skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

ヴィンテージマンション(ビンテージマンション)

不動産専門の調査会社「東京カンテイ」は、ヴィンテージマンションの条件として「築10年以上」「平均専有面積90平方メートル以上」「坪300万円以上」と設定しています。また、ヴィンテージマンションは数が多くなく、家賃は高止まりする傾向にあります。また、知名度が高いことが多いので、住むことがステイタスのひとつと捉えられることもあります。以上ヨムーノ参照

リノベーションポイント

ヴィンテージマンションは、人気があるので、物件によっては、新築時より販売価格が上がっていることもあります。また、ヴィンテージマンションに住む人は、その物件に愛着を感じていることが多いので、必然的にマナーも良くなります。マナーがよくなる、愛着がある、ということは、管理組合のマンション管理にも影響します。修繕積立金の滞納などのケースは少ないでしょう。そして、同じ築年数の中古マンションと比べて、資産価値は安定しており、暮らしやすい。それがヴィンテージマンションを選ぶことのメリットと言えるでしょう。


Back To Top