skip to Main Content
LINEで送る
Pocket

「レゴ」のように自由な間取りでオシャレな空間に大変身

築30~40年の物件は、当然住居も30~40年前のデザインや素材。新しい気持ちで住むにはちょっとがっかりしてしまうこともありますよね。

ゼロリノベでは、たくさんの時を刻んでも色あせない、シンプルでオシャレな住空間を作ろうと考え、経済性と間取りの両面から家をリノベーションしていきます。

経済性:家も買えるし、旅行も趣味も楽しめる余白ある予算
間取り:ライフスタイルの変化に対応できる自由でフレキシブルな作り

具体的には、まず、全ての壁、天井、床を撤去し空間を「ゼロ」にリセットします。

リノベ前の部屋がスケルトンに移行するイメージ画像

次に、その家の持っている元々の素材の良さを活かしてリノベーションします。

間仕切りはあえて作らず、家具を使って空間を構成。家族の変化、ライフスタイルの変化に応じてレゴのように自由な間取り(「可変性」)に作り替えることができるだけでなく、「内装費の削減」「空間の最大化」を実現することができるのです。

※ どんな家具を使って、どんな居住空間「インテリア」を作っていくのか?というのもゼロリノベの大きな特徴。詳しくは次ページ「特徴 その④:インテリアコーディネート」をご参照ください。

さきほどの物件も「ゼロ」になった後、家具によって空間が再構築されました。

草加のリノベーション後の複数カットを合成した画像別バージョン
草加のリノベーション後の複数カットを合成した画像

ゼロにリセットし、家具による空間レイアウト。まるでレゴハウスのように自由に家を作り替えることができます。

インテリアの位置を変更し間取りを自由に変えることが出来るイメージ

元々の住居の特性を活かしながら、お客様のご要望によってバスルームを作りたい、あるいは、こだわりのシステムキッチン、ホームシアター、バリアフリーなどなど・・・様々なオプションもご用意しております。

もちろん家具で仕切るのではなく、最初からきちんとした個室が欲しいという場合や、実際に住んた後でお部屋、間仕切りが必要になった場合にもすぐに対応しております

余談ですが、ゼロスタイルにする場合(全ての間仕切りを取っ払って家具による空間レイアウト)、ご夫婦の場合には奥様はあまり気にされず、旦那様がちょっと・・・と考えることが多いです。

ただし、住み始めた後では、旦那様も「そういえば元々プライバシーとかなかったわ(笑)」と気づかれ、むしろ一体感を楽しむというケースが多いようです。

部屋の各所に写真をつけてわかりやすくしたイメージ

立地的にほぼ同じ条件の物件があった場合、30年以上前の雰囲気が漂う家と、間取りが自由にできて、とってもオシャレになっている家では、当然違いが出ます。当たり前ですが、誰だって同じ条件ならキレイな方に住みたいですよね。

デザイナーのセンスに任せただけの家ではなく、その時だけのライフスタイルに合わせた家作りでもない。年月の経過に耐え、さらに、資産性があり家族を守ってくれる家づくり。それが「ゼロリノベ」です。

LINEで送る
Pocket

Back To Top