skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

専有面積

分譲マンション等で、区分所有者が完全に自分個人の所有物として扱える専有部分(部屋の内側)の面積を専有面積といいます。 これには、玄関ポーチやバルコニーなどの面積は含まれません。 専有面積の計算方法には、内法面積(うちのりめんせき)と壁芯面積(へきしんめんせき)の2種類があります。以上ホームズ不動産用語集参照

リノベーションポイント

予算のことを考えると、マンションの専有面積は限られてくるものです。通常、マンションを購入しようとすると、予算、エリア、広さの3つで悩むことになります。ただし、予算には限界があります。また、今よりも幸せになるために住宅購入を検討しているのに、月々のローンの支払いに追われては本末転倒です。

そういった理由から、予算の関係上、どうしても広さの面では妥協せざるをえないケースが多々あります。その問題の解決をする方法として、リノベーションというものが世の中に浸透してきています。中古マンションを購入すれば、リノベーションを行ったとしても、新築マンションよりも全体の価格は抑えられる傾向にあるからです。

また、限られた専有面積を自分たちのライフスタイルに合わせた間取りに変更して暮らすのは長期的にみて、幸福度の高い選択だと言えるのではないでしょうか。


Back To Top