skip to Main Content
LINEで送る
Pocket

RC造

鉄筋コンクリート造(Reinforced-Concrete)の略称。柱、梁、スラブ(床板)、壁など主要構造部に鉄筋コンクリートを用いた構造を指す。鉄筋は引っ張る力に、コンクリートは圧縮する力に強い特性を持つため、耐震性、耐火性、耐久性、遮音性などに優れている。マンションや公共施設・商業施設での採用のほか、現在はRC造の高層ビルも多い。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションをすることを検討している方にとって、さけては通れない問題というのが、耐震の問題です。やはり、多くの方が中古マンションの耐震について、不安をかかえていいます。多くのマンションは鉄筋コンクリート造を使っており、コンクリートが一番硬くなるのは、50年が経過してからと言われています。

また、国土交通省の発表では、鉄筋コンクリート造は、117年もつと言われています。実は、しっかりとした管理を行えば、人間以上の寿命をもつとさえ言えます。ただし、この、管理状態というものが一番重要です。人間と同じく、50年が経つまでに、どのように管理されてきたか。が大事になります。大規模修繕計画がしっかりと行われてきたかや、修繕積立金などがしっかりと管理されているかなど、しっかりと確認する必要があります。

詳しくは、「マンションの寿命は何年?いつまで住める?」をご確認ください。

LINEで送る
Pocket

Back To Top