skip to Main Content

A.賃貸と購入の住居費に大きな差はありません

購入を選べば、初期費用として頭金や諸経費、住んでいくうちにリフォームや修繕費などが必要です。しかし、住宅購入は無理のない予算で買えばリスクを小さくできます。

また、契約者に何かあった場合、住宅ローン契約時に加入する団体信用保険で返済がゼロになります。

一方で賃貸を選べば、ライフステージによって途中で住み替えを挟む可能性が高く、敷金、礼金、仲介手数料や更新料、引っ越し費用などが必要になり、さらに老後も賃料を支払い続けます。

いっけん賃貸は自由度が高そうです。しかし見落としがちな落とし穴が2つあります。

(1)80歳を過ぎても家賃を支払い続けられるか
(2)今までの家賃総額で既に中古物件を買えていた事実

以上のことを踏まえて、購入か賃貸かで迷っている人は「無理のない予算」で購入を検討してみてください。

費用面から詳しく知りたい方は「賃貸しつづけると将来どうなるの?」をご覧ください。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top