skip to Main Content

A.孤独死は普通にあります。今後はさらに増えていきます。

 

内見に行って、気に入った物件を調査したところ、売却理由が親が部屋で孤独死をしていて、相続のために販売している。

このようなケースは多くあります。

 

離れた家族が親に電話をしても、電話が通じないので親の家に行ったところ、部屋の中で孤独死をしていた。

郵便受けが溜まっているので、管理人がおかしいなと思い部屋をあけたところ、孤独死をしてた。

例えば、このようなパターンです。

 

これは普通に起こることであり、今後ますます増えていくことです。

よって、それほど気にされない方が良いでしょう。


しかし、亡くなってから半年以上気がつかなく、相当腐乱が進んだ状態であったと聞くと、事故(自殺、他殺)ではなくても気が進まないものです。

気にするのは特に日本人に多いようです。

もし、このような物件を購入し、何年か後に売却する際に資産価値が低いものとして販売しなければいけない。ということもありません。

そして、リノベーションして自分たちの好きなような空間にしてしまえば、そんなことがあったなんて、きっと思い出さないことでしょう!

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top