skip to Main Content
LINEで送る
Pocket

建築家

建築物の設計や工事監理を行う技術者で、一級建築士、二級建築士、または木造建築士の資格保有者。一級建築士の資格を得るには実務経験が必要。保有資格の種類によって、設計・監理を行える建物の規模や構造、用途が異なる。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで空間設計をするプロには、様々な人がいます。建築家だったり、設計士だったりインテリアコーディネーターだったりと、肩書きも様々です。しかし、本当に重要なのは、その人の肩書きではなく、実際にどんな空間をこれまでに手がけてきたのか、また、どんなことを大事にして空間を作っているのかという点です。

美容室などでもそうですが、人間と人間の相性、会社の方針など、様々なものが影響して空間の方針が定まっていきます。そういった意味では、その会社の提供するリノベーションされた空間を一度見に行ってみたり、設計担当者が、どんな提案をしてくれるのかなどを聞きにいくことで、自分達家族の価値観と、その設計担当者の相性がよさそうかどうかがわかります。実際のところ、最後は人で選ぶという方が多いのも、大きな買い物のため、最後は、信頼というものが大事になるからに他ありません。

LINEで送る
Pocket

Back To Top