8

余計な手間と費用を省く
オールワンストップ

物件探し・設計・工事・アフターフォローまで、全てゼロリノベにお任せください。
連絡窓口が一つのため余計な中間コスト(費用や手間)を省けます。

ワンストップリノベーションの特徴

1.パーシャルワンストップではなくオールワンストップ

ワンストップリノベーション会社には2種類あり、ほとんどは「不動産仲介+リノベ設計+リノベ施工+アフターフォロー」を【複数社】で行うパーシャルワンストップ・リノベーション会社です。
 
一方、ゼロリノベは、全ての工程を【自社】で行う。オールワンストップ・リノベーション会社です。

2.オールワンストップのため無駄を省ける

全く同じ工事をした場合、オールワンストップはパーシャルワンストップより全体コストを抑えられます。
 
なぜなら、自社で「不動産仲介+リノベ設計+リノベ施工+アフターフォロー」を行っているため、余計な中間コストがかかりにくい構造だからです。一方、多くの提携会社と行うパーシャルワンストップは余計な中間コストがかかりやすい傾向にあります。

3.オールワンストップのため責任の所在が明確になる

仮に何か課題が発生した場合でも、ゼロリノベは責任を持って対応します。なぜなら、【自社】によるオールワンストップ・リノベーション会社のため責任の所在が明確だからです。
 
一方、【複数社】によるパーシャルワンストップ・リノベーション会社は、どの会社の責任かが曖昧になって対応が遅れたり、中途半端になる傾向がみられます。

4.オールワンストップのため希望物件を手に入れやすい

中古物件を買ってリノベーションする人のほとんどが利用する「一体型住宅ローン (物件代金とリノベ費用をまとめて融資) 」を使う場合、不動産仲介会社と設計・施工会社の連携が悪いと欲しい物件が買えなくなる可能性があります。なぜなら、金融機関にリノベーション会社(施工会社)が早急に提出しなければならない書類があるからです。
 
オールワンストップ・リノベーション会社は、自社内で完結しているため連携がスムーズです。そのためスピードが重要な不動産売買において有利な状況にあります。

5.オールワンストップは順番待ちになることがある

オールワンストップ・リノベーション会社は、全ての工程を【自社】で行っているためコントロールしやすく、結果として品質が良くなる傾向にあります。
 
一方、デメリットは数をこなせないことです。なぜなら、自社で「不動産仲介+リノベ設計+リノベ施工+アフターフォロー」を行っているため、受注数に物理的な制限があるからです。
 
そのためタイミングによっては順番待ちになることがあります。ゼロリノベの場合では、セミナー参加枠が制限されることがあります。言い換えますと、セミナーにご参加された方はサービス提供が可能です。
 
参加制限の状況についてはセミナーページ>>をご覧ください。

前の特徴

7.もしものときの
保証・アフターフォロー

ゼロリノベ対応エリア