skip to Main Content

A.防音することも可能です

 

防音は目的によって手段が異なります。例えば、大通りに面しているため、外からの音を防ぎたいということであれば、二重サッシを取り付けることをオススメします。防音効果に優れ、結露なども防いでくれます。

上階の床音などを防ぎたい場合は、寝室など、音を防ぎたい箇所に特殊な天井を作ることで音の緩和をすることができます。

また、楽器演奏など、自分たちが発する音を外部に漏らさないという場合であれば、こちらの事例のように、メーカーから出ている防音室のキットを設置することができます。あるいは、こちらの事例のように壁厚を増やし、中に防音効果のある素材を入れる簡易的な防音室を作ることも可能です。

自分たちがどの程度の設備を必要としているのか夫婦でしっかり話し合っておきましょう。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top