skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

見せる、隠す、光を感じる。いろいろなドア


練馬区のリノベーション事例家に入るとき、部屋を移動しようとした時、最初に目に入るのはドアです。その先に何があるのかワクワクできるような素敵なドア、探してみませんか?扉を変えれば、きっと、お友だちを呼びたくなる家になります。

 

 

向こう側にある空間を想像させるドア

ドアは外と内、廊下や他の部屋との区切りとしての役目も持っています。プライベート空間を保つために、中が見えないものが多いです。間仕切りとしての役目ばかりを重視すると、閉鎖的になってしまいがちですが、もし「ノックをしてみたい」「この先にある場所に入ってみたい」と思えたら、毎日楽しいですよね。色やデザイン、配置の工夫で実現できます!

武蔵浦和のリノベーション事例

子供の気持ちを引き付けて離さない黒板。ドアの周りを離れられない!?

宮崎台リノベーション事例

仲良く並んだ同デザインのドア。大きさの違いが、奥行きを出している。

志木リノベーション事例

渋みのある色で、おとぎ話に出てきそうな扉。そっと覗いてみたくなる。

 

練馬区のリノベーション事例

アーチ形のドア。色にも遊び心を。

気配を感じられるドア

ドアはほしいけれど、完全に切り離された空間にはしたくない。そんな時には、一部がすりガラスになっていたり、小窓が付いていたりするといいですね。緩やかな仕切りとしての役目を果たしてくれます。

扉の向こう側にいる存在を感じつつ、作業に集中することができます。子供が反抗期を迎え、部屋にこもりがちになった時も、お互いの気配を感じることで安心できるはず。また、ガラス部分の位置や大きさを工夫すれば、採光部としての役割も果たしてくれます。

武蔵浦和のリノベーション事例

気配は感じられるけれど、はっきりとは見えない空気感。

武蔵浦和のリノベーション事例

ふんわりとした優しい光が床に差し込む。タイルの色によく合う。

ドアを閉めていても、小さな子供の動きを知ることができる。

開放的に!魅せるドア

思い切ってすべてを見せ合うのはどうだろう?そんな発想でドアを作ると、こんな風になります。遊び心もあり、開放的!それでいて機能的。勇気はいるけれど、一度は試してみたいスタイルです。

本牧のリノベーション事例

縦長の空間にすることで視界的な奥行きを出しつつ、料理の湯気などは遮断。

 

駒込のリノベーション事例気軽に入っていける見通しの良さ。採光も抜群!透明なので、どんな素材にもしっくりくる。

 

ドアを交換するとなると、ちょっと億劫な気もしますが、何かのリフォームに合わせて一緒に変えてみるのもいいですね。リノベーションなら、何もない状態から始まるので、遠慮なく好きなものを選べますよ。希望を叶える扉、開けてみてください!

中古マンション見極めリストのご案内

■修繕積立金は十分に集められているか?■議事録を閲覧できるか?■赤サビは大丈夫か?■住宅ローン減税が使える物件か?■掲示板が綺麗でも注意事項が多すぎないか?■売却理由がトラブルではなかったか? …そのほか全部で48チェック項目!

メンバーズ登録(無料)で「中古マンション見極めリスト」のほか、IeROHA を運営しているゼロリノベ提供の様々なコンテンツをすべて閲覧できます。ぜひ活用してください。(無料登録フォームは下記ボタンの遷移先にあります)


Back To Top