skip to Main Content

A.源泉徴収票(or確定申告所)の他に会社の決算書が必要です。

以下の書類が必要です。

・源泉徴収票2期分(確定申告をしていらっしゃれば、確定申告書2期分)
・会社の決算書3期分

会社の決算書は3期とも黒字であることが望ましいですが、決算内容によって赤字の年があっても承認されることもあります。
また、フラット35よりも民間金融機関は査定が厳しく出て来る傾向です。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top