skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

A、マンションには「変えられる箇所」と「変えられない箇所」があります。家を買って将来後悔する原因は「変えられる箇所」だけ見ていたからです。

■変えられる箇所

  • 室内(専有部分)

■変えられない箇所

  • 建物の構造(耐震性)
  • コンクリートの状況(耐久性)
  • 住んでいる人(隣人)
  • 管理や修繕積立金の計画
  • 眺望や周辺環境…etc

「変えらる箇所」は、自分次第で解決できますし、最悪お金で解決できます。「変えられない箇所」は、自分だけが頑張っても解決できませんし、お金でも解決できません。つまり、大切なのは「変えられない箇所」です。

マンションを選ぶとき、室内の設備や間取りなど「変えられる箇所」に惚れて購入を決断すると、”100年も耐えられない建物だった” ”修繕積立金が高額になった””隣人が変な人だった”…など、あとで後悔することになるので要注意です。

特にリノベーションする人にとっては、現状の室内はどうにでも自由に変えられます。よって室内チェックに時間をかけるよりも、修繕履歴や長期修繕計画について確認したり、売主さんに隣人について聞いてみたり…など「変えられない箇所」を中心にチェックしていきましょう。

とはいえ、管理状況やコンクリート状況が良いか悪いかの判断はむずかしいですよね。では、どうすればいいのでしょうか?そこで、こんな場をつくりました。

■セールスのない無料セミナー「小さなリスクで家を買う方法」

これであなたも「小さなリスク」でマイホームを選べるようになります。


Back To Top