skip to Main Content

不動産競売

不動産競売とは、債務者から債権の返済を受けらなくなった債権者が、債務者が所有する不動産などを裁判所の管理下で強制的に売却し、その売却代金から債務の支払いを受ける手続きです。以上任意売却110番参照

リノベーションポイント

不動産競売流通協会の2017年データによると、マンションと一戸建て合わせて年間20,000件以上が何かしらの理由によって、自分たちの住まいが競売にかけられる状態になっています。完全にローンの支払いが滞り、銀行が介入しているのが20,000件ということは、予備群はかなりの数になります。どうしてローンの支払いが滞ってしまうのか?それは、想定外の出来事が起きてしまったからです。親や子供、または自分が病気になってしまう、会社が合併して給料の規定が変化する、など、自分たちでは思いもよらないことが起き、支払いが滞ってしまう。

これら全てのことを想定しながら生きていくことはできません。しかし、もしものことが起きたとしても、想定外に強い物件を選んでおけば、安心です。ゼロリノベのセミナーでは想定外に強い物件についての情報や、賢い住まいの購入方法をお伝えしています。ぜひ情報を得て、賢い住まい購入にお役立てください。


Back To Top