skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

カーテン

壁構造(壁式構造)とは、柱や梁を使わないで、壁で躯体にかかる力を支える構造のこと。
床と壁が接合される構造のため、軸組構造と比べてコストが低く強固だといわれている。一般に、壁式鉄筋コンクリート構造、壁式コンクリートブロック構造などがこの形式に属し、主として中低層のマンションなどの集合住宅に用いられている。
構造上ある程度の壁量が必要なため、ラーメン構造に比べて開口部の取り方が限定されやすい。板状の壁や床だけで構成し、柱や梁が室内に出ないため、室内を広く使える。以上SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典参照

リノベーションポイント

中古マンションを購入してリノベーションをしようと思っている方にとっては、ラーメン構造と壁構造の違いは物件購入時に見極めておかないといけない条件の1つです。例えば、お風呂を大きくしたいと考えていても、コンクリートの壁に覆われていて、決まった寸法のユニットバスしか入らないケースがあるからです。また、リビングとダイニングを大きく確保しようと考えているときも同じです。

リノベーションをして、大幅に間取りを変更したい、また、通常の間取りではなく、広さなどにこだわった間取りにしたいと考えている場合は、ラーメン構造のマンションを選びましょう。


Back To Top