Q.手付金を準備する際の注意点はありますか?

A.金融機関の「引き出し限度額」を上げておきましょう。

手付金とは、不動産売買契約締結時に買主から売主へ渡されます。契約締結時に手付金の授受、そして実際の物件引渡しの際に残りの残金支払、とする流れが一般的です。

このときの注意点は「金融機関の引き出し限度額」です。

手付金の相場は「不動産の売買金額の5%~10%」程度で「現金」で授受されます。そのため、契約締結時に金融機関から引き出して持参します。

金融機関の1日あたりの引き出し限度額は「50万円」に設定されている場合が多いです。このままですと、契約締結の当日に手付金を用意できない失敗例もありますので、前もってこの限度額を上げておきましょう。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!