skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

A.それぞれの人の性格によって変動か固定のどちらが良いのかが違います。

金利の上下を追いかけることを楽しめる方や、金利が大幅に上がっても問題がない程度に現金の余力がある方などを除いては、固定金利を選ぶことをおすすめしています。

理由は、返済額が一定なので家計管理がしやすく、計画的かつ安定的に返済しやすいためです。これから起こる出産や育児、親の介護や老後の生活なども含めたライフイベントに備え、数十年のスパンでライフプランを立てられるようになります。

また、現在は超低金利であり、今の非常に低い金利で固定化してしまったほうが、何かをきっかけに大幅に金利が上がったときも安心です。

固定型は、金利が上昇した場合のリスクは銀行側が負うことになります。一方変動型は、利用者がリスクを負う仕組みのため、銀行が安くお金を貸してくれているというものです。

逆に、経済動向の行方を見るのが好きだったり、日々金利の動向に敏感なお仕事に就かれていたりし、金利上昇局面に、固定金利に変更することが面倒でない。という方には現時点で低金利を享受できる変動金利をおすすめしています。

人生で一番と言っていいほどの大きな買い物に、先の見えない博打の要素を入れる必要があるかどうか、ゆっくり検討してみてください。


Back To Top