skip to Main Content
LINEで送る
Pocket

追い炊き

浴槽のお湯が時間経過によって冷めた場合、再度湯沸かしする給湯機能のこと。主に家族によって入浴時間が異なる際に使われる。お湯を沸かした翌日に同じ水で再入浴する際にも使うことができる。お湯の温度や水位を感知し、自動的に追い焚きする機能が付いている場合もある。

リノベーションポイント

あまり知られていないことですが、リノベーションをするために中古マンションを探している方にとっては知っておかなければならないことがあります。それは、追い炊き機能のあるなしについてです。実は、追い炊き機能が現状の状態でついていないマンションは、リノベーション時に新たに追い炊き機能をつけるとこがほとんどの場合できません。

なぜかというと、追い炊き機能のある給湯器と、ない給湯器で浴槽に伸びている管の本数が異なるからです。追い炊き機能のない給湯器は、水をひっぱり、温めお湯にして浴槽の蛇口に流すので2本の管がついています。追い炊き機能のある給湯器は、これに加え浴槽内のお湯をひっぱり温めるので、1本追加され3本になっています。

そして、この管は、マンションの構造を支える躯体を通って外の給湯器につながっており、共有部に穴を開けることはできないため、今通っている管の本数しか利用できないからです。リノベーションをするための物件探しをする場合は注意が必要です。

その他の変更箇所については、中古マンションのリノベーション、何がどこまでできる?でご確認ください。

LINEで送る
Pocket

Back To Top