skip to Main Content

A.事故物件は資産価値が下がります。しかし、事故が発生した直後に購入する方が安く購入できますが、永遠と資産価値が下がるわけではありません。

購入予定の物件自体に心理的瑕疵(自殺や他殺)があった場合は、相場よりだいぶ安く販売されています。

それは、市場原理として、どうしても購入者が気持ちが悪いという理由で、相場の金額では買うことが出来ないからです。

もし、それでも思い切ってその事故物件を購入し、20年間住んだ後に販売をした場合、その物件は自分が当時買ったときのように安く販売しなければいけないかというと、そうでもありません。

20年も前のことであり、その間に健全に人が暮らしていたのであれば、20年前の事故を気にする人は20年前の当時よりも断然少ないはずです。

よって、安いからという理由で割り切れることが出来るのであれば購入に踏み切ることも良いかもしれません。

いずれは誰かが買います。

一番もったいないのは、マンションにおいて、他の部屋で事故があったということで、自分の購入する部屋では事故がないにもかかわらず、購入を見送ってしまうことです。

大規模マンションであればあるほど、事故はつきものです。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top