skip to Main Content
LINEで送る
Pocket

ヴィンテージマンション(ビンテージマンション)

一般的に築年数を経ると価値が下がるマンションに対して、築年数を経るごとに価値が上がる、または価値を維持しているマンションを指す。ヴィンテージマンションの条件となる大きなポイントは、立地、デザイン性、管理状況の良さ、価格の高さなど。首都圏坪単価300万円以上が基準とされることもある。

リノベーションポイント

ヴィンテージマンションは、人気があるので、物件によっては、新築時より販売価格が上がっていることもあります。また、ヴィンテージマンションに住む人は、その物件に愛着を感じていることが多いので、必然的にマナーも良くなります。

マナーがよくなる、愛着がある、ということは、管理組合のマンション管理にも影響します。修繕積立金の滞納などのケースは少ないでしょう。そして、同じ築年数の中古マンションと比べて、資産価値は安定しており、暮らしやすい。それがヴィンテージマンションを選ぶことのメリットと言えるでしょう。

また、中古マンションの耐震機能はマンションの管理がどれだけしっかりされているかが深く関わっています。耐震について詳しく知りたい肩は、中古マンションの耐震って大丈夫?地震に弱くない?をご確認ください。

LINEで送る
Pocket

Back To Top