skip to Main Content
LINEで送る
Pocket

返済比率

年収に対する年間の返済額の割合を示すもの。返済負担率とも呼ばれる。住宅ローンにおいては、金融機関が審査に用いる基準の一つとなっている。返済比率が高ければ高いほど年間の返済額の割合も高くなり、融資が受けられない、または借入額が減額される可能性がある。一般的な返済比率上限は35~40%ほど。

リノベーションポイント

住宅ローンのことを考えると、ついつい全体金額に目がいってしまいがちです。しかし、今よりも幸せになるための道具として、住宅の購入を検討していることを思い出し、月々の支払いについて目を向けてみましょう。そして、この月々の支払いというのが返済比率に関わってきます。

昔は、家賃は収入の3割と言われていました。これで言うと返済比率は30%ということになります。しかしこれは、働けば給料が上がる景気が良かった昔のお話です。そして、今現在多くの銀行が理想としている返済比率は20~25%です。年収が500万円だとしたら、500万×0.25=125万÷12ヶ月=約10.4万円程度が理想とされる月々の返済額となります。しかし、マンションの場合は、住宅ローンとは別に、管理費や修繕積立金、保険あるいは駐車場代などの支払いもあります。それを見越して考えると、返済比率は20%程度で考えておくと、安心して使える住宅ローンの支払い総額が見えてきます。詳しくは、【年収別】住宅ローン2つの目安表「借りられる額と返せる額」で確認してみましょう。

LINEで送る
Pocket

Back To Top