skip to Main Content

A.リフォームは「修復、原状回復」、リノベーションは「革新、刷新」です。

リフォームは、一般的にマイナスの状態からゼロに戻すことを指します。一方でリノベーションは、もともとの建物を生かしながら新しい付加価値のある空間を創造する意味合いで使われます。

古くなった設備を交換する…などはリフォームとなり、家の中の一部だけをリフォームする場合は「部分リフォーム」、住宅全体をリフォームして新築状態に戻す場合は「フルリフォーム」と言います。

フルリフォームの中でも、間取りを自由につくりかえたり、内装を一新させて、空間からライフスタイル自体を大幅に変えられるようなものはリノベーションと分類されます。

さらに、マンションをコンクリートの箱の状態して、配管など全てをゼロからつくりなおすことを「スケルトン・リノベーション」と言います。

ゼロリノベの内容は、この「スケルトン・リノベーション」です。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top