skip to Main Content

返済比率

返済比率は、「返済負担率」とも呼ばれ、年収に対する年間返済額(元金+利息)の割合のことをいいます。 これは、住宅ローンなどを借りる際の収入基準の一つで、金融機関等では借入条件(融資条件)として、返済比率の上限を設定しており、通常は最大35~40%以内となっています。以上iFinance参照

リノベーションポイント

住宅ローンのことを考えると、ついつい全体金額に目がいってしまいがちです。しかし、今よりも幸せになるための道具として、住宅の購入を検討していることを思い出し、月々の支払いについて目を向けてみましょう。そして、この月々の支払いというのが返済比率に関わってきます。

昔は、家賃は収入の3割と言われていました。これで言うと返済比率は30%ということになります。しかしこれは、働けば給料が上がる景気が良かった昔のお話です。そして、今現在多くの銀行が理想としている返済比率は20~25%です。年収が500万円だとしたら、500万×0.25=125万÷12ヶ月=約10.4万円程度が理想とされる月々の返済額となります。しかし、マンションの場合は、住宅ローンとは別に、管理費や修繕積立金、保険あるいは駐車場代などの支払いもあります。それを見越して考えると、返済比率は20%程度で考えておくと、安心して使える住宅ローンの支払い総額が見えてきます。詳しくは、あなたの適正家賃がひと目でわかる年収別早見表で確認してみましょう。


Back To Top