skip to Main Content

A.各メーカーカタログの中から好きなものを選べます

一般的にあまり知るタイミングはありませんが、ドアやドアノブ、スイッチやコンセントのメーカーには数え切れないほどの種類があります。レトロなものから最新の調光機能がついたスイッチまで、自分たちの好みのものを選ぶことができます。

中にはアンティークショップでみつけたドアやドアノブを住宅ローンとは別に現金で購入して、取付けを依頼されるこだわる方もいます。

また、コンセントに関しては、取り付ける位置や数なども含め自由に設定することができます。延長コードを使うと途端に生活感が出てきてしまうので、少し多いかな?と思えるくらいにコンセントは設定することをおすすめしています。

事例一覧より、どんなドアノブやスイッチが使われているか参考にしてみてください。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top