skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

ピロティ

ピロティ(フランス語: Pilotis)とは、建築用語では2階以上の建物において地上部分が柱(構造体)を残して外部空間とした建築形式、またはその構造体を指す。まれにその地上部分の構造体のみの空間自体を指すこともある。フランス語で「杭」の意味。
1926年、ル・コルビュジェとピエール・ジャンヌレが提唱した近代建築の五原則「ピロティ・屋上庭園・自由な平面・自由な立面・連続水平窓」の一つとして取り上げられた。
飲食店で1階に駐車場、2階に客席や厨房を設置した設計をピロティ形式と称することがある。
地上階部分に壁がないことで強度的に不利であるが、立地面積が限られる物件では、上記の飲食店や中低層マンションなどで地上階部分の全体ないし一部をピロティ様とし駐車場や建屋裏手に抜ける車道に充てる形態としているものが少なくない。以上ウィキペディア参照

リノベーションポイント

自分たちだけの理想の住まいを手に入れるには、マンション選びが重要です。これは、もちろん人生で家に使っていい金額から逆算して予算を把握するというお金としての意味と、そして、自分たちのライフスタイル、価値観に合った立地、広さのものを選ぶという意味。最後に耐震について大丈夫か、寿命はどうか、という安全面。この3つをクリアーしていることが重要ですが、ピロティは、耐震の面で、他のマンションより少し弱いとされています。

また、壁構造を取り入れている(壁でマンションを支える構造)5階立て以下の低層マンションは強いとされています。また、マンションの寿命を決めるのは、今までの管理状態です。適度な期間で大規模修繕工事が行われてきたか、また、そのための修繕積立金に、住民の滞納はないか?なども合わせてチェックをすることで、安心を高めることができます。


Back To Top