Q.個人事業主の住宅ローン審査は「売上」と「所得」のどちらですか?

A.「売上」でなく「所得」が見られます。

自営業者は「収入金額(売上)」から経費を差し引いた「所得金額」が住宅ローンの審査対象です。

そのため、事業が好調であっても節税対策をして所得を少なめにして申告をしている場合、審査に通らなかったり、融資が少額になってしまいます。

なお、1年だけ所得金額の多い年があったからといって、その年に希望する額の住宅ローンが借りられるというわけでもありません。

金融機関の審査では「安定して継続的に返済が可能であること」が評価されます。そのため、多くの金融機関から過去3年分の確定申告書の提出が求められます。

よって、今まで所得を抑えていた場合、希望する融資額を受けるためには、今後3年間は「売上」ではなく「所得」を計画的に増やす方法をおすすめします。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!