skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

旧耐震基準

建築物の設計において適用される地震に耐えることのできる構造の基準で、1981(昭和56)年5月31日までの建築確認において適用されていた基準をいう。これに対して、その翌日以降に適用されている基準を「新耐震基準」という。

旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準として設定されている。技術的には、建物自重の20%の地震力を加えた場合に、構造部材に生じる応力が構造材料の許容応用力以下であるかどうかで判断される。

なお、新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されている。以上不動産流通研究所参照

リノベーションポイント

東日本大震災のマンションの被害をまとめた、東京カンテイのデータによると、新耐震と旧耐震での倒壊の比率はほぼ変わらないという結論でくくられており、それよりも、地域性や建物形状(1階が駐車場など)他の要因が重要視されると出ています。さして差がないというのは驚きますよね。

これをふまえた上で、中古マンションを選ぶときに、どういった基準を持てばいいか?それは、どのようにそのマンションが管理されてきたかを知ることです。大規模修繕がしっかりと10年から15年の期間で行われているかは非常に重要なことです。また、今後の修繕計画や、修繕積立金が貯まっているかどうかもしっかりと確認するべきポイントです。

逆に、築浅の物件でも、ちゃんと管理されていない場合、自分たちの寿命より、マンションの寿命が先に来てしまうかもしれません。大きな買い物になるので、しっかりと確認をしましょう。


Back To Top