skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

北欧

北欧(ほくおう、英語: Nordic countries, Nordic region、北欧語: Norden)は、北ヨーロッパのなかで、文化・歴史的な共通点でくくられた地域である。北欧諸国は、歴史・文化・社会等に共通点が多い。
言語・民族的には、フィンランド・バルト三国を除き、北ゲルマン語を話す北ゲルマン系民族である。北ゲルマン語は北欧語・ノルディック語・ノルド語とも呼ばれ、非常に似ているデンマーク語・スウェーデン語・ノルウェー語・アイスランド語およびフェロー語等の総称である。また逆に、北ゲルマン語は北欧諸国以外ではほとんど話されず、北ゲルマン系民族は北欧諸国以外にはほとんど居住しない。
フィンランドの多数民族はウラル系のスオミ人である。スオミ人の固有の文化はゲルマン民族とは大きく違い、隣国ロシア国境地帯のカレリア人やフィンランド湾対岸のエストニア人と共通点が多い。しかし、フィンランドは旧スウェーデン領なので北ゲルマン文化の影響を強く受け、少数民族としてスウェーデン系フィンランド人もおり、スオミ語だけでなくスウェーデン語も公用語になっている。
また、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド(およびロシア)の北部一帯のラップランドに、やはりウラル系のサーミが少数民族として住む。グリーンランドにはエスキモー系のカラーリットが住み、デンマーク全体では少数民族だがグリーンランドでは多数民族である。
宗教は、キリスト教プロテスタント系のルーテル教会の割合が非常に高い。
国旗は「スカンディナヴィア十字」と呼ばれる左寄りの十字を使っている国が多い。以上ウィキペディア参照

リノベーションポイント

北欧と言われて意識するのは、やはり人気となっている北欧ビンテージ家具。そもそもどうして北欧家具が人気かというと、まず、見た目としてのシンプルで機能性のある美しさが魅力の1つとして上げられます。

また、この美しさですが、木目の使い方にもこだわって造られているため、経年しても、反りが少なく、そういった意味で、長く使うことのできる家具となっています。また、家具自体の価格もなるべく安く納めるため、表面は高価な素材を取り入れ、見えないところは、頑丈だけど安い素材を使うなどの工夫がされています。

これによって、価格を抑え、かつ、実は軽くもなるという価値を生み出しています。一部の有名デザイナーが手がけた家具などはビンテージ家具となり、実は新品の家具よりも高く販売されることもあります。家具にも資産性という考え方を取り入れるならば、北欧家具を検討するのはいかがでしょうか。


Back To Top