず、他メーカーのシステムキッチンにきれい除菌水を組み込むことはできません。
きれい除菌水を使いたい人にはTOTOをおすすめします。

6-1-2.レンジフードの掃除回数を減らしたい人

レンジフードの掃除が面倒、なるべく回数を減らしたいという人にもTOTOのシステムキッチンはおすすめです。

TOTOはレンジフードの掃除のしやすさ、汚れ防止にも力を入れており、ファンのお手入れが10年間必要ないと謳っています。

毎日使うものだけに、レンジフードはとても汚れやすい部分です。
お手入れをするにも、レンジフードを外して洗うのは手間ですし、油汚れが中心なので落ちにくく、大変になります。
毎年年末の大掃除で憂鬱になる方も多いのではないでしょうか?

しかしTOTOのレンジフードは、一番汚れが溜まりやすく大変なファンのお手入れが10年間必要ないため、お手入れの手間がグッと減ります。

普段のお手入れは、整流板とオイルキャッチャーを拭くだけですから、手軽にキレイを保つことができます。

なるべくレンジフードの掃除の手間と回数を減らしたい人にも、TOTOのシステムキッチンはおすすめなのです。

6-1-3.シンクの掃除の手間を減らしたい人キッチンのシンクの掃除の手間をなるべく減らしたい人にもTOTOのシステムキッチンはおすすめです。

TOTOのシステムキッチンで採用されているすべり台シンクは、ゴミや野菜くずなどがスムーズに網カゴに流れていきます。
シンクも汚れやすい部分ですから、水を流すだけで簡単に掃除できれば、グッと手間が減ります。

さらにぬめりが付きやすい網カゴや排水溝の掃除も、傾斜を付けていることで水分や汚れが溜まりにくいため、従来よりも回数を減らすことができます。

お手入れが手軽な分、キレイなキッチンをキープしやすくなりますから、掃除が苦手な方にもTOTOはおすすめです。

6-1-4.クリスタルカウンターが好みに合う人

クリスタルカウンターが好みに合う人にも、TOTOのシステムキッチンはおすすめです。

クリスタルカウンターは透明感のあるディテールが特徴です。

他のメーカーにはないデザインで、明るくオシャレなキッチンを作ることができます。

見た目だけでなく、耐久性、耐熱性が高く機能的なのも◎

熱いフライパンを置いてもひび割れなどができにくく、汚れも付きにくいため掃除の手間もかかりません。

他にはないデザイン性の高いキッチンを探している方にも、TOTOはおすすめできます。

6-1-5.マンションリフォームで床下配管ができない人

マンションのキッチンリフォームをしたいけれど、床下で配管変更ができず困っている人にもTOTOのシステムキッチンはおすすめです。

キッチンを壁付けから対面へとリフォームしたいのに床下で配管を変えることができない場合、TOTOの配管回しキャビネットが使えます。

薄型のキャビネットの下部に配管を通すので、見た目はスッキリしています。
上部分は収納になっていますから、スペースを無駄にしません

マンションリフォームで床下に配管スペースがとれない場合は、TOTOのシステムキッチンを検討してみてください。

6-2.TOTOをおすすめできない人

TOTOのキッチンには、よい機能がたくさんありますが、他メーカーと比べた時、そこまで評価が高くない部分もあります。

それをふまえてTOTOのシステムキッチンをおすすめできない人は次のような人です。

・安価でバリエーションの多いシステムキッチンを探している人
・クリスタルカウンターが好みではない人
・キッチンを選ぶ基準が収納の機能性の人

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

6-2-1.安価でバリエーションの多いシステムキッチンを探している人

安価でバリエーションの多いシステムキッチンを探している人には、TOTOのシステムキッチンをおすすめできません。

TOTOのキッチンで手ごろなスタンダートラインはミッテですが、ミッテはザ・クラッソと比較すると機能やバリエーションの数が抑えられています。

例えばきれい除菌水やクリスタルカウンターなど、TOTO独自の機能やデザインは、ミッテでは採用されていません。

扉の色やデザインも少なく、機能も絞られているため、理想のキッチンを作ろうとすると物足りない場合があります。

機能やバリエーションを絞っている分、価格を押さえているため仕方がないのですが、TOTOを選ぶメリットは少なくなってしまいます。

6-2-2.クリスタルカウンターが好みではない人

透明感のある独特なディテールが魅力のクリスタルカウンターですが、特徴的な分、好みは分かれます

特にマットなものをお探しの方、クールな印象のキッチンを求めている方にはあまり魅力的には映らないのです。

クリスタルカウンター以外の素材は、人工大理石とステンレスになり、TOTOらしさは薄れてしまいます。
そのため、クリスタルカウンターが好みではない人にはTOTOのシステムキッチンをおすすめできないのです。

6-2-3.キッチンを選ぶ基準が収納の機能性の人

キッチンを選ぶ基準が収納の機能性、充実度の人にも、TOTOのシステムキッチンはおすすめできません。

他メーカーと比較して、収納の機能性が悪いとまではいえませんが、収納の機能性の高さを売りにしているリクシルやタカラスタンダードと比較した場合、TOTOは見劣りしてしまいます。

TOTOのシステムキッチンもある程度機能性もあり、使い勝手もよく作られてはいますが、独自の工夫などは少なめです。

収納の機能性、充実度などをシステムキッチン選びの最重要ポイントにしている人には、TOTO以外のシステムキッチンをおすすめします。

「小さいリスクで家を買う方法」はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キッチンはリフォームの際、こだわりたい方が多い部分です。
見た目だけでなく、使い勝手や機能で満足度が変わってしまいますから、それぞれのメーカーの特徴をよく理解した上で、自分に合ったキッチンを選ぶことが大切になります。

TOTOのキッチンを選択肢に入れた場合は、水回りの独自機能やデザインの幅などを確認した上で、自分のライフスタイルに必要か、本当に使うのかを考えて選ぶと良いでしょう。

最後にTOTOのシステムキッチンについてまとめておきます。

◎TOTOのシステムキッチンには、ザ・クラッソとミッテの2つがある

◎TOTOのシステムキッチンの特徴は

・掃除がしやすい
・水回りに独自の機能がある

◎ザ・クラッソの特徴は

・きれい除菌水
・タッチスイッチ水ほうき水栓LF
・スクエアすべり台シンク
・ゼロフィルター
・クリスタルカウンター
・フロアキャビネット
・通いかご付き食洗器

◎ミッテの特徴は

・水ほうき水栓LF
・すべり台シンク
・センターラインキャビネット
・スーパークリーンフ―ド

◎TOTOのキッチンはミリ単位でオーダー対応してくれる

◎TOTOのキッチンは配管回しキャビネットでマンションリフォームにも便利

◎TOTOをおすすめできる人は

・気軽に色々なものを除菌したい人
・レンジフードの掃除回数を減らしたい人
・シンクの掃除の手間を減らしたい人
・クリスタルカウンターが好みに合う人
・マンションリフォームで床下配管ができない人

◎TOTOをおすすめできない人は

・安価でバリエーションの多いシステムキッチンを探している人
・クリスタルカウンターが好みではない人
・キッチンを選ぶ基準が収納の機能性の人

この記事を読んで、自分のライフスタイルに合ったキッチンを選び、リフォームを成功させるお役に立てれば幸いです。

おすすめ

イベント画像

〜毎週開催〜 小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!