Q.いつ転勤になるかわからないので家を買えない…

A.転勤族でも家を買うことができます。

そもそも賃貸は単なる消費です。資産になりません。よって住宅は購入した方がよいです。なぜなら、もしあなたが今後15年ほど賃貸で暮らすなら、その総支払額で中古マンションを買えてしまうからです。だったら手元に残るものに投資したいですよね。

しかし、将来が読めないために、マンション購入を検討しながらも「やっぱり賃貸にしておこう…」と思われる方も多いかもしれませんが、たとえ異動が決まっていても、購入する物件次第で損をする不安を払拭できるのでご安心ください。

「資産性のある物件」を選ぶこと。いざという時にマンションを資産化できれば、異動が決まってしまった時でも、単身赴任をするというだけでなく、マンションを売却する、あるいは賃貸に出して移住するなどの選択肢を持つことができます。

よって、いま家を買っても大丈夫な状況なら、賃貸に消費するより、マイホームに投資した方がよいでしょう。

詳しい購入タイミングについては「マンションの買い時はいつ?本当にあるの?」をご覧ください。

おすすめ

8/7・8/8 小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!