skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

給排水管

一般には給水配管に用いる管をいい、そのほか排水管や引っ込み管などの管をいうこともある。 鉛管、亜鉛めっき管、銅管、ポリエチレン管、塩化ビニル管、鋳鉄管などが用いられる。以上、ホームプロ参照

リノベーションポイント

中古マンションを購入してリノベーションやリフォームをする場合、給排水管について注意しておくポイントがあります。それは、築20年〜30年の物件を購入する場合、給排水管を新品にしておかないと、水漏れのリスクがとても高いということです。給排水管はフローリングの下を通っているので、表層リフォームをしただけの物件などは、新品に変えていない可能性もあるので、リノベーション済み物件や、リフォーム済み物件を購入する場合は、給排水管を新しくしているか確認する必要があります。また、リノベーションを依頼する場合は、給排水管なども交換してくれるか確認しましょう。


Back To Top